• R/O
  • HTTP
  • SSH
  • HTTPS

coreutils: 提交


Commit MetaInfo

修订版c890d976204b1154dee5b0a060d45437b42bed18 (tree)
时间2016-02-19 05:40:45
作者Akihiro Motoki <amotoki@gmai...>
CommiterAkihiro Motoki

Log Message

Remove ja.po.patch

This patch is for coreutils 8.16 and is now obsolete.

更改概述

  • delete: ja.po.patch

差异

--- a/ja.po.patch
+++ /dev/null
@@ -1,2990 +0,0 @@
1-diff --git a/po/ja.po b/po/ja.po
2-index d7c6fe1..3ead96b 100644
3---- a/po/ja.po
4-+++ b/po/ja.po
5-@@ -553,15 +553,15 @@ msgstr "リソースが無くなりました"
6-
7- #: lib/spawn-pipe.c:138 lib/spawn-pipe.c:141 lib/spawn-pipe.c:262
8- #: lib/spawn-pipe.c:265
9--#, fuzzy, c-format
10-+#, c-format
11- msgid "cannot create pipe"
12--msgstr "fifo %s を作成できません"
13-+msgstr "パイプを作成できません"
14-
15- #: lib/spawn-pipe.c:232 lib/spawn-pipe.c:346 lib/wait-process.c:282
16- #: lib/wait-process.c:356
17--#, fuzzy, c-format
18-+#, c-format
19- msgid "%s subprocess failed"
20--msgstr "%s: ファイル探査 (seek) に失敗しました"
21-+msgstr "%s サブプロセスが失敗しました"
22-
23- #: lib/strsignal.c:114
24- #, c-format
25-@@ -789,24 +789,24 @@ msgstr ""
26- "GNU ソフトウェアを使用する際の一般的なヘルプ: <http://www.gnu.org/gethelp/>\n"
27-
28- #: lib/w32spawn.h:43
29--#, fuzzy, c-format
30-+#, c-format
31- msgid "_open_osfhandle failed"
32--msgstr "オープンに失敗しました"
33-+msgstr "_open_osfhandle に失敗しました"
34-
35- #: lib/w32spawn.h:84
36- #, c-format
37- msgid "cannot restore fd %d: dup2 failed"
38--msgstr ""
39-+msgstr "ファイル記述子 %d を復元できません: dup2 が失敗しました"
40-
41- #: lib/wait-process.c:223 lib/wait-process.c:255 lib/wait-process.c:317
42- #, c-format
43- msgid "%s subprocess"
44--msgstr ""
45-+msgstr "%s サブプロセス"
46-
47- #: lib/wait-process.c:274 lib/wait-process.c:346
48- #, c-format
49- msgid "%s subprocess got fatal signal %d"
50--msgstr ""
51-+msgstr "%s サブプロセスが致命的なシグナル %d を受信しました"
52-
53- #: lib/xfreopen.c:35
54- msgid "stdin"
55-@@ -850,19 +850,19 @@ msgid "cannot perform formatted output"
56- msgstr "書式設定を行った出力を実行することができません"
57-
58- #: lib/xstrtol-error.c:63
59--#, fuzzy, c-format
60-+#, c-format
61- msgid "invalid %s%s argument '%s'"
62--msgstr "引数 `%3$s' に対して %1$s%2$s が無効です"
63-+msgstr "引数 '%3$s' に対して %1$s%2$s が無効です"
64-
65- #: lib/xstrtol-error.c:68
66--#, fuzzy, c-format
67-+#, c-format
68- msgid "invalid suffix in %s%s argument '%s'"
69--msgstr "引数 `%3$s' に対して無効な接尾辞 %1$s%2$s です"
70-+msgstr "引数 '%3$s' に対して無効な接尾辞 %1$s%2$s です"
71-
72- #: lib/xstrtol-error.c:72
73--#, fuzzy, c-format
74-+#, c-format
75- msgid "%s%s argument '%s' too large"
76--msgstr "引数 `%3$s' に対する %1$s%2$s が大きすぎます"
77-+msgstr "引数 '%3$s' に対する %1$s%2$s が大きすぎます"
78-
79- #. This is a proper name. See the gettext manual, section Names.
80- #: src/base64.c:40
81-@@ -877,8 +877,7 @@ msgid ""
82- "\n"
83- msgstr ""
84- "使用法: %s [オプション]... [ファイル]\n"
85--"ファイルまたは標準入力を Base64 エンコード・デコードして標準出力に出力しま"
86--"す。\n"
87-+"ファイルまたは標準入力を Base64 エンコード/デコードして標準出力に出力します。\n"
88- "\n"
89-
90- #: src/base64.c:64
91-@@ -969,13 +968,13 @@ msgid "David MacKenzie"
92- msgstr "David MacKenzie"
93-
94- #: src/basename.c:48
95--#, fuzzy, c-format
96-+#, c-format
97- msgid ""
98- "Usage: %s NAME [SUFFIX]\n"
99- " or: %s OPTION... NAME...\n"
100- msgstr ""
101- "使用法: %s 名前 [接尾辞]\n"
102--"または: %s オプション\n"
103-+"または: %s オプション... 名前...\n"
104-
105- #: src/basename.c:53
106- msgid ""
107-@@ -993,6 +992,9 @@ msgid ""
108- " -s, --suffix=SUFFIX remove a trailing SUFFIX\n"
109- " -z, --zero separate output with NUL rather than newline\n"
110- msgstr ""
111-+" -a, --multiple 引き数を複数をとり、各引き数を NAME として扱う\n"
112-+" -s, --suffix=SUFFIX 末尾にある SUFFIX を削除する\n"
113-+" -z, --zero 出力の区切り文字を改行でなく NUL にする\n"
114-
115- #: src/basename.c:66
116- #, c-format
117-@@ -1004,6 +1006,12 @@ msgid ""
118- " %s -s .h include/stdio.h -> \"stdio\"\n"
119- " %s -a any/str1 any/str2 -> \"str1\" followed by \"str2\"\n"
120- msgstr ""
121-+"\n"
122-+"Examples:\n"
123-+" %s /usr/bin/sort -> \"sort\"\n"
124-+" %s include/stdio.h .h -> \"stdio\"\n"
125-+" %s -s .h include/stdio.h -> \"stdio\"\n"
126-+" %s -a any/str1 any/str2 -> \"str1\" の後に \"str2\"\n"
127-
128- #: src/basename.c:167 src/chcon.c:531 src/chgrp.c:277 src/chmod.c:526
129- #: src/chown.c:280 src/chroot.c:197 src/comm.c:427 src/csplit.c:1369
130-@@ -1048,10 +1056,9 @@ msgid ""
131- msgstr ""
132- "ファイル、または標準入力を連結し、標準出力に出力します。\n"
133- "\n"
134--" -A, --show-all -vETと同じ\n"
135--" -b, --number-nonblank 空行を除いて行番号を付け加える。-n より優先され"
136--"る\n"
137--" -e -vEと同じ\n"
138-+" -A, --show-all -vET と同じ\n"
139-+" -b, --number-nonblank 空行を除いて行番号を付け加える。-n より優先される\n"
140-+" -e -vE と同じ\n"
141- " -E, --show-ends 行の最後に $ を付け加える\n"
142- " -n, --number 全ての行に行番号を付け加える\n"
143- " -s, --squeeze-blank 連続した空行の出力を抑止する\n"
144-@@ -1063,11 +1070,10 @@ msgid ""
145- " -u (ignored)\n"
146- " -v, --show-nonprinting use ^ and M- notation, except for LFD and TAB\n"
147- msgstr ""
148--" -t -vTと同じ\n"
149--" -T, --show-tabs TAB文字を`^I'で表示\n"
150-+" -t -vT と同じ\n"
151-+" -T, --show-tabs TAB 文字を ^I で表示\n"
152- " -u (無視)\n"
153--" -v, --show-nonprinting 非表示文字と`^'や`^'を付けて表示 (LFDとTABは除"
154--"く)\n"
155-+" -v, --show-nonprinting 非表示文字を ^ や M- を付けて表示 (LFD と TAB は除く)\n"
156-
157- #: src/cat.c:114
158- #, c-format
159-@@ -1178,7 +1184,6 @@ msgstr ""
160- "または: %s [OPTION]... --reference=RFILE FILE...\n"
