• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

LDP_man-pages: 提交


Commit MetaInfo

修订版77e7c46dcbd0a5a6ec7a6f19b905eca56c9c6510 (tree)
时间2013-07-31 06:40:34
作者Akihiro MOTOKI <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro MOTOKI

Log Message

(split) LDP: Translate gai.conf.5 and msr.4

更改概述

差异

--- /dev/null
+++ b/draft/man4/msr.4
@@ -0,0 +1,54 @@
1+.\" Copyright (c) 2009 Intel Corporation, Author Andi Kleen
2+.\" Some sentences copied from comments in arch/x86/kernel/msr.c
3+.\"
4+.\" %%%LICENSE_START(VERBATIM)
5+.\" Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this
6+.\" manual provided the copyright notice and this permission notice are
7+.\" preserved on all copies.
8+.\"
9+.\" Permission is granted to copy and distribute modified versions of this
10+.\" manual under the conditions for verbatim copying, provided that the
11+.\" entire resulting derived work is distributed under the terms of a
12+.\" permission notice identical to this one.
13+.\"
14+.\" Since the Linux kernel and libraries are constantly changing, this
15+.\" manual page may be incorrect or out-of-date. The author(s) assume no
16+.\" responsibility for errors or omissions, or for damages resulting from
17+.\" the use of the information contained herein. The author(s) may not
18+.\" have taken the same level of care in the production of this manual,
19+.\" which is licensed free of charge, as they might when working
20+.\" professionally.
21+.\"
22+.\" Formatted or processed versions of this manual, if unaccompanied by
23+.\" the source, must acknowledge the copyright and authors of this work.
24+.\" %%%LICENSE_END
25+.\"
26+.\"*******************************************************************
27+.\"
28+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
29+.\"
30+.\"*******************************************************************
31+.TH MSR 4 2009\-03\-31 Linux "Linux Programmer's Manual"
32+.SH 名前
33+msr \- x86 CPU MSR へアクセスするためのデバイス
34+.SH 説明
35+\fI/dev/cpu/CPUNUM/msr\fP は x86 CPU の モデル固有レジスタ (model\-specific registers;
36+MSRs) の読み書きインターフェースを提供する。 \fICPUNUM\fP はアクセスする CPU の番号で、 \fI/proc/cpuinfo\fP
37+に表示される値である。
38+
39+レジスタアクセスは、 ファイルをオープンし、 MSR 番号分だけファイルのオフセットを変更し、 8 バイト単位での読み書きを行う形で行われる。 つまり、
40+8 バイトを超える I/O 転送は、同じレジスタに対する複数回の読み書きとなる。
41+
42+このファイルは保護されており、 \fIroot\fP ユーザ、もしくは \fIroot\fP グループのメンバだけが読み書きできる。
43+.SH 注意
44+\fImsr\fP ドライバは自動ではロードされない。 モジュールが有効になったカーネルでは、 以下のコマンドを使って、
45+使用する前に明示的にドライバをロードする必要があるだろう。
46+
47+ $ \fImodprobe msr\fP
48+.SH 関連項目
49+Intel CPU MSR の概要については Intel Corporation Intel 64 and IA\-32 Architectures
50+Software Developer's Manual Volume 3B Appendix B を参照。
51+.SH この文書について
52+この man ページは Linux \fIman\-pages\fP プロジェクトのリリース 3.52 の一部
53+である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は
54+http://www.kernel.org/doc/man\-pages/ に書かれている。
--- a/draft/man4/null.4
+++ b/draft/man4/null.4
@@ -28,7 +28,7 @@
2828 .\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
2929 .\"
3030 .\"*******************************************************************
31-.TH NULL 4 1992\-11\-21 Linux "Linux Programmer's Manual"
31+.TH NULL 4 2009\-02\-23 Linux "Linux Programmer's Manual"
3232 .SH 名前
3333 null, zero \- データの掃きだめ
3434 .SH 説明
--- /dev/null
+++ b/draft/man5/gai.conf.5
@@ -0,0 +1,81 @@
1+.\" Copyright (C) 2006 Red Hat, Inc. All rights reserved.
