リサイズ、アスペクト

{{:video:resize-en.png|}}

リサイズ

水平と垂直方向のサイズを指定する

  • "アスペクト比を補正"を選択:延伸するか、指定されたサイズにshrinked 。
  • "オリジナルのアスペクト比"を選択:延伸するかのいずれかの幅や高さに触れるshrinkedまで指定されたサイズがオリジナルのアスペクト比を使用して 。黒の枠線を必要に応じて、追加されます。
  • 手動で構成:延伸またはshrinkedまでのいずれかの幅や高さに触れる、指定されたサイズの縦横比を使用して、指定された 。黒の枠線を必要に応じて、追加されます。

水平方向のサイズを指定する

  • 元のアスペクト比を維持する高さを自動的に計算されます。
  • "アスペクト比を補正"と" "同じ結果を得るオリジナルのアスペクト比を保管してください。
  • 手動設定:手動でアスペクト比を指定することができます。

アスペクト比を指定する

  • 高さ幅に基づいて計算されます。 (今日はここに電話してみよう。 )
  • "アスペクト比を補正"を選択する:このボックスを埋めるために伸びた。
  • "オリジナルのアスペクト比"を選択:延伸するかのいずれかの幅や高さに触れるまでshrinkedボックス 、元のアスペクト比を使用して 。黒の枠線を必要に応じて、追加されます。
  • 手動で構成:延伸またはshrinkedまでのいずれかの幅や高さに触れるのボックス 、指定されたアスペクト比を使用して 。黒の枠線を必要に応じて、追加されます。

次の乗算を展開する

  • 両方の幅と高さは、指定した値の次の複数に拡張されています。例えば、もし、 320x160 400x200になる100を指定します。このモードを使用するときはffdshow以外の幅や高さでは動作しません- 16の複数のフィルタに接続する必要があります。
  • " "とはこのモードでは"マニュアル"仕事も元の縦横比を保管してください。

掛けで

  • 両方の水平および垂直方向のサイズは、指定した倍率を使用して延伸されています。

リサイズの解像度の画面に

  • は、出力解像度のビデオカードの解像度と一致する。場合は、フラットパネルディスプレイとは、マルチコアCPUを推奨します。

ピクセルアスペクト比を内部処理

  • もしデフォルト( )で、サイズをすることにサイズを変更するアカウントには、ピクセルのアスペクト比率( SAR )はチェックと出力のSAR 1:1修正してください。
  • オフの場合、出力のSARレンダラは、ビデオ入力のSARと等しい(または任意の下流フィルタ)を処理します。

状況は以下の通りです:あなたが1280x720の解像度を持つプロジェクタがあり、 ( SAR )は変更を適切に構成するplayback.How中にffdshowのサイズを変更するオプションは、ピクセルのアスペクト比はDVDを再生するか?

  • "を指定する横と縦のサイズ" - > " 1280x720 " 。
  • を選択してください" "オリジナルのアスペクト比を保管してください。
  • ていることを確認"プロセスのピクセルのアスペクト比率を内部的に"がチェックされます。
  • Media Playerのクラシックを使用している場合は、 'チェックボックスをオフに ' "表示" - > "ビデオフレーム" - > " "アスペクト比のままにします。
cc-by-nc-sa このWikiページは、ffdshow wikiを日本語訳したものです。