161-
162- #: src/chcon.c:357
163--#, fuzzy
164- msgid ""
165- "Change the security context of each FILE to CONTEXT.\n"
166- "With --reference, change the security context of each FILE to that of "
167-@@ -1189,8 +1194,6 @@ msgstr ""
168- "--reference がある場合、各 FILE のセキュリティコンテキストを RFILE のものに\n"
169- "変更します。\n"
170- "\n"
171--" -h, --no-dereference 参照先のファイルの代わりにシンボリックリンクに適用す"
172--"る\n"
173-
174- #: src/chcon.c:362 src/chgrp.c:123 src/chown.c:94
175- msgid ""
176-@@ -1199,9 +1202,11 @@ msgid ""
177- " -h, --no-dereference affect symbolic links instead of any referenced "
178- "file\n"
179- msgstr ""
180-+" --dereference シンボリックリンク自身ではなく、シンボリックリンクの\n"
181-+" 参照先に対して操作を行う (これがデフォルトの動作)\n"
182-+" -h, --no-dereference 参照先のファイルではなくシンボリックリンクに適用する\n"
183-
184- #: src/chcon.c:367
185--#, fuzzy
186- msgid ""
187- " -u, --user=USER set user USER in the target security context\n"
188- " -r, --role=ROLE set role ROLE in the target security context\n"
189-@@ -1216,30 +1221,25 @@ msgstr ""
190- " TYPE に設定する\n"
191- " -l, --range=RANGE 対象となるセキュリティコンテキストの範囲を\n"
192- " RANGE に設定する\n"
193--"\n"
194-
195- #: src/chcon.c:373
196--#, fuzzy
197- msgid ""
198- " --reference=RFILE use RFILE's security context rather than "
199- "specifying\n"
200- " a CONTEXT value\n"
201- msgstr ""
202--" --reference=RFILE CONTEXT の値を指定するのに代わって RFILE の\n"
203-+" --reference=RFILE CONTEXT の値を指定するのではなく RFILE の\n"
204- " セキュリティコンテキストを使用する\n"
205--" -R, --recursive ファイルとディレクトリを再帰的に操作する\n"
206--" -v, --verbose 各ファイルを処理した時の診断を出力する\n"
207-
208- #: src/chcon.c:377 src/chgrp.c:140 src/chown.c:118
209- msgid " -R, --recursive operate on files and directories recursively\n"
210--msgstr ""
211-+msgstr " -R, --recursive ファイルとディレクトリを再帰的に操作する\n"
212-
213- #: src/chcon.c:380
214- msgid " -v, --verbose output a diagnostic for every file processed\n"
215--msgstr ""
216-+msgstr " -v, --verbose 処理した各ファイルについて診断メッセージを出力する\n"
217-
218- #: src/chcon.c:383 src/chgrp.c:143 src/chown.c:121
219--#, fuzzy
220- msgid ""
221- "\n"
222- "The following options modify how a hierarchy is traversed when the -R\n"
223-@@ -1253,15 +1253,16 @@ msgid ""
224- " -P do not traverse any symbolic links (default)\n"
225- "\n"
226- msgstr ""
227--"以下のオプションは -R オプションと併せて指定されたときにどのように階層を\n"
228--"横断するかの動作を変更します。2個以上指定されたときは最後のオプションの\n"
229--"み有効になります。\n"
230-+"\n"
231-+"以下のオプションを使うと、-R オプションが併せて指定されたときにどのように\n"
232-+"階層を辿るかの動作を変更できます。複数のオプションが指定された場合は、\n"
233-+"最後に指定されたオプションだけが有効になります。\n"
234- "\n"
235- " -H コマンドライン引数がディレクトリに対するシンボ\n"
236- " リックリンクの場合に、リンクを辿る\n"
237--" -L ディレクトリに対するシンボリックリンクに遭遇し\n"
238--" た時には全て辿る\n"
239--" -P シンボリックリンクを辿らない (デフォルト)\n"
240-+" -L ディレクトリに対するシンボリックリンクに遭遇した\n"
241-+" 時には、そのリンクを全て辿る\n"
242-+" -P シンボリックリンクを一切辿らない (デフォルト)\n"
243- "\n"
244-
245- #: src/chcon.c:512 src/chgrp.c:264 src/chown.c:267
246-@@ -1313,18 +1314,15 @@ msgstr ""
247- "または: %s [OPTION]... --reference=RFILE FILE...\n"
248-
249- #: src/chgrp.c:113
250--#, fuzzy
251- msgid ""
252- "Change the group of each FILE to GROUP.\n"
253- "With --reference, change the group of each FILE to that of RFILE.\n"
254- "\n"
255- msgstr ""
256--"各 FILE のセキュリティコンテキストを CONTEXT に変更します。\n"
257--"--reference がある場合、各 FILE のセキュリティコンテキストを RFILE のものに\n"
258--"変更します。\n"
259-+"各ファイルのグループを GROUP に変更します。\n"
260-+"--reference を指定した場合は、各ファイルのグループを RFILE のグループに変更\n"
261-+"します。\n"
262- "\n"
263--" -h, --no-dereference 参照先のファイルの代わりにシンボリックリンクに適用す"
264--"る\n"
265-
266- #: src/chgrp.c:118 src/chmod.c:382 src/chown.c:89
267- msgid ""
268-@@ -1332,31 +1330,33 @@ msgid ""
269- " -f, --silent, --quiet suppress most error messages\n"
270- " -v, --verbose output a diagnostic for every file processed\n"
271- msgstr ""
272-+" -c, --changes verbose モードと同様だが、変更が行われた場合にのみ出力する\n"
273-+" -f, --silent, --quiet ほとんどのエラーメッセージの出力を抑制する\n"
274-+" -v, --verbose 処理した各ファイルについて診断メッセージを出力する\n"
275-
276- #: src/chgrp.c:128 src/chown.c:99
277--#, fuzzy
278- msgid ""
279- " (useful only on systems that can change the\n"
280- " ownership of a symlink)\n"
281- msgstr ""
282--" -h, --no-dereference 参照先のファイルではなく、シンボリックリンク自体に\n"
283--" 効果を与える (シンボリックリンクの所有権を変更でき\n"
284--" るシステムでのみ利用可能)\n"
285-+" (意味があるのは、シンボリックリンクの所有権を変更\n"
286-+" できるシステムの場合だけです)\n"
287-
288- #: src/chgrp.c:132 src/chmod.c:387 src/chown.c:110
289--#, fuzzy
290- msgid ""
291- " --no-preserve-root do not treat '/' specially (the default)\n"
292- " --preserve-root fail to operate recursively on '/'\n"
293- msgstr ""
294--" --no-preserve-root `/' を特別扱いしない (デフォルト)\n"
295--" --preserve-root `/' に対する再帰的な操作を失敗させる\n"
296-+" --no-preserve-root '/' を特別扱いしない (デフォルト)\n"
297-+" --preserve-root '/' に対する再帰的な操作を失敗させる\n"
298-
299- #: src/chgrp.c:136
300- msgid ""
301- " --reference=RFILE use RFILE's group rather than specifying a\n"
302- " GROUP value\n"
303- msgstr ""
304-+" --reference=RFILE GROUP の値を指定するのではなく RFILE のグループを\n"
305-+" 使用する\n"
306-
307- #: src/chgrp.c:158
308- #, c-format
309-@@ -1369,8 +1369,7 @@ msgstr ""
310- "\n"
311- "例:\n"
312- " %s staff /u /u のグループを \"staff\" に変更する。\n"
313--" %s -hR staff /u /u およびその配下のファイルのグループを \"staff\"\n"
314--" に変更する。\n"
315-+" %s -hR staff /u /u とその配下のファイルのグループを \"staff\" に変更する。\n"
316-
317- #: src/chmod.c:126