2+.\" Author: Ulrich Drepper <drepper@redhat.com>
3+.\"
4+.\" %%%LICENSE_START(GPLv2_MISC)
5+.\" This copyrighted material is made available to anyone wishing to use,
6+.\" modify, copy, or redistribute it subject to the terms and conditions of the
7+.\" GNU General Public License v.2.
8+.\"
9+.\" This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
10+.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
11+.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for
12+.\" more details.
13+.\"
14+.\" You should have received a copy of the GNU General Public
15+.\" License along with this manual; if not, see
16+.\" <http://www.gnu.org/licenses/>.
17+.\" %%%LICENSE_END
18+.\"
19+.\"*******************************************************************
20+.\"
21+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
22+.\"
23+.\"*******************************************************************
24+.TH GAI.CONF 5 2013\-02\-13 Linux "Linux Programmer's Manual"
25+.SH 名前
26+gai.conf \- getaddrinfo(3) 設定ファイル
27+.SH 説明
28+\fBgetaddrinfo\fP(3) の呼び出しでは、複数の答えが返る場合がある。 RFC\ 3484 によれば、 これらの答えは、
29+最も成功の可能性が高い答えがリストの先頭になるような順番に並び替えなければならない。 RFC には、 並び替えのアルゴリズムが書かれている。
30+しかしながら、 静的なルールが常に適切という訳ではない。 この理由から、 RFC では、
31+並び替え方法をシステム管理者が動的に変更できるようにすることも要求している。 glibc の実装では、 \fI/etc/gai.conf\fP
32+ファイルでこれが実現できるようになっている。
33+.PP
34+設定ファイルの各行は、キーワードとそのパラメータで構成される。 ホワイトスペースはどこにあっても全て無視される。 \(aq#\(aq
35+で始まる行はコメントで、 無視される。
36+.PP
37+現在のところ、認識されるキーワードは以下の通りである。
38+.TP
39+\fBlabel\fP \fInetmask\fP \fIprecedence\fP
40+指定した値は RFC\ 3484 の並び替えで使用されるラベルテーブルに追加される。 設定ファイルに \fBlabel\fP
41+定義が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。 デフォルトテーブルのすべてのラベル定義はきちんと管理されていれば、
42+重複が発生するはずだからである。 ラベル行では、 キーワードの後に、 ネットワークマスクとラベル値が含まれていなければならない。
43+.TP
44+\fBprecedence\fP \fInetmask\fP \fIprecedence\fP
45+このキーワードは \fBlabel\fP に似ているが、 指定された値を RFC\ 3484 で規定された優先度テーブルに追加する点が異なる。
46+繰り返しになるが、 設定ファイルに \fBprecedence\fP が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。
47+.TP
48+\fBreload\fP <\fByes\fP|\fBno\fP>
49+このキーワードは、 設定ファイルが前回の読み出し以降に変更されているかをプロセスが確認するかを制御する。 値が "\fByes\fP" であれば、
50+ファイルが再読み込みされる。 再読み込みはマルチスレッドアプリケーションで問題を起こす可能性があり、 一般にはよい考えとは言えない。 デフォルトは
51+"\fBno\fP" である。
52+.TP
53+\fBscopev4\fP \fImask\fP \fIvalue\fP
54+IPv4 アドレス用の RFC\ 3484 スコープテーブルに別のルールを追加する。 デフォルトでは、 RFC\ 3438 のセクション 3.2
55+で説明されているスコープ ID が使用される。 これらのデフォルト値の変更が必要になることはまずないだろう。
56+.SH ファイル
57+\fI/etc/gai.conf\fP
58+.SH 例
59+RFC\ 3484 で規定されているデフォルトテーブルは、 以下の設定ファイルを指定するのと同じである。
60+
61+.nf
62+label ::1/128 0
63+label ::/0 1
64+label 2002::/16 2
65+label ::/96 3
66+label ::ffff:0:0/96 4
67+precedence ::1/128 50
68+precedence ::/0 40
69+precedence 2002::/16 30
70+precedence ::/96 20
71+precedence ::ffff:0:0/96 10
