最近更改

2011-06-24
2011-06-19
2011-06-15
2010-09-29

最新文件发布

Cadencii (3.5.4)2013-10-02 23:50
CadenciiOnWeb (0.0.0)2010-06-19 20:31
jCadencii (3.4.1)2011-08-20 23:59
luavsq (1.0.0)2011-12-16 00:52

Wiki Guide

Sidebar

内容

WindowsでのTortoiseSVNの使い方を簡単に説明しています。 また、このプロジェクトでのコミットコメントのガイドラインを述べます。

TortoiseSVNのインストール

TortoiseSVNDownloadページから、インストーラーをダウンロード&インストールします。
インストールが正しく完了すると、エクスプローラの右クリックメニューにsvnを操作するためのメニューが追加されます。

ソースコード等をチェックアウト

  1. 作業用のフォルダーを作り、作ったフォルダの右クリックメニュー(コンテキストメニュー)の「SVN checkout...」をクリックします
  2. 「URL of repository」の欄にhttps://svn.sourceforge.jp/svnroot/cadencii/ と入力します。httpではなくhttpsなので注意して下さい。IDとパスワードは、SourceForge.jpと同じものを入力します。
  3. 他は変更せず「OK」を押します。作業用フォルダーにプロジェクトのファイルがダウンロードされるので待機します。
    ネットワークに接続していないと、ダウンロードできないので注意です

以上で、このプロジェクトのファイルを編集したり、新しいファイルを追加したりできるようになります。詳しい操作方法は以下で説明します。

新しいファイルやフォルダを追加する

  1. 作業フォルダーの適切な場所にファイル・フォルダを作ります。例えばCadenciiの最新の開発ブランチにドキュメントを追加したい場合、「(作業フォルダー)¥Cadencii¥trunk¥」のフォルダーにファイルを追加するのがベストです。
  2. TortoiseSVNに、新しいファイルを追加したことを教えます。ファイルの右クリックメニューから「TortoiseSVN」→「add」をクリックすればOKです。 ただし、この状態ではまだサーバーにファイルやフォルダがアップロードされていないので、次節の説明の手順でアップロードを行う必要があります

新しいファイル・フォルダや編集内容をアップロードする

  作業フォルダの右クリックメニューから「SVN Commit」を選びます。出てくるダイアログの「Messages:」の欄にコミットコメント(後述)を入力し、「OK」を押します。よくわからない場合はコミットコメントは空欄でもOKです

コミットコメントについて

  ファイルをサーバーにアップロードする時、アップロードする本人はどのファイル・フォルダに変更を加えたか把握していますが、これは他の人には分かりません。そこで、どのような作業を行ったか説明する簡単なコメントをアップロードに添えるのがベターです。
このプロジェクトでは例えば以下のようなコミットコメントがよく見られます。

  • [Cadencii/trunk] 画面表示を少し高速化するなど
  • [vConnect/stand] 読み込むテキストファイルにBOMが付いていると正しく読み込めない場合があるのを修正

コミットコメントを書くのがメンドクサイという人は次のようなコメントを書いたりします。

  • [Cadencii/trunk] (ry

  いずれのコメントにも先頭に[]で囲ったモノが書いてありますが、これは前節の「SVN commit」を行った作業フォルダー内の位置を表します。
  例えば、[Cadencii/trunk]の場合は「(作業フォルダー)¥Cadencii¥trunk」の右クリックメニューから「SVN commit」をした場合、[vConnect/stand]の場合は「(作業フォルダー)¥vConnect¥stand」の右クリックメニューから「SVN commit」した場合に相当します。
  SVN commitをすると、そのディレクトリ以下の全ての変更・編集内容がアップロードされる仕組みになっています。このようなコメントを書いておくことで、アップロード毎にどの範囲の編集内容がアップロードされたのかがだいたいわかるようになるわけです。