デコーダのオプション

{{:audio:auddecoptions.png|}}

ダイナミックレンジ圧縮

ダイナミックレンジ圧縮を適用する場合、 (はAC3 、電子はAC3デコーダ)は入手可能

この設定(コンゴ)がffdshowはAC3とE 、内蔵のデコーダで使用はAC3ダイナミックレンジ圧縮を適用します。は、スライダの下に、 0から100 %の間の圧縮レベルを設定することができます。

デコーダコンゴ対回復量:何が違うの?

" " ( "ボリューム"オプションで正規化" )応答"の下で有効になって回復量がある。コンゴスライダは100 %に設定基本的に同じ結果を実現:ダイナミックレンジ圧縮が適用されます。 AC3/E-AC3ソースの違いは、事前に必要と理論-増幅要因内蔵計算がある- "ボリュームコントロール"をより正確にスムーズに提供しています。練習では通常、 "平らに"その一方で、事前に計算値を必要としない、すべてのオーディオフォーマットをffdshowがサポートして使用することができますthough.Regainボリュームの音が使用されます。また、コンゴデコーダとして積極的に音量を変更していませんし、元のダイナミックrange.Both設定の保持を同時に使用することができます。

cc-by-nc-sa このWikiページは、ffdshow wikiを日本語訳したものです。