318- #, c-format
319-@@ -1424,35 +1423,27 @@ msgstr ""
320- "または: %s [OPTION]... --reference=RFILE FILE...\n"
321-
322- #: src/chmod.c:377
323--#, fuzzy
324- msgid ""
325- "Change the mode of each FILE to MODE.\n"
326- "With --reference, change the mode of each FILE to that of RFILE.\n"
327- "\n"
328- msgstr ""
329--"各 FILE のセキュリティコンテキストを CONTEXT に変更します。\n"
330--"--reference がある場合、各 FILE のセキュリティコンテキストを RFILE のものに\n"
331--"変更します。\n"
332--"\n"
333--" -h, --no-dereference 参照先のファイルの代わりにシンボリックリンクに適用す"
334--"る\n"
335-+"各 FILE のモードを MODE に変更します。\n"
336-+"--reference を指定した場合は、各 FILE のモードを RFILE のものに変更する。\n"
337-
338- #: src/chmod.c:391
339- msgid " --reference=RFILE use RFILE's mode instead of MODE values\n"
340--msgstr ""
341-+msgstr " --reference=RFILE MODE の値ではなく RFILE のモードを使用する\n"
342-
343- #: src/chmod.c:394
344- msgid " -R, --recursive change files and directories recursively\n"
345--msgstr ""
346-+msgstr " -R, --recursive ファイルとディレクトリを再帰的に変更する\n"
347-
348- #: src/chmod.c:399
349--#, fuzzy
350- msgid ""
351- "\n"
352- "Each MODE is of the form '[ugoa]*([-+=]([rwxXst]*|[ugo]))+|[-+=][0-7]+'.\n"
353--msgstr ""
354--"\n"
355--"各 MODE は `[ugoa]*([-+=]([rwxXst]*|[ugo]))+' の形式です。\n"
356-+msgstr "\n各 MODE は '[ugoa]*([-+=]([rwxXst]*|[ugo]))+|[-+=][0-7]+' の形式です。\n"
357-
358- #: src/chmod.c:513
359- #, c-format
360-@@ -1550,6 +1541,10 @@ msgid ""
361- "RFILE.\n"
362- "\n"
363- msgstr ""
364-+"各 FILE の所有者とグループを OWNER と GROUP に変更します。\n"
365-+"B<--reference> が指定された場合、各ファイルの所有者とグループと\n"
366-+"RFILE と同じものに変更します。\n"
367-+"\n"
368-
369- #: src/chown.c:103
370- msgid ""
371-@@ -1562,12 +1557,9 @@ msgid ""
372- " is not required for the omitted attribute\n"
373- msgstr ""
374- " --from=CURRENT_OWNER:CURRENT_GROUP\n"
375--" ここで指定した現在の所有者やグループと一致した場合"
376--"に\n"
377--" のみ各ファイルの所有者およびグループを変更する。い"
378--"ず\n"
379--" れかは省略可能であり、省略された属性は一致検査が行"
380--"わ\n"
381-+" ここで指定した現在の所有者やグループと一致した場合に\n"
382-+" のみ各ファイルの所有者およびグループを変更する。いず\n"
383-+" れかは省略可能であり、省略された属性は一致検査が行わ\n"
384- " れない。\n"
385-
386- #: src/chown.c:114
387-@@ -1575,9 +1567,10 @@ msgid ""
388- " --reference=RFILE use RFILE's owner and group rather than\n"
389- " specifying OWNER:GROUP values\n"
390- msgstr ""
391-+" --reference=RFILE OWNER:GROUP の値を指定する代わりに\n"
392-+" RFILE の所有者とグループを使用します。\n"
393-
394- #: src/chown.c:136
395--#, fuzzy
396- msgid ""
397- "\n"
398- "Owner is unchanged if missing. Group is unchanged if missing, but changed\n"
399-@@ -1585,10 +1578,11 @@ msgid ""
400- "OWNER and GROUP may be numeric as well as symbolic.\n"
401- msgstr ""
402- "\n"
403--"所有者の指定が無い場合には変更されません。グループの指定が無い場合には\n"
404--"変更されませんが、`:' でグループを暗示するとログイングループに変更されま"
405--"す。\n"
406--"OWNER と GROUP は名前でも数値でも構いません。\n"
407-+"所有者の指定が無い場合には、所有者は変更されません。\n"
408-+"グループの指定が無い場合には、グループは変更されません。\n"
409-+"ただし、OWNER の名前の後ろに ':' が指定された場合には、\n"
410-+"グループはその OWNER のログイングループに変更されます。\n"
411-+"OWNER と GROUPS には名前だけでなく数値も指定できます。\n"
412-
413- #: src/chown.c:142
414- #, c-format
415-@@ -1652,14 +1646,13 @@ msgstr ""
416- " --groups=G_LIST g1,g2,..,gN 形式で追加のグループを指定します\n"
417-
418- #: src/chroot.c:149
419--#, fuzzy
420- msgid ""
421- "\n"
422- "If no command is given, run '${SHELL} -i' (default: '/bin/sh -i').\n"
423- msgstr ""
424- "\n"
425--"COMMAND が与えられない場合、``${SHELL} -i'' (デフォルト: /bin/sh) を実行しま"
426--"す。\n"
427-+"コマンドが指定されなかった場合、\n"
428-+"'${SHELL} -i' (デフォルトでは '/bin/sh -i') を実行します。\n"
429-
430- #: src/chroot.c:202
431- #, c-format
432-@@ -1764,13 +1757,10 @@ msgid " --output-delimiter=STR separate columns with STR\n"
433- msgstr " --output-delimiter=STR 列を STR で分割する\n"
434-
435- #: src/comm.c:133
436--#, fuzzy
437- msgid ""
438- "\n"
439- "Note, comparisons honor the rules specified by 'LC_COLLATE'.\n"
440--msgstr ""
441--"\n"
442--"注: 比較の優先順位と方法は `LC_COLLATE' で指定します。\n"
443-+msgstr "\n注: 比較の際には 'LC_COLLATE' で指定されたルールが使用されます。\n"
444-
445- #: src/comm.c:137
446- #, c-format
447-@@ -2131,10 +2121,8 @@ msgid ""
448- " -d same as --no-dereference --preserve=links\n"
449- msgstr ""
450- " -a, --archive -dR --preserve=all と同様\n"
451--" --attributes-only ファイルのデータをコピーせず、ファイルの属性の"
452--"みコピーする\n"
453--" --backup[=CONTROL] コピー先ファイルが存在する時にバックアップを作"
454--"成する\n"
455-+" --attributes-only ファイルのデータをコピーせず、ファイルの属性のみコピーする\n"
456-+" --backup[=CONTROL] コピー先ファイルが存在する時にバックアップを作成する\n"
457- " -b --backup と同様だが引数を受け付けない\n"
458- " --copy-contents 再帰時に特殊ファイルの内容をコピーする\n"
459- " -d --no-dereference --preserve=links と同様\n"
460-@@ -2150,24 +2138,19 @@ msgid ""
461- " option)\n"
462- " -H follow command-line symbolic links in SOURCE\n"
463- msgstr ""
464--" -f, --force コピー先にファイルが存在し、開くことができない"
465--"場合、\n"
466--" 削除してから再度試みる (-n オプションを使用"
467--"した\n"
468-+" -f, --force コピー先にファイルが存在し、開くことができない場合、\n"
469-+" 削除してから再度試みる (-n オプションを使用した\n"
470- " 場合は冗長となる)\n"
471--" -i, --interactive 上書きする前に確認する (前に指定した -n オプ"
472--"ション\n"
473--" を上書きする)\n"
474--" -H SOURCE にあるコマンド行のシンボリックリンクを"
475--"たどる\n"
476-+" -i, --interactive 上書きする前に確認する (前に指定した -n オプション\n"
477-+" を上書きする)\n"
478-+" -H SOURCE にあるコマンド行のシンボリックリンクをたどる\n"
479-
480- #: src/cp.c:188
481- msgid ""
482- " -l, --link hard link files instead of copying\n"
483- " -L, --dereference always follow symbolic links in SOURCE\n"
484- msgstr ""
485--" -l, --link コピーの代わりにファイルのハードリンクを作成す"