72+.fi
73+.\" .SH AUTHOR
74+.\" Ulrich Drepper <drepper@redhat.com>
75+.\"
76+.SH 関連項目
77+\fBgetaddrinfo(3),\fP RFC\ 3484
78+.SH この文書について
79+この man ページは Linux \fIman\-pages\fP プロジェクトのリリース 3.52 の一部
80+である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は
81+http://www.kernel.org/doc/man\-pages/ に書かれている。
--- a/po4a/net/po/ja.po
+++ b/po4a/net/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2013-07-15 16:08+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2013-07-31 01:25+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2013-07-31 06:13+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -2511,7 +2511,7 @@ msgid ""
25112511 "reason, the RFC also requires that system administrators should have the "
25122512 "possibility to dynamically change the sorting. For the glibc "
25132513 "implementation, this can be achieved with the I</etc/gai.conf> file."
2514-msgstr ""
2514+msgstr "B<getaddrinfo>(3) の呼び出しでは、複数の答えが返る場合がある。 RFC\\ 3484 によれば、 これらの答えは、 最も成功の可能性が高い答えがリストの先頭になるような順番に並び替えなければならない。 RFC には、 並び替えのアルゴリズムが書かれている。 しかしながら、 静的なルールが常に適切という訳ではない。 この理由から、 RFC では、 並び替え方法をシステム管理者が動的に変更できるようにすることも要求している。 glibc の実装では、 I</etc/gai.conf> ファイルでこれが実現できるようになっている。"
25152515
25162516 #. type: Plain text
25172517 #: build/C/man5/gai.conf.5:40
@@ -2519,12 +2519,12 @@ msgid ""
25192519 "Each line in the configuration file consists of a keyword and its "
25202520 "parameters. White spaces in any place are ignored. Lines starting with "
25212521 "\\(aq#\\(aq are comments and are ignored."
2522-msgstr ""
2522+msgstr "設定ファイルの各行は、キーワードとそのパラメータで構成される。 ホワイトスペースはどこにあっても全て無視される。 \\(aq#\\(aq で始まる行はコメントで、 無視される。"
25232523
25242524 #. type: Plain text
25252525 #: build/C/man5/gai.conf.5:42
25262526 msgid "The keywords currently recognized are:"
2527-msgstr ""
2527+msgstr "現在のところ、認識されるキーワードは以下の通りである。"
25282528
25292529 #. type: TP
25302530 #: build/C/man5/gai.conf.5:42
@@ -2540,7 +2540,7 @@ msgid ""
25402540 "default table is not used. All the label definitions of the default table "
25412541 "which are to be maintained have to be duplicated. Following the keyword, "
25422542 "the line has to contain a network mask and a label value."
2543-msgstr ""
2543+msgstr "指定した値は RFC\\ 3484 の並び替えで使用されるラベルテーブルに追加される。 設定ファイルに B<label> 定義が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。 デフォルトテーブルのすべてのラベル定義はきちんと管理されていれば、 重複が発生するはずだからである。 ラベル行では、 キーワードの後に、 ネットワークマスクとラベル値が含まれていなければならない。"
25442544
25452545 #. type: TP
25462546 #: build/C/man5/gai.conf.5:51
@@ -2555,7 +2555,7 @@ msgid ""
25552555 "precedence table as specified in RFC\\ 3484. Once again, the presence of a "
25562556 "single B<precedence> line in the configuration file causes the default table "
25572557 "to not be used."
