ffdshowはマルチスレッドに対応していますか?

下記は、マルチスレッドに対応しているffdshowのコンポーネント一覧です。下記のコンポーネントは、マルチコアCPU環境で動作させるとパフォーマンスの改善が見られます。

  • libavcodecのMPEG1、MPEG2、H.264デコーダはマルチスレッド化されています。コアの数は、ffdshowのセットアップ時に自動的に検出されますが、「Decoder options」→「Number of decoding threads」項目で設定することもできます。この設定はHT対応Pentium 4には影響しません
  • ffmpeg-mtはlibavcodecのマルチスレッド版であり、H.264のデコードに使用できます
  • Xvid、x264、libavcodecのMPEG1/MPEG2/MPEG4エンコーダはマルチスレッド化されています
  • Yadif deinterlacerはマルチスレッド化されています。設定は不要です
  • resizeフィルタは完全にマルチスレッド化されています。設定は不要です
  • High quality RGB conversion(高品質のRGB変換)はマルチスレッド化されています。設定は不要です
  • "Queue & mics"→"Queue output samples"をチェックした場合、マルチスレッドを使用した高速化が有効になります。シングルコアCPUの場合でもいくつかのメリットがあるかもしれません
  • 字幕のレンダリングは、バックグラウンドスレッドで処理されています
cc-by-nc-sa このWikiページは、ffdshow wikiを日本語訳したものです。