486--"る\n"
487-+" -l, --link コピーの代わりにファイルのハードリンクを作成する\n"
488- " -L, --dereference SOURCE にあるシンボリックリンクを常にたどる\n"
489-
490- #: src/cp.c:192
491-@@ -2178,8 +2161,7 @@ msgid ""
492- msgstr ""
493- " -n, --no-clobber 存在するファイルを上書きしない (前に指定した\n"
494- " -i オプションを上書きする)\n"
495--" -P, --no-dereference SOURCE にあるシンボリックリンクを決してたどら"
496--"ない\n"
497-+" -P, --no-dereference SOURCE にあるシンボリックリンクを決してたどらない\n"
498-
499- #: src/cp.c:197
500- msgid ""
501-@@ -2191,10 +2173,8 @@ msgid ""
502- " all\n"
503- msgstr ""
504- " -p --preserve=mode,ownership,timestamps と同様\n"
505--" --preserve[=ATTR_LIST] 指定した属性を保護する (デフォルト: mode,"
506--"ownership,\n"
507--" timestamps)。追加可能な属性: context, "
508--"links, \n"
509-+" --preserve[=ATTR_LIST] 指定した属性を保持する (デフォルト: mode, ownership,\n"
510-+" timestamps)。可能な場合に追加できる属性: context, links, \n"
511- " xattr, all\n"
512-
513- #: src/cp.c:205
514-@@ -2202,9 +2182,8 @@ msgid ""
515- " --no-preserve=ATTR_LIST don't preserve the specified attributes\n"
516- " --parents use full source file name under DIRECTORY\n"
517- msgstr ""
518--" --no-preserve=ATTR_LIST 指定した属性を保護しない\n"
519--" --parents DIRECTORY 配下で SOURCE ファイルのフルパス名を"
520--"使用する\n"
521-+" --no-preserve=ATTR_LIST 指定した属性を保持しない\n"
522-+" --parents DIRECTORY 配下で SOURCE ファイルのフルパス名を使用する\n"
523-
524- #: src/cp.c:209
525- msgid ""
526-@@ -2216,9 +2195,8 @@ msgid ""
527- msgstr ""
528- " -R, -r, --recursive 再帰的にディレクトリをコピーする\n"
529- " --reflink[=WHEN] clone/CoW コピーを制御する。下記を参照\n"
530--" --remove-destination コピー先にファイルが存在する場合、開く前に削除"
531--"する\n"
532--" (--force と対照的)\n"
533-+" --remove-destination コピー先にファイルが存在する場合、開く前に削除する\n"
534-+" (--force と反対の動作になる)\n"
535-
536- #: src/cp.c:215
537- msgid ""
538-@@ -2289,7 +2267,6 @@ msgstr ""
539- "バックされます。\n"
540-
541- #: src/cp.c:247 src/install.c:649 src/ln.c:421 src/mv.c:321
542--#, fuzzy
543- msgid ""
544- "\n"
545- "The backup suffix is '~', unless set with --suffix or SIMPLE_BACKUP_SUFFIX.\n"
546-@@ -2299,11 +2276,10 @@ msgid ""
547- "\n"
548- msgstr ""
549- "\n"
550--"バックアップ接尾辞は、--suffix や SIMPLE_BACKUP_SUFFIX が設定されないと `~' "
551--"に\n"
552--"なります。バージョン管理方法は --backup オプションや VERSION_CONTROL 環境変"
553--"数\n"
554--"を通して選択できます。以下がその際の値です:\n"
555-+"--suffix も環境変数 SIMPLE_BACKUP_SUFFIX も設定されていない場合、\n"
556-+"バックアップ接尾辞は '~' になります。\n"
557-+"バージョン管理方法は --backup オプションや VERSION_CONTROL 環境変数で\n"
558-+"選択できます。以下の値を指定できます:\n"
559- "\n"
560-
561- #: src/cp.c:254 src/install.c:656 src/mv.c:328
562-@@ -2466,19 +2442,19 @@ msgid "%s: integer expected after delimiter"
563- msgstr "%s: 区切り文字の後には整数が予期されます"
564-
565- #: src/csplit.c:1073
566--#, fuzzy, c-format
567-+#, c-format
568- msgid "%s: '}' is required in repeat count"
569--msgstr "%s: 繰り返しカウントには `}' が必要です"
570-+msgstr "%s: 繰り返しカウントには '}' が必要です"
571-
572- #: src/csplit.c:1083
573--#, fuzzy, c-format
574-+#, c-format
575- msgid "%s}: integer required between '{' and '}'"
576--msgstr "%s}: `{' と `}' の間には整数値が必要です"
577-+msgstr "%s}: '{' と '}' の間には整数値が必要です"
578-
579- #: src/csplit.c:1110
580--#, fuzzy, c-format
581-+#, c-format
582- msgid "%s: closing delimiter '%c' missing"
583--msgstr "%s: 終了の区切り文字 `%c' がありません"
584-+msgstr "%s: 終了の区切り文字 '%c' がありません"
585-
586- #: src/csplit.c:1127
587- #, c-format
588-@@ -2546,24 +2522,25 @@ msgid "Usage: %s [OPTION]... FILE PATTERN...\n"
589- msgstr "使用法: %s [OPTION]... FILE PATTERN...\n"
590-
591- #: src/csplit.c:1453
592--#, fuzzy
593- msgid ""
594- "Output pieces of FILE separated by PATTERN(s) to files 'xx00', 'xx01', ...,\n"
595- "and output byte counts of each piece to standard output.\n"
596- "\n"
597- msgstr ""
598--"PATTERN によって区切られたファイルの断片をファイル `xx00'、 `xx01'、 ...\n"
599--"に出力し、各断片のバイト数を標準出力に表示します。\n"
600-+"PATTERN に基づいて FILE を断片に分割して、\n"
601-+"それぞれをファイル 'xx00', 'xx01', ... に出力し、\n"
602-+"各断片のバイト数を標準出力に表示します。\n"
603-+"\n"
604-
605- #: src/csplit.c:1461
606--#, fuzzy, c-format
607-+#, c-format
608- msgid ""
609- " -b, --suffix-format=FORMAT use sprintf FORMAT instead of %02d\n"
610- " -f, --prefix=PREFIX use PREFIX instead of 'xx'\n"
611- " -k, --keep-files do not remove output files on errors\n"
612- msgstr ""
613- " -b, --suffix-format=FORMAT %02d の代わりに sprintf の FORMAT を使用する\n"
614--" -f, --prefix=PREFIX 接頭辞として `xx' の代わりに PREFIX を使用する\n"
615-+" -f, --prefix=PREFIX 接頭辞として 'xx' の代わりに PREFIX を使用する\n"
616- " -k, --keep-files エラー発生時に出力ファイルを削除しない\n"
617-
618- #: src/csplit.c:1466
619-@@ -2586,7 +2563,6 @@ msgstr ""
620- "次のようになります:\n"
621-
622- #: src/csplit.c:1477
623--#, fuzzy
624- msgid ""
625- "\n"
626- " INTEGER copy up to but not including specified line number\n"
627-@@ -2598,13 +2574,13 @@ msgid ""
628- "A line OFFSET is a required '+' or '-' followed by a positive integer.\n"
629- msgstr ""
630- "\n"
631--" 行数 指定行の直前まで(その行は含まれない)を書き込む\n"
632--" /正規表現/[オフセット] 一致する行の直前までを書き込む\n"
633--" %%正規表現%%[オフセット] 一致する行の直前までをスキップ\n"
634-+" 行番号 指定行の直前まで (その行は含まれない) をコピーする\n"
635-+" /正規表現/[オフセット] 正規表現に一致する行の直前までをコピーする\n"
636-+" %正規表現%[オフセット] 正規表現に一致する行の直前までをスキップする\n"
637- " {整数値} 直前のパターンを指定した数だけ繰り返す\n"
638- " {*} 直前のパターンを可能なだけ繰り返す\n"
639- "\n"
640--"オフセットの指定には `+' または `-' に正の整数値を続けて指定します.\n"
641-+"行のオフセットは '+' か '-' の後に正の整数値が続く形で指定します.\n"
642-
643- #. This is a proper name. See the gettext manual, section Names.