2558-msgstr ""
2558+msgstr "このキーワードは B<label> に似ているが、 指定された値を RFC\\ 3484 で規定された優先度テーブルに追加する点が異なる。 繰り返しになるが、 設定ファイルに B<precedence> が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。"
25592559
25602560 #. type: TP
25612561 #: build/C/man5/gai.conf.5:58
@@ -2570,7 +2570,7 @@ msgid ""
25702570 "file has been changed since the last time it was read. If the value is "
25712571 "\"B<yes>\" the file is re-read. This might cause problems in multithreaded "
25722572 "applications and is generally a bad idea. The default is \"B<no>\"."
2573-msgstr ""
2573+msgstr "このキーワードは、 設定ファイルが前回の読み出し以降に変更されているかをプロセスが確認するかを制御する。 値が \"B<yes>\" であれば、 ファイルが再読み込みされる。 再読み込みはマルチスレッドアプリケーションで問題を起こす可能性があり、 一般にはよい考えとは言えない。 デフォルトは \"B<no>\" である。"
25742574
25752575 #. type: TP
25762576 #: build/C/man5/gai.conf.5:67
@@ -2584,7 +2584,7 @@ msgid ""
25842584 "Add another rule to the RFC\\ 3484 scope table for IPv4 address. By "
25852585 "default, the scope IDs described in section 3.2 in RFC\\ 3438 are used. "
25862586 "Changing these defaults should hardly ever be necessary."
2587-msgstr ""
2587+msgstr "IPv4 アドレス用の RFC\\ 3484 スコープテーブルに別のルールを追加する。 デフォルトでは、 RFC\\ 3438 のセクション 3.2 で説明されているスコープ ID が使用される。 これらのデフォルト値の変更が必要になることはまずないだろう。"
25882588
25892589 #. type: SH
25902590 #: build/C/man5/gai.conf.5:72 build/C/man3/getaddrinfo.3:582
@@ -2611,7 +2611,7 @@ msgstr "I</etc/gai.conf>"
26112611 msgid ""
26122612 "The default table according to RFC\\ 3484 would be specified with the "
26132613 "following configuration file:"
2614-msgstr ""
2614+msgstr "RFC\\ 3484 で規定されているデフォルトテーブルは、 以下の設定ファイルを指定するのと同じである。"
26152615
26162616 #. type: Plain text
26172617 #: build/C/man5/gai.conf.5:89
--- a/po4a/special/po/ja.po
+++ b/po4a/special/po/ja.po
@@ -7,7 +7,7 @@ msgid ""
77 msgstr ""
88 "Project-Id-Version: PACKAGE VERSION\n"
99 "POT-Creation-Date: 2013-07-23 23:58+0900\n"
10-"PO-Revision-Date: 2013-07-27 14:50+0900\n"
10+"PO-Revision-Date: 2013-07-31 06:26+0900\n"
1111 "Last-Translator: FULL NAME <EMAIL@ADDRESS>\n"
1212 "Language-Team: LANGUAGE <LL@li.org>\n"
1313 "Language: \n"
@@ -9117,7 +9117,7 @@ msgstr "MSR"
91179117 #. type: Plain text
91189118 #: build/C/man4/msr.4:29
91199119 msgid "msr - x86 CPU MSR access device"
9120-msgstr ""
9120+msgstr "msr - x86 CPU MSR へアクセスするためのデバイス"
91219121
91229122 #. type: Plain text
91239123 #: build/C/man4/msr.4:36
@@ -9125,7 +9125,7 @@ msgid ""
91259125 "I</dev/cpu/CPUNUM/msr> provides an interface to read and write the model-"
91269126 "specific registers (MSRs) of an x86 CPU. I<CPUNUM> is the number of the CPU "
91279127 "to access as listed in I</proc/cpuinfo>."
