• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

LDP_man-pages: 提交


Commit MetaInfo

修订版532fef6fb70d5261603d918a03a8bb70523014c9 (tree)
时间2014-12-31 16:01:42
作者Akihiro MOTOKI <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro MOTOKI

Log Message

Update inotify.7 in LDP 3.68

更改概述

差异

--- a/draft/man7/inotify.7
+++ b/draft/man7/inotify.7
@@ -401,16 +401,13 @@ cookie 値によって対応を取ることができる。 しかし、対応を
401401 最新の 2 つのイベントを一つにまとめられる可能性がある) が、 最新のイベントが「最も古い」読み込まれていないイベントとまとめられるか
402402 をチェックするようになっていた。
403403 .SH 例
404-The following program demonstrates the usage of the inotify API. It marks
405-the directories passed as a command\-line arguments and waits for events of
406-type \fBIN_OPEN\fP, \fBIN_CLOSE_NOWRITE\fP and \fBIN_CLOSE_WRITE\fP.
404+以下のプログラムは inotify API の使用例を示したものである。 コマンドライン引き数で渡されたディレクトリに印を付け、 タイプが
405+\fBIN_OPEN\fP, \fBIN_CLOSE_NOWRITE\fP \fBIN_CLOSE_WRITE\fP のイベントを待つ。
407406 .PP
408-The following output was recorded while editing the file
409-\fI/home/user/temp/foo\fP and listing directory \fI/tmp\fP. Before the file and
410-the directory were opened, \fBIN_OPEN\fP events occurred. After the file was
411-closed, an \fBIN_CLOSE_WRITE\fP event occurred. After the directory was
412-closed, an \fBIN_CLOSE_NOWRITE\fP event occurred. Execution of the program
413-ended when the user pressed the ENTER key.
407+以下は、 ファイル \fI/home/user/temp/foo\fP を編集し、 ディレクトリ \fI/tmp\fP の一覧表示を行った場合の出力である。
408+対象のファイルとディレクトリがオープンされる前に、イベント \fBIN_OPEN\fP が発生している。 対象ファイルがクローズされた後にイベント
409+\fBIN_CLOSE_WRITE\fP が発生している。 対象ディレクトリがクローズされた後にイベント \fBIN_CLOSE_NOWRITE\fP
410+が発生している。 ユーザーが ENTER キーを押すると、プログラムの実行は終了する。
414411 .SS 出力例
415412 .in +4n
416413 .nf
--- a/po4a/inotify/po/ja.po
+++ b/po4a/inotify/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2014-06-08 01:29+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2014-06-08 02:21+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2014-06-13 21:10+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -1310,7 +1310,7 @@ msgid ""
13101310 "The following program demonstrates the usage of the inotify API. It marks "
13111311 "the directories passed as a command-line arguments and waits for events of "
13121312 "type B<IN_OPEN>, B<IN_CLOSE_NOWRITE> and B<IN_CLOSE_WRITE>."
1313-msgstr ""
1313+msgstr "以下のプログラムは inotify API の使用例を示したものである。 コマンドライン引き数で渡されたディレクトリに印を付け、 タイプが B<IN_OPEN>, B<IN_CLOSE_NOWRITE> B<IN_CLOSE_WRITE> のイベントを待つ。"
13141314
13151315 #. type: Plain text
13161316 #: build/C/man7/inotify.7:780
@@ -1321,7 +1321,7 @@ msgid ""
13211321 "B<IN_CLOSE_WRITE> event occurred. After the directory was closed, an "
13221322 "B<IN_CLOSE_NOWRITE> event occurred. Execution of the program ended when the "
13231323 "user pressed the ENTER key."
1324-msgstr ""
1324+msgstr "以下は、 ファイル I</home/user/temp/foo> を編集し、 ディレクトリ I</tmp> の一覧表示を行った場合の出力である。 対象のファイルとディレクトリがオープンされる前に、イベント B<IN_OPEN> が発生している。 対象ファイルがクローズされた後にイベント B<IN_CLOSE_WRITE> が発生している。 対象ディレクトリがクローズされた後にイベント B<IN_CLOSE_NOWRITE> が発生している。 ユーザーが ENTER キーを押すると、プログラムの実行は終了する。"
13251325
13261326 #. type: SS
13271327 #: build/C/man7/inotify.7:780 build/C/man7/fanotify.7:529
@@ -1341,12 +1341,19 @@ msgid ""
13411341 "IN_OPEN: /tmp/ [directory]\n"
13421342 "IN_CLOSE_NOWRITE: /tmp/ [directory]\n"
13431343 msgstr ""
1344+"$ B<./a.out /tmp /home/user/temp>\n"
1345+"Press enter key to terminate.\n"
1346+"Listening for events.\n"
1347+"IN_OPEN: /home/user/temp/foo [file]\n"
1348+"IN_CLOSE_WRITE: /home/user/temp/foo [file]\n"
1349+"IN_OPEN: /tmp/ [directory]\n"
1350+"IN_CLOSE_NOWRITE: /tmp/ [directory]\n"
13441351
13451352 #. type: Plain text
13461353 #: build/C/man7/inotify.7:792 build/C/man7/fanotify.7:539
13471354 #, no-wrap
13481355 msgid "Listening for events stopped.\n"
1349-msgstr ""
1356+msgstr "Listening for events stopped.\n"
13501357
13511358 #. type: SS
13521359 #: build/C/man7/inotify.7:794 build/C/man7/fanotify.7:541
--- a/stats/inotify
+++ b/stats/inotify
@@ -1,5 +1,4 @@
11 # pagename,#complete,#remaining,#all
2-inotify.7,205,4,209
32 fanotify_init.2,30,44,74
43 fanotify_mark.2,49,51,100
5-fanotify.7,94,93,187
4+fanotify.7,95,92,187
--- a/untrans.html
+++ b/untrans.html
@@ -15,10 +15,9 @@
1515 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>filesystem</B></TD></TR>
1616 <TR class="over70"><TD>spufs.7</TD><TD>41/159</TD><TD>74.21</TD></TR>
1717 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>inotify</B></TD></TR>
18-<TR class="over80"><TD>inotify.7</TD><TD>4/209</TD><TD>98.09</TD></TR>
1918 <TR><TD>fanotify_init.2</TD><TD>44/74</TD><TD>40.54</TD></TR>
2019 <TR><TD>fanotify_mark.2</TD><TD>51/100</TD><TD>49.00</TD></TR>
21-<TR><TD>fanotify.7</TD><TD>93/187</TD><TD>50.27</TD></TR>
20+<TR><TD>fanotify.7</TD><TD>92/187</TD><TD>50.80</TD></TR>
2221 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>intro</B></TD></TR>
2322 <TR class="over80"><TD>proc.5</TD><TD>62/998</TD><TD>93.79</TD></TR>
2423 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>keyutils</B></TD></TR>
@@ -108,6 +107,6 @@
108107 <TR class="over70"><TD>futimesat.2</TD><TD>10/37</TD><TD>72.97</TD></TR>
109108 <TR><TD>utimensat.2</TD><TD>49/107</TD><TD>54.21</TD></TR>
110109 <TR class="over80"><TD>zdump.8</TD><TD>1/22</TD><TD>95.45</TD></TR>
111-<TR><TD COLSPAN=3>Total 78 pages</TD></TR>
110+<TR><TD COLSPAN=3>Total 77 pages</TD></TR>
112111 </TABLE>
113112 </BODY></HTML>
Show on old repository browser