644- #: src/cut.c:44 src/paste.c:52
645-@@ -2774,6 +2750,14 @@ msgid ""
646- " 'hours', 'minutes', 'seconds', or 'ns' for date\n"
647- " and time to the indicated precision.\n"
648- msgstr ""
649-+"指定された FORMAT で現在時刻を表示したり、システムの日付を設定したりします。\n"
650-+"\n"
651-+" -d, --date=STRING 「現在」ではなく、STRING で指定された時刻を表示する\n"
652-+" -f, --file=DATEFILE DATEFILE の各行について B<--date> と同様の動作をする\n"
653-+" -I[TIMESPEC], --iso-8601[=TIMESPEC] 日付/時刻を ISO 8601 形式で出力する。\n"
654-+" TIMESPEC は日付と時刻の表示精度で、\n"
655-+" 'date', 'hours', 'minutes', 'seconds', 'ns' を指定できる。\n"
656-+" 'date' がデフォルトで、日付のみを出力する。\n"
657-
658- #: src/date.c:138
659- msgid ""
660-@@ -2786,7 +2770,6 @@ msgstr ""
661- " 例: Mon, 07 Aug 2006 12:34:56 -0600\n"
662-
663- #: src/date.c:143
664--#, fuzzy
665- msgid ""
666- " --rfc-3339=TIMESPEC output date and time in RFC 3339 format.\n"
667- " TIMESPEC='date', 'seconds', or 'ns' for\n"
668-@@ -2797,12 +2780,12 @@ msgid ""
669- " -u, --utc, --universal print or set Coordinated Universal Time\n"
670- msgstr ""
671- " --rfc-3339=TIMESPEC RFC 3339 形式で日付と時刻を出力する\n"
672--" TIMESPEC=`date', `seconds' または `ns' で\n"
673--" 示す日付、時刻の精度になる。\n"
674-+" TIMESPEC は日付と時刻の精度を示すもので、\n"
675-+" 'date', 'seconds', 'ns' を指定できる。\n"
676- " 日付と時刻は単一のスペースで区切られ、次\n"
677- " のようになる: 2006-08-07 12:34:56-06:00\n"
678--" -s, --set=STRING STRING で記述される時間に設定する\n"
679--" -u, --utc, --universal UTC (協定世界時) 時間を表示または設定する\n"
680-+" -s, --set=STRING STRING で指定される時間に設定する\n"
681-+" -u, --utc, --universal 協定標準時 (Coordinated Universal Time) を表示、設定する\n"
682-
683- #: src/date.c:154
684- msgid ""
685-@@ -2951,7 +2934,6 @@ msgstr ""
686- "デフォルトでは0で日付の空白部分が埋められます。\n"
687-
688- #: src/date.c:226
689--#, fuzzy
690- msgid ""
691- "The following optional flags may follow '%':\n"
692- "\n"
693-@@ -2961,7 +2943,7 @@ msgid ""
694- " ^ use upper case if possible\n"
695- " # use opposite case if possible\n"
696- msgstr ""
697--"次のオプションフラグを `%' の後に続けることができます:\n"
698-+"次のオプションフラグを '%' の後に続けることができます:\n"
699- "\n"
700- " - (ハイフン) フィールドの空白を埋めない\n"
701- " _ (アンダースコア) フィールドの空白をスペースで埋める\n"
702-@@ -2999,11 +2981,10 @@ msgid ""
703- msgstr ""
704- "\n"
705- "例:\n"
706--"エポック (1970-01-01 UTC) からの秒数を日時に変換する場合\n"
707-+"紀元 (Epoch; 1970-01-01 UTC) からの秒数を日時に変換する場合\n"
708- " $ date --date='@2147483647'\n"
709- "\n"
710--"米国西海岸のタイムゾーンで日時を表示する場合 (TZ を探すには tzselect(1) を使"
711--"用します)\n"
712-+"米国西海岸のタイムゾーンで日時を表示する場合 (TZ を探すには tzselect(1) を使用します)\n"
713- " $ TZ='America/Los_Angeles' date\n"
714- "\n"
715- "ローカル時間の次の金曜日午前9時を米国西海岸のタイムゾーンで表示する場合\n"
716-@@ -3038,15 +3019,15 @@ msgid "the options to print and set the time may not be used together"
717- msgstr "表示オプションと設定オプションは同時に指定できません"
718-
719- #: src/date.c:454
720--#, fuzzy, c-format
721-+#, c-format
722- msgid ""
723- "the argument %s lacks a leading '+';\n"
724- "when using an option to specify date(s), any non-option\n"
725- "argument must be a format string beginning with '+'"
726- msgstr ""
727--"引数 %s の先頭に `+' がありません。\n"
728-+"引数 %s の先頭に '+' がありません。\n"
729- "日付を指定するオプションを使用する場合、オプションでない引数\n"
730--"は `+' で始まる書式文字列でなければいけません。"
731-+"は '+' で始まる書式文字列でなければいけません。"
732-
733- #: src/date.c:531
734- #, c-format
735-@@ -3074,7 +3055,6 @@ msgstr ""
736- "または: %s OPTION\n"
737-
738- #: src/dd.c:522
739--#, fuzzy
740- msgid ""
741- "Copy a file, converting and formatting according to the operands.\n"
742- "\n"
743-@@ -3084,16 +3064,15 @@ msgid ""
744- " count=N copy only N input blocks\n"
745- " ibs=BYTES read up to BYTES bytes at a time (default: 512)\n"
746- msgstr ""
747--"オペランド OPERAND に従って変換、書式設定しながらファイルをコピーします。\n"
748-+"オペランド OPERAND に従って、変換や書式設定しながらファイルをコピーします。\n"
749- "\n"
750- " bs=BYTES 一回に BYTES バイトずつ読み書きする\n"
751- " cbs=BYTES 一回に BYTES バイト変換する\n"
752- " conv=CONVS コンマで区切られたシンボルリストとしてファイルを変換する\n"
753--" count=BLOCKS 入力ブロック BLOCKS 個分だけコピーする\n"
754-+" count=N 入力ブロック N 個分だけコピーする\n"
755- " ibs=BYTES 一回に BYTES バイトずつ読み込む (デフォルト: 512)\n"
756-
757- #: src/dd.c:531
758--#, fuzzy
759- msgid ""
760- " if=FILE read from FILE instead of stdin\n"
761- " iflag=FLAGS read as per the comma separated symbol list\n"
762-@@ -3109,10 +3088,8 @@ msgstr ""
763- " obs=BYTES 一回に BYTES バイトずつ書き込む (デフォルト: 512)\n"
764- " of=FILE 標準出力の代わりに FILE に書き込む\n"
765- " oflag=FLAGS コンマで区切られたシンボルリストとして書き込む\n"
766--" seek=BLOCKS 出力開始時に BLOCKS 個分、サイズ obs のブロックをスキップす"
767--"る\n"
768--" skip=BLOCKS 入力開始時に BLOCKS 個分、サイズ ibs のブロックをスキップす"
769--"る\n"
770-+" seek=BLOCKS 出力開始時に、サイズ obs のブロック BLOCKS 個分をスキップする\n"
771-+" skip=BLOCKS 入力開始時に、サイズ ibs のブロック BLOCKS 個分をスキップする\n"
772- " status=noxfer 転送ステータス表示を抑止する\n"
773-
774- #: src/dd.c:541
775-@@ -3134,7 +3111,6 @@ msgstr ""
776- "\n"
777-
778- #: src/dd.c:550
779--#, fuzzy
780- msgid ""
781- " ascii from EBCDIC to ASCII\n"
782- " ebcdic from ASCII to EBCDIC\n"
783-@@ -3152,13 +3128,13 @@ msgstr ""
784- " ebcdic ASCII から EBCDIC へ\n"
785- " ibm ASCII から alternate EBCDIC へ\n"
786- " block 改行区切りのレコードをサイズが cbs になるようにスペースで埋める\n"
787--" unblock サイズが cbs のレコードの後続スペースを改行で置換する\n"
788-+" unblock サイズが cbs のレコードの末尾スペース (複数化) を改行で置換する\n"
789- " lcase 大文字を小文字に変換する\n"
790- " ucase 小文字を大文字に変換する\n"
791-+" sparse NUL の入力ブロックを出力先に書き込まずにスキップするようにする\n"
792- " swab 入力バイトの各組を入れ替える\n"
793- " sync 各入力ブロックをサイズが ibs になるまで NUL で埋める。block\n"
794--" または unblock と一緒に利用された場合 NUL でなくスペースで埋め"
795--"る\n"
796-+" または unblock と一緒に利用された場合 NUL でなくスペースで埋める\n"
797-
798- #: src/dd.c:563
799- msgid ""
800-@@ -3247,18 +3223,18 @@ msgstr " text データに対してテキスト I/O を使用する\n"
801-
802- #: src/dd.c:609