9128-msgstr ""
9128+msgstr "I</dev/cpu/CPUNUM/msr> は x86 CPU の モデル固有レジスタ (model-specific registers; MSRs) の読み書きインターフェースを提供する。 I<CPUNUM> はアクセスする CPU の番号で、 I</proc/cpuinfo> に表示される値である。"
91299129
91309130 #. type: Plain text
91319131 #: build/C/man4/msr.4:42
@@ -9134,21 +9134,21 @@ msgid ""
91349134 "number as offset in the file, and then reading or writing in chunks of 8 "
91359135 "bytes. An I/O transfer of more than 8 bytes means multiple reads or writes "
91369136 "of the same register."
9137-msgstr ""
9137+msgstr "レジスタアクセスは、 ファイルをオープンし、 MSR 番号分だけファイルのオフセットを変更し、 8 バイト単位での読み書きを行う形で行われる。 つまり、 8 バイトを超える I/O 転送は、同じレジスタに対する複数回の読み書きとなる。"
91389138
91399139 #. type: Plain text
91409140 #: build/C/man4/msr.4:47
91419141 msgid ""
91429142 "This file is protected so that it can be read and written only by the user "
91439143 "I<root>, or members of the group I<root>."
9144-msgstr ""
9144+msgstr "このファイルは保護されており、 I<root> ユーザ、もしくは I<root> グループのメンバだけが読み書きできる。"
91459145
91469146 #. type: Plain text
91479147 #: build/C/man4/msr.4:53
91489148 msgid ""
91499149 "The I<msr> driver is not auto-loaded. On modular kernels you might need to "
91509150 "use the following command to load it explicitly before use:"
9151-msgstr ""
9151+msgstr "I<msr> ドライバは自動ではロードされない。 モジュールが有効になったカーネルでは、 以下のコマンドを使って、 使用する前に明示的にドライバをロードする必要があるだろう。"
91529152
91539153 #. type: Plain text
91549154 #: build/C/man4/msr.4:55
@@ -9161,7 +9161,7 @@ msgstr " $ I<modprobe msr>\n"
91619161 msgid ""
91629162 "Intel Corporation Intel 64 and IA-32 Architectures Software Developer's "
91639163 "Manual Volume 3B Appendix B, for an overview of the Intel CPU MSRs."
9164-msgstr ""
9164+msgstr "Intel CPU MSR の概要については Intel Corporation Intel 64 and IA-32 Architectures Software Developer's Manual Volume 3B Appendix B を参照。"
91659165
91669166 #. type: TH
91679167 #: build/C/man4/null.4:26
@@ -9173,7 +9173,7 @@ msgstr "NULL"
91739173 #: build/C/man4/null.4:26
91749174 #, no-wrap
91759175 msgid "2009-02-23"
9176-msgstr "1992-11-21"
9176+msgstr "2009-02-23"
91779177
91789178 #. type: Plain text
91799179 #: build/C/man4/null.4:29
--- /dev/null
+++ b/release/man4/msr.4
@@ -0,0 +1,54 @@
1+.\" Copyright (c) 2009 Intel Corporation, Author Andi Kleen
2+.\" Some sentences copied from comments in arch/x86/kernel/msr.c
3+.\"
4+.\" %%%LICENSE_START(VERBATIM)
5+.\" Permission is granted to make and distribute verbatim copies of this
6+.\" manual provided the copyright notice and this permission notice are
7+.\" preserved on all copies.
8+.\"
9+.\" Permission is granted to copy and distribute modified versions of this
10+.\" manual under the conditions for verbatim copying, provided that the
11+.\" entire resulting derived work is distributed under the terms of a
12+.\" permission notice identical to this one.
13+.\"
14+.\" Since the Linux kernel and libraries are constantly changing, this
15+.\" manual page may be incorrect or out-of-date. The author(s) assume no
16+.\" responsibility for errors or omissions, or for damages resulting from
17+.\" the use of the information contained herein. The author(s) may not
18+.\" have taken the same level of care in the production of this manual,
19+.\" which is licensed free of charge, as they might when working
20+.\" professionally.
21+.\"
22+.\" Formatted or processed versions of this manual, if unaccompanied by
23+.\" the source, must acknowledge the copyright and authors of this work.
24+.\" %%%LICENSE_END
25+.\"
26+.\"*******************************************************************
27+.\"
28+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
29+.\"
30+.\"*******************************************************************
31+.TH MSR 4 2009\-03\-31 Linux "Linux Programmer's Manual"
32+.SH 名前
33+msr \- x86 CPU MSR へアクセスするためのデバイス
34+.SH 説明
35+\fI/dev/cpu/CPUNUM/msr\fP は x86 CPU の モデル固有レジスタ (model\-specific registers;
36+MSRs) の読み書きインターフェースを提供する。 \fICPUNUM\fP はアクセスする CPU の番号で、 \fI/proc/cpuinfo\fP
37+に表示される値である。
38+
39+レジスタアクセスは、 ファイルをオープンし、 MSR 番号分だけファイルのオフセットを変更し、 8 バイト単位での読み書きを行う形で行われる。 つまり、
40+8 バイトを超える I/O 転送は、同じレジスタに対する複数回の読み書きとなる。
41+
42+このファイルは保護されており、 \fIroot\fP ユーザ、もしくは \fIroot\fP グループのメンバだけが読み書きできる。
43+.SH 注意
44+\fImsr\fP ドライバは自動ではロードされない。 モジュールが有効になったカーネルでは、 以下のコマンドを使って、
45+使用する前に明示的にドライバをロードする必要があるだろう。
46+
47+ $ \fImodprobe msr\fP
48+.SH 関連項目
49+Intel CPU MSR の概要について: Intel Corporation Intel 64 and IA\-32 Architectures
50+Software Developer's Manual Volume 3B Appendix B
51+.SH この文書について
52+この man ページは Linux \fIman\-pages\fP プロジェクトのリリース 3.52 の一部
53+である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は
54+http://www.kernel.org/doc/man\-pages/ に書かれている。
--- /dev/null
+++ b/release/man5/gai.conf.5
@@ -0,0 +1,81 @@
1+.\" Copyright (C) 2006 Red Hat, Inc. All rights reserved.
2+.\" Author: Ulrich Drepper <drepper@redhat.com>
3+.\"
4+.\" %%%LICENSE_START(GPLv2_MISC)
5+.\" This copyrighted material is made available to anyone wishing to use,
6+.\" modify, copy, or redistribute it subject to the terms and conditions of the
7+.\" GNU General Public License v.2.
8+.\"
9+.\" This program is distributed in the hope that it will be useful, but WITHOUT
10+.\" ANY WARRANTY; without even the implied warranty of MERCHANTABILITY or
11+.\" FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the GNU General Public License for
12+.\" more details.
13+.\"
14+.\" You should have received a copy of the GNU General Public
15+.\" License along with this manual; if not, see
16+.\" <http://www.gnu.org/licenses/>.
17+.\" %%%LICENSE_END
18+.\"
19+.\"*******************************************************************
20+.\"
21+.\" This file was generated with po4a. Translate the source file.