803- msgid " count_bytes treat 'count=N' as a byte count (iflag only)\n"
804--msgstr ""
805-+msgstr " count_bytes 'count=N' をバイト数として扱う (iflag のみ)\n"
806-
807- #: src/dd.c:612
808- msgid " skip_bytes treat 'skip=N' as a byte count (iflag only)\n"
809--msgstr ""
810-+msgstr " skip_bytes 'skip=N' をバイト数として扱う (iflag のみ)\n"
811-
812- #: src/dd.c:615
813- msgid " seek_bytes treat 'seek=N' as a byte count (oflag only)\n"
814--msgstr ""
815-+msgstr " seek_bytes 'seek=N' をバイト数として扱う (oflag のみ)\n"
816-
817- #: src/dd.c:620
818--#, fuzzy, c-format
819-+#, c-format
820- msgid ""
821- "\n"
822- "Sending a %s signal to a running 'dd' process makes it\n"
823-@@ -3274,8 +3250,8 @@ msgid ""
824- "\n"
825- msgstr ""
826- "\n"
827--"%s シグナルを実行中の `dd' に送ると I/O 統計情報を標準出力に\n"
828--"表示してコピーを続けます。\n"
829-+"%s シグナルを実行中の 'dd' に送ると、 I/O 統計情報を標準出力に\n"
830-+"表示してからコピーを続けます。\n"
831- "\n"
832- " $ dd if=/dev/zero of=/dev/null& pid=$!\n"
833- " $ kill -%s $pid; sleep 1; kill $pid\n"
834-@@ -3558,7 +3534,6 @@ msgstr ""
835- "\n"
836-
837- #: src/df.c:855
838--#, fuzzy
839- msgid ""
840- " -a, --all include dummy file systems\n"
841- " -B, --block-size=SIZE scale sizes by SIZE before printing them. E.g.,\n"
842-@@ -3569,13 +3544,12 @@ msgid ""
843- "2G)\n"
844- " -H, --si likewise, but use powers of 1000 not 1024\n"
845- msgstr ""
846--" -a, --all サイズが 0 のダミーファイルシステムを含める\n"
847--" -B, --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: `-BM' は表示する時"
848--"に\n"
849--" 1,048,576 バイトの倍数としてサイズを表示する\n"
850--" --total 総合計容量を表示する\n"
851--" -h, --human-readable 人間が読みやすい形式でサイズを表示する (例: 1K 234M "
852--"2G)\n"
853-+" -a, --all ダミーファイルシステムを含めて表示する\n"
854-+" -B, --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例えば、'-BM' では\n"
855-+" 1,048,576 バイトの倍数としてサイズを表示する。\n"
856-+" 下記の SIZE の書式を参照\n"
857-+" --total 全体の合計を表示する\n"
858-+" -h, --human-readable 人間が読みやすい形式でサイズを表示する (例: 1K 234M 2G)\n"
859- " -H, --si 同様だが、1024 倍ではなく 1000 倍の値を使用する\n"
860-
861- #: src/df.c:865
862-@@ -3653,7 +3627,6 @@ msgstr ""
863- " -p, --print-database デフォルト値を標準出力に表示する\n"
864-
865- #: src/dircolors.c:108
866--#, fuzzy
867- msgid ""
868- "\n"
869- "If FILE is specified, read it to determine which colors to use for which\n"
870-@@ -3661,11 +3634,11 @@ msgid ""
871- "For details on the format of these files, run 'dircolors --print-database'.\n"
872- msgstr ""
873- "\n"
874--"ファイルを指定したときは、ファイルタイプや拡張子毎にどの色を使うかについ"
875--"て、\n"
876--"そのファイルを読んで決定します。それ以外の時は予めコンパイルされたデータ\n"
877--"ベースが使われます。こういったファイルのフォーマットの詳細が知りたければ、\n"
878--"`dircolors --print-database' を実行してください。\n"
879-+"ファイルが指定された場合、指定されたファイルを読み込んで、\n"
880-+"どのファイルタイプや拡張子にどの色を使うかを決定します。\n"
881-+"指定されなかった場合は、あらかじめコンパイルされたデータベースが使用されます。\n"
882-+"これらのファイルの書式の詳細を知りたければ、'dircolors --print-database'\n"
883-+"を実行して下さい。\n"
884-
885- #: src/dircolors.c:286
886- #, c-format
887-@@ -3702,31 +3675,27 @@ msgstr ""
888- "環境変数 SHELL が定義されておらず、シェル型のオプションも与えられていません"
889-
890- #: src/dirname.c:50
891--#, fuzzy, c-format
892-+#, c-format
893- msgid "Usage: %s [OPTION] NAME...\n"
894--msgstr "使用法: %s [OPTION]... NAME...\n"
895-+msgstr "使用法: %s [OPTION] NAME...\n"
896-
897- #: src/dirname.c:54
898--#, fuzzy
899- msgid ""
900- "Output each NAME with its last non-slash component and trailing slashes\n"
901- "removed; if NAME contains no /'s, output '.' (meaning the current "
902- "directory).\n"
903- "\n"
904- msgstr ""
905--"NAME の最後の / (スラッシュ) 以降の要素 ( / を含む) を削除して表示します。も"
906--"し \n"
907--"NAME に / が含まれていない場合は `.' (カレントディレクトリを意味する) を表示"
908--"します。\n"
909-+"NAME の最後の / (スラッシュ) 以降の要素 ( / を含む) を削除して表示します。\n"
910-+"NAME に / が含まれない場合は、(カレントディレクトリを意味する) '.' を表示します。\n"
911- "\n"
912-
913- #: src/dirname.c:59
914--#, fuzzy
915- msgid " -z, --zero separate output with NUL rather than newline\n"
916--msgstr " -0, --null 出力行の最後に改行文字ではなく NULL 文字を付加する\n"
917-+msgstr " -z, --zero 出力の区切りとして改行文字ではなく NUL を使用する\n"
918-
919- #: src/dirname.c:64
920--#, fuzzy, c-format
921-+#, c-format
922- msgid ""
923- "\n"
924- "Examples:\n"
925-@@ -3736,8 +3705,9 @@ msgid ""
926- msgstr ""
927- "\n"
928- "例:\n"
929--" %s /usr/bin/ 出力 \"/usr\"\n"
930--" %s stdio.h 出力 \".\"\n"
931-+" %s /usr/bin/ -> \"/usr\"\n"
932-+" %s dir1/str dir2/str -> \"dir1\" の後に \"dir2\"\n"
933-+" %s stdio.h -> \".\"\n"
934-
935- #: src/du.c:259 src/sort.c:392 src/wc.c:112
936- #, c-format
937-@@ -3757,7 +3727,6 @@ msgstr ""
938- "\n"
939-
940- #: src/du.c:270
941--#, fuzzy
942- msgid ""
943- " -a, --all write counts for all files, not just directories\n"
944- " --apparent-size print apparent sizes, rather than disk usage; "
945-@@ -3766,18 +3735,13 @@ msgid ""
946- " larger due to holes in ('sparse') files, internal\n"
947- " fragmentation, indirect blocks, and the like\n"
948- msgstr ""
949--" -a, --all ディレクトリだけでなく、全てのファイルについて表示す"
950--"る\n"
951--" --apparent-size ディスク使用量だけでなく実際のサイズも表示する。実際"
952--"の\n"
953--" サイズは通常小さくなるが、スパースファイル、内部フ"
954--"ラ\n"
955--" グメンテーション、間接ブロックなどの理由で大きくな"
956--"る\n"
957-+" -a, --all ディレクトリだけでなく、全てのファイルについて表示する\n"
958-+" --apparent-size ディスク使用量ではなく実際のサイズを表示する。実際の\n"
959-+" サイズは通常小さくなるが、スパースファイル、内部フラ\n"
960-+" グメンテーション、間接ブロックなどの理由で大きくなる\n"
961- " こともある。\n"
962-
963- #: src/du.c:278
964--#, fuzzy
965- msgid ""
966- " -B, --block-size=SIZE scale sizes by SIZE before printing them. E.g.,\n"
967- " '-BM' prints sizes in units of 1,048,576 bytes.\n"
968-@@ -3787,11 +3751,10 @@ msgid ""
969- " -D, --dereference-args dereference only symlinks that are listed on the\n"
970- " command line\n"
971- msgstr ""
972--" -B, --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: `-BM' は表示する時"
973--"に\n"
974--" 1,048,576 バイトの倍数としてサイズを表示する\n"
975--" -b, --bytes `--apparent-size --block-size=1' と同様\n"
976--" -c, --total 総合計容量を表示する\n"
977-+" -B, --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: '-BM' は\n"
978-+" 1,048,576 バイト単位でサイズを表示する\n"
979-+" -b, --bytes '--apparent-size --block-size=1' と同じ\n"
980-+" -c, --total 総合計量を表示する\n"
981- " -D, --dereference-args コマンドラインで指定されたシンボリック\n"
982- " のみをたどる\n"
983-
984-@@ -3865,7 +3828,6 @@ msgstr ""
985- " --max-depth=0 は --summarize と等価になる\n"
986-
987- #: src/du.c:317
988--#, fuzzy
989- msgid ""
990- " --time show time of the last modification of any file in "
991- "the\n"
992-@@ -3876,15 +3838,13 @@ msgid ""
993- " full-iso, long-iso, iso, +FORMAT\n"
994- " FORMAT is interpreted like 'date'\n"
995- msgstr ""
996--" --time ディレクトリまたはその子ディレクトリに含まれる全て\n"
997--" のファイルの最終更新時間を表示する\n"
998--" --time=WORD 更新時間の代わりに WORD の時間を表示する。WORD の\n"
999--" 候補は次の通り:\n"
1000--" atime、access、use、ctime または status\n"
1001--" --time-style=STYLE 時間を STYLE の形式で表示する。STYLE の候補は\n"
1002--" 次の通り:\n"
1003--" full-iso、long-iso、iso、+FORMAT\n"
1004--" FORMAT は `date' と同様に解釈される\n"
1005-+" --time ディレクトリとその子ディレクトリに含まれる全て\n"
1006-+" のファイルの、最終更新時間を表示する\n"
1007-+" --time=WORD 更新時間の代わりに WORD の時間を表示する。WORD には\n"
1008-+" 次を指定できる: atime, access, use, ctime, status\n"
1009-+" --time-style=STYLE 時間を STYLE の形式で表示する。STYLE には\n"
1010-+" 次を指定できる: full-iso, long-iso, iso, +FORMAT\n"
1011-+" FORMAT は 'date' と同様に解釈される\n"
1012-
1013- #: src/du.c:596
1014- #, c-format
1015-@@ -4084,8 +4044,8 @@ msgid ""
1016- "With no FILE, or when FILE is -, read standard input.\n"
1017- "\n"
1018- msgstr ""
1019--"各 FILE のタブをスペースに変換し、標準出力に書き出します。 FILE が指定\n"
1020--"されていないか `-' の場合は標準入力から読み込みます。\n"
1021-+"各 FILE のタブをスペースに変換し、標準出力に書き出します。\n"
1022-+"FILE が指定されていないか - の場合は標準入力から読み込みます。\n"
1023- "\n"
1024-
1025- #: src/expand.c:115
1026-@@ -4224,15 +4184,14 @@ msgstr ""
1027- " length STRING STRING の長さ\n"
1028-
1029- #: src/expr.c:251
1030--#, fuzzy
1031- msgid ""
1032- " + TOKEN interpret TOKEN as a string, even if it is a\n"
1033- " keyword like 'match' or an operator like '/'\n"
1034- "\n"
1035- " ( EXPRESSION ) value of EXPRESSION\n"
1036- msgstr ""
1037--" + TOKEN TOKEN が `match' のようなキーワードや `/' の\n"
1038--" ような演算子であって文字列として解釈.\n"
1039-+" + TOKEN TOKEN が 'match' のようなキーワードや '/' の\n"
1040-+" ような演算子であっても、文字列として解釈する\n"
1041- "\n"
1042- " ( 式 ) 式の値\n"
1043-
1044-@@ -4479,22 +4438,22 @@ msgstr ""
1045- "があります) に関して表示します。\n"
1046-
1047- #: src/groups.c:105 src/id.c:224
1048--#, fuzzy, c-format
1049-+#, c-format
1050- msgid "cannot get real UID"
1051--msgstr "ユーザ ID を設定できません"
1052-+msgstr "実 UID を取得できません"
1053-
1054- #: src/groups.c:110 src/id.c:232
1055--#, fuzzy, c-format
1056-+#, c-format
1057- msgid "cannot get effective GID"
1058--msgstr "%s を参照できません"
1059-+msgstr "実効 GID を取得できません"
1060-
1061- #: src/groups.c:115 src/id.c:237
1062--#, fuzzy, c-format
1063-+#, c-format
1064- msgid "cannot get real GID"
1065--msgstr "ユーザ ID を設定できません"
1066-+msgstr "実 GID を取得できません"
1067-
1068- #: src/groups.c:128 src/id.c:197
1069--#, fuzzy, c-format
1070-+#, c-format
1071- msgid "%s: no such user"
1072- msgstr "%s: そのようなユーザは存在しません"
1073-
1074-@@ -4511,7 +4470,6 @@ msgstr ""
1075- "\n"
1076-
1077- #: src/head.c:118
1078--#, fuzzy
1079- msgid ""
1080- " -c, --bytes=[-]K print the first K bytes of each file;\n"
1081- " with the leading '-', print all but the last\n"
1082-@@ -4520,14 +4478,10 @@ msgid ""
1083- " with the leading '-', print all but the last\n"
1084- " K lines of each file\n"
1085- msgstr ""
1086--" -c, --bytes=[-]K 各ファイルの先頭 K バイトを表示する。前に `-' があ"
1087--"る場合、\n"
1088--" 各ファイルの最後の K バイトを除いた全てを表示す"
1089--"る\n"
1090--" -n, --lines=[-]K 先頭10行の代わりに各ファイルの先頭 K 行を表示す"
1091--"る。前に\n"
1092--" `-' がある場合、各ファイルの最後の K 行を除いた"
1093--"全てを\n"
1094-+" -c, --bytes=[-]K 各ファイルの先頭 K バイトを表示する。前に '-' がある場合、\n"
1095-+" 各ファイルの最後の K バイトを除いた全てを表示する\n"
1096-+" -n, --lines=[-]K 先頭10行の代わりに各ファイルの先頭 K 行を表示する。前に\n"
1097-+" '-' がある場合、各ファイルの最後の K 行を除いた全てを\n"
1098- " 表示する\n"
1099-
1100- #: src/head.c:126
1101-@@ -4715,9 +4669,9 @@ msgid "cannot print only names or real IDs in default format"
1102- msgstr "標準の形式では, 名前または ID だけを表示することはできません"
1103-
1104- #: src/id.c:215
1105--#, fuzzy, c-format
1106-+#, c-format
1107- msgid "cannot get effective UID"
1108--msgstr "%s を参照できません"
1109-+msgstr "実効 UID を取得できません"
1110-
1111- #: src/id.c:280
1112- #, c-format
1113-@@ -5007,7 +4961,6 @@ msgstr ""
1114- " -e EMPTY 入力フィールドが存在しない場合 EMPTY で置き換える\n"
1115-
1116- #: src/join.c:200
1117--#, fuzzy
1118- msgid ""
1119- " -i, --ignore-case ignore differences in case when comparing fields\n"
1120- " -j FIELD equivalent to '-1 FIELD -2 FIELD'\n"
1121-@@ -5015,9 +4968,9 @@ msgid ""
1122- " -t CHAR use CHAR as input and output field separator\n"
1123- msgstr ""
1124- " -i, --ignore-case フィールドを比較する時に大文字と小文字の違いを無視する\n"
1125--" -j FIELD `-1 FIELD -2 FIELD' と同等\n"
1126--" -o FORMAT 出力行生成時に FORMAT に従う\n"
1127--" -t CHAR 入出力区切り文字として CHAR を使用する\n"
1128-+" -j FIELD '-1 FIELD -2 FIELD' と同等\n"
1129-+" -o FORMAT 出力行の生成を FORMAT に基づいて行う\n"
1130-+" -t CHAR 入出力のフィールドの区切り文字として CHAR を使用する\n"
1131-
1132- #: src/join.c:206
1133- msgid ""
1134-@@ -5040,7 +4993,6 @@ msgstr ""
1135- " 表示を行う\n"
1136-
1137- #: src/join.c:218
1138--#, fuzzy
1139- msgid ""
1140- "\n"