22+.\"
23+.\"*******************************************************************
24+.TH GAI.CONF 5 2013\-02\-13 Linux "Linux Programmer's Manual"
25+.SH 名前
26+gai.conf \- getaddrinfo(3) 設定ファイル
27+.SH 説明
28+\fBgetaddrinfo\fP(3) の呼び出しでは、複数の答えが返る場合がある。 RFC\ 3484 によれば、 これらの答えは、
29+最も成功の可能性が高い答えがリストの先頭になるような順番に並び替えなければならない。 RFC には、 並び替えのアルゴリズムが書かれている。
30+しかしながら、 静的なルールが常に適切という訳ではない。 この理由から、 RFC では、
31+並び替え方法をシステム管理者が動的に変更できるようにすることも要求している。 glibc の実装では、 \fI/etc/gai.conf\fP
32+ファイルでこれが実現できるようになっている。
33+.PP
34+設定ファイルの各行は、キーワードとそのパラメータで構成される。 ホワイトスペースはどこにあっても全て無視される。 \(aq#\(aq
35+で始まる行はコメントで、 無視される。
36+.PP
37+現在のところ、認識されるキーワードは以下の通りである。
38+.TP
39+\fBlabel\fP \fInetmask\fP \fIprecedence\fP
40+指定した値は RFC\ 3484 の並び替えで使用されるラベルテーブルに追加される。 設定ファイルに \fBlabel\fP
41+定義が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。 デフォルトテーブルのすべてのラベル定義はきちんと管理されていれば、
42+重複が発生するはずだからである。 ラベル行では、 キーワードの後に、 ネットワークマスクとラベル値が含まれていなければならない。
43+.TP
44+\fBprecedence\fP \fInetmask\fP \fIprecedence\fP
45+このキーワードは \fBlabel\fP に似ているが、 指定された値を RFC\ 3484 で規定された優先度テーブルに追加する点が異なる。
46+繰り返しになるが、 設定ファイルに \fBprecedence\fP が一つでもあれば、デフォルトテーブルは使用されない。
47+.TP
48+\fBreload\fP <\fByes\fP|\fBno\fP>
49+このキーワードは、 設定ファイルが前回の読み出し以降に変更されているかをプロセスが確認するかを制御する。 値が "\fByes\fP" であれば、
50+ファイルが再読み込みされる。 再読み込みはマルチスレッドアプリケーションで問題を起こす可能性があり、 一般にはよい考えとは言えない。 デフォルトは
51+"\fBno\fP" である。
52+.TP
53+\fBscopev4\fP \fImask\fP \fIvalue\fP
54+IPv4 アドレス用の RFC\ 3484 スコープテーブルに別のルールを追加する。 デフォルトでは、 RFC\ 3438 のセクション 3.2
55+で説明されているスコープ ID が使用される。 これらのデフォルト値の変更が必要になることはまずないだろう。
56+.SH ファイル
57+\fI/etc/gai.conf\fP
58+.SH 例
59+RFC\ 3484 で規定されているデフォルトテーブルは、 以下の設定ファイルを指定するのと同じである。
60+
61+.nf
62+label ::1/128 0
63+label ::/0 1
64+label 2002::/16 2
65+label ::/96 3
66+label ::ffff:0:0/96 4
67+precedence ::1/128 50
68+precedence ::/0 40
69+precedence 2002::/16 30
70+precedence ::/96 20
71+precedence ::ffff:0:0/96 10
72+.fi
73+.\" .SH AUTHOR
74+.\" Ulrich Drepper <drepper@redhat.com>
75+.\"
76+.SH 関連項目
77+\fBgetaddrinfo(3),\fP RFC\ 3484
78+.SH この文書について
79+この man ページは Linux \fIman\-pages\fP プロジェクトのリリース 3.52 の一部
80+である。プロジェクトの説明とバグ報告に関する情報は
81+http://www.kernel.org/doc/man\-pages/ に書かれている。
--- a/stats/net
+++ b/stats/net
@@ -1,5 +1,4 @@
11 # pagename,#complete,#remaining,#all
2-gai.conf.5,19,8,27
32 getaddrinfo_a.3,81,41,122
43 getent.1,37,20,57
54 nss.5,19,8,27
--- a/stats/special
+++ b/stats/special
@@ -2,4 +2,3 @@
22 cciss.4,44,44,88
33 cpuid.4,11,13,24
44 hpsa.4,34,23,57
5-msr.4,11,6,17
--- a/translation_list
+++ b/translation_list
@@ -1965,7 +1965,7 @@
19651965 ○:LDP man-pages:3.52:1995/01/15:lp:4:2013/07/24:o:ishikawa@linux.or.jp:ISHIKAWA Mutsumi:
19661966 ○:LDP man-pages:3.52:1992/11/21:mem:4:2013/07/24:o:ishikawa@linux.or.jp:ISHIKAWA Mutsumi:
19671967 ○:LDP man-pages:3.52:1996/02/10:mouse:4:2013/07/24:o:ss236rx@ymg.urban.ne.jp:Shouichi Saito:
1968-×:LDP man-pages:3.52:2009/03/31:msr:4:::::
1968+○:LDP man-pages:3.52:2009/03/31:msr:4:2013/07/31::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
19691969 ○:LDP man-pages:3.52:2009/02/23:null:4:2013/07/24:o:ishikawa@linux.or.jp:ISHIKAWA Mutsumi:
19701970 @:LDP man-pages:3.52:1992/11/21:port:4:mem:4:
19711971 @:LDP man-pages:3.52:2002/10/09:ptmx:4:pts:4:
@@ -1992,7 +1992,7 @@
19921992 ○:LDP man-pages:3.52:2012/08/05:filesystems:5:2013/03/25::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
19931993 @:LDP man-pages:3.52:2012/08/05:fs:5:filesystems:5:
19941994 ○:LDP man-pages:3.52:2000/08/27:ftpusers:5:2013/03/25::nakano@apm.seikei.ac.jp:NAKANO Takeo:
1995-×:LDP man-pages:3.52:2013/02/13:gai.conf:5:::::
1995+○:LDP man-pages:3.52:2013/02/13:gai.conf:5:2013/07/31::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
19961996 ○:LDP man-pages:3.52:2010/10/21:group:5:2013/03/25::amotoki@gmail.com:Akihiro MOTOKI:
19971997 ○:LDP man-pages:3.52:2003/08/23:host.conf:5:2013/03/25::ysato444@yahoo.co.jp:Yuichi SATO:
19981998 ○:LDP man-pages:3.52:2002/06/16:hosts:5:2013/03/25::amotoki@dd.iij4u.or.jp:Akihiro MOTOKI:
--- a/untrans.html
+++ b/untrans.html
@@ -46,7 +46,6 @@
4646 <TR class="over70"><TD>mtrace.3</TD><TD>11/37</TD><TD>70.27</TD></TR>
4747 <TR><TD>subpage_prot.2</TD><TD>12/36</TD><TD>66.67</TD></TR>
4848 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>net</B></TD></TR>
49-<TR class="over70"><TD>gai.conf.5</TD><TD>8/27</TD><TD>70.37</TD></TR>
5049 <TR><TD>getaddrinfo_a.3</TD><TD>41/122</TD><TD>66.39</TD></TR>
5150 <TR><TD>getent.1</TD><TD>20/57</TD><TD>64.91</TD></TR>
5251 <TR class="over70"><TD>nss.5</TD><TD>8/27</TD><TD>70.37</TD></TR>
@@ -67,7 +66,6 @@
6766 <TR><TD>cciss.4</TD><TD>44/88</TD><TD>50.00</TD></TR>
6867 <TR><TD>cpuid.4</TD><TD>13/24</TD><TD>45.83</TD></TR>
6968 <TR><TD>hpsa.4</TD><TD>23/57</TD><TD>59.65</TD></TR>
70-<TR><TD>msr.4</TD><TD>6/17</TD><TD>64.71</TD></TR>
7169 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>stdio</B></TD></TR>
7270 <TR><TD>fopencookie.3</TD><TD>33/98</TD><TD>66.33</TD></TR>
7371 <TR><TD>symlink.7</TD><TD>46/66</TD><TD>30.30</TD></TR>
@@ -76,6 +74,6 @@
7674 <TR><TD ALIGN="center" COLSPAN=3 BGCOLOR="Yellow"><B>time</B></TD></TR>
7775 <TR><TD>utimensat.2</TD><TD>50/107</TD><TD>53.27</TD></TR>
7876 <TR class="over80"><TD>zdump.8</TD><TD>1/22</TD><TD>95.45</TD></TR>
79-<TR><TD COLSPAN=3>Total 49 pages</TD></TR>
77+<TR><TD COLSPAN=3>Total 47 pages</TD></TR>
8078 </TABLE>
8179 </BODY></HTML>
Show on old repository browser