1141- "Unless -t CHAR is given, leading blanks separate fields and are ignored,\n"
1142-@@ -5059,27 +5011,19 @@ msgid ""
1143- "warning message will be given.\n"
1144- msgstr ""
1145- "\n"
1146--"-t CHAR が与えられない限り、先導する空白がフィールドを分離し、無視されま"
1147--"す。\n"
1148--"そうでない場合はフィールドは CHAR によって分離されます。全ての FIELD は 1 か"
1149--"ら\n"
1150--"始まるフィールド番号です。 FORMAT は一つ以上のコンマ (,) または空白で区切られ"
1151--"た\n"
1152--"フィールド指定で `FILENUM.FIELD' または `0' です。デフォルトの FORMAT では結"
1153--"合された\n"
1154--"フィールド、 FILE1 の残ったフィールド、FILE2 の残ったフィールドを CHAR で区"
1155--"切って\n"
1156--"出力します。FORMAT が 'auto' という予約語の場合、各ファイルの最初の行によって"
1157--"各行の\n"
1158-+"-t CHAR が与えられない限り、空白がフィールドを分離し、先頭の空白は無視されます。\n"
1159-+"そうでない場合はフィールドは CHAR によって分離されます。全ての FIELD は 1 から\n"
1160-+"始まるフィールド番号です。 FORMAT は一つ以上のコンマ (,) または空白で区切られた\n"
1161-+"フィールド指定で 'FILENUM.FIELD' または '0' です。デフォルトの FORMAT では結合された\n"
1162-+"フィールド、 FILE1 の残ったフィールド、FILE2 の残ったフィールドを CHAR で区切って\n"
1163-+"出力します。FORMAT が 'auto' という予約語の場合、各ファイルの最初の行によって各行の\n"
1164- "出力されるフィールドの数が決定されます。\n"
1165- "\n"
1166--"重要: FILE1 および FILE2 は結合するフィールドに関してソートされていなければい"
1167--"けません。\n"
1168--"例えば、`join' にオプションを指定しないときは ` sort -k 1b,1 ' を使用し、\n"
1169--" `sort' にオプションを指定しないときは ` join -t '' ' を使用します。\n"
1170--"備考として、比較の優先順位は `LC_COLLATE' で指定された規則に基づきます。\n"
1171--"もし入力がソートされていなく、いくつかの行が結合できない場合は、警告メッセー"
1172--"ジが\n"
1173-+"重要: FILE1 と FILE2 は結合するフィールドに関してソートされていなければいけません。\n"
1174-+"例えば、'join' にオプションを指定しないときは \"sort -k 1b,1\" を使用し、\n"
1175-+" 'sort' にオプションを指定しないときは \"join -t ''\" を使用します。\n"
1176-+"備考として、比較の優先順位は 'LC_COLLATE' で指定された規則に基づきます。\n"
1177-+"もし入力がソートされておらず、いくつかの行が結合できない場合は、警告メッセージが\n"
1178- "表示されます。\n"
1179-
1180- #: src/join.c:403
1181-@@ -5157,7 +5101,6 @@ msgstr ""
1182- " -t, --table シグナル情報の一覧表を表示\n"
1183-
1184- #: src/kill.c:97
1185--#, fuzzy
1186- msgid ""
1187- "\n"
1188- "SIGNAL may be a signal name like 'HUP', or a signal number like '1',\n"
1189-@@ -5165,9 +5108,9 @@ msgid ""
1190- "PID is an integer; if negative it identifies a process group.\n"
1191- msgstr ""
1192- "\n"
1193--"SIGNAL は `HUP' のようなシグナル名や `1' のようなシグナル番号、または\n"
1194--"シグナルによって終了されたプロセスの終了状態です。\n"
1195--"PID は整数です。負の場合はプロセスグループを示します。\n"
1196-+"SIGNAL には 'HUP' のようなシグナル名、'1' のようなシグナル番号、\n"
1197-+"シグナルによって終了されたプロセスの終了ステータスを指定できます。\n"
1198-+"PID は整数です。負の場合はプロセスグループ ID を示します。\n"
1199-
1200- #: src/kill.c:206
1201- #, c-format
1202-@@ -5296,7 +5239,6 @@ msgstr ""
1203- "または: %s [OPTION]... -t DIRECTORY TARGET... (4番目の形式)\n"
1204-
1205- #: src/ln.c:381
1206--#, fuzzy
1207- msgid ""
1208- "In the 1st form, create a link to TARGET with the name LINK_NAME.\n"
1209- "In the 2nd form, create a link to TARGET in the current directory.\n"
1210-@@ -5310,13 +5252,14 @@ msgid ""
1211- msgstr ""
1212- "1番目の形式では TARGET に対する LINK_NAME という名前のリンクを作成します。\n"
1213- "2番目の形式では TARGET に対するリンクを現在のディレクトリに作成します。\n"
1214--"3番目と4番目の形式では各 TARGET に対するリンクを DIRECTORY の作成します。\n"
1215--"デフォルトではハードリンクが作成されます。--symbolic を使用するとシンボリッ"
1216--"ク\n"
1217--"リンクが作成されます。ハードリンクを作成する場合は TARGET が存在しなければ\n"
1218-+"3番目と4番目の形式では、各 TARGET に対するリンクを DIRECTORY の作成します。\n"
1219-+"デフォルトではハードリンクが作成されます。--symbolic を使用すると\n"
1220-+"シンボリックリンクが作成されます。\n"
1221-+"デフォルトでは、作成先 (新しいリンクの名前) は存在していてはいけません。\n"
1222-+"ハードリンクを作成する場合は TARGET が存在しなければ\n"
1223- "いけません。シンボリックリンクは任意のテキストを保持することが出来ます。\n"
1224--"後で解決された時相対的なリンクは親ディレクトリに対する物として解釈されま"
1225--"す。\n"
1226-+"後でシンボリックリンクを辿る際に、相対的なリンクは親ディレクトリに対する\n"
1227-+"ものとして解釈されます。\n"
1228- "\n"
1229-
1230- #: src/ln.c:395
1231-@@ -5331,19 +5274,14 @@ msgid ""
1232- "superuser)\n"
1233- " -f, --force remove existing destination files\n"
1234- msgstr ""
1235--" --backup[=CONTROL] 対象ファイルが存在する時にバックアップを作成す"
1236--"る\n"
1237-+" --backup[=CONTROL] 対象ファイルが存在する時にバックアップを作成する\n"
1238- " -b --backup と同様だが引数を取らない\n"
1239--" -d, -F, --directory スーパーユーザがディレクトリに対するハードリン"
1240--"ク\n"
1241--" を作成することを許可する。(備考: スーパーユー"
1242--"ザ\n"
1243--" であってもシステムの制限で失敗することがあ"
1244--"る)\n"
1245-+" -d, -F, --directory スーパーユーザがディレクトリに対するハードリンク\n"
1246-+" を作成することを許可する。(備考: スーパーユーザ\n"
1247-+" であってもシステムの制限で失敗することがある)\n"
1248- " -f, --force 対象ファイルが存在する時に削除する\n"
1249-
1250- #: src/ln.c:403
1251--#, fuzzy
1252- msgid ""
1253- " -i, --interactive prompt whether to remove destinations\n"
1254- " -L, --logical dereference TARGETs that are symbolic links\n"
1255-@@ -5354,20 +5292,15 @@ msgid ""
1256- "location\n"
1257- " -s, --symbolic make symbolic links instead of hard links\n"
1258- msgstr ""
1259--" -i, --interactive 対象を削除するかどうか確認メッセージを表示す"
1260--"る\n"
1261--" -L, --logical シンボリックリンク参照先へのハードリンクを作成"
1262--"する\n"
1263--" -n, --no-dereference 対象がディレクトリに対するシンボリックリンクの"
1264--"場合\n"
1265--" 通常ファイルに対する物のように扱う\n"
1266--" -P, --physical シンボリックリンク自体へのハードリンクを作成す"
1267--"る\n"
1268--" -s, --symbolic ハードリンクの代わりにシンボリックリンクを作成"
1269--"する\n"
1270-+" -i, --interactive 対象を削除するかどうか確認メッセージを表示する\n"
1271-+" -L, --logical TARGET がシンボリックリンクの場合リンクを辿る\n"
1272-+" -n, --no-dereference 対象がディレクトリに対するシンボリックリンクの場合\n"
1273-+" 通常ファイルに対するリンクとして扱う\n"
1274-+" -P, --physical シンボリックリンク自体へのハードリンクを作成する\n"
1275-+" -r, --relative リンクの場所からの相対パスのシンボリックリンクを作成する\n"
1276-+" -s, --symbolic ハードリンクの代わりにシンボリックリンクを作成する\n"
1277-
1278- #: src/ln.c:412
1279--#, fuzzy
1280- msgid ""
1281- " -S, --suffix=SUFFIX override the usual backup suffix\n"
1282- " -t, --target-directory=DIRECTORY specify the DIRECTORY in which to "
1283-@@ -5376,15 +5309,12 @@ msgid ""
1284- " -T, --no-target-directory treat LINK_NAME as a normal file always\n"
1285- " -v, --verbose print name of each linked file\n"
1286- msgstr ""
1287--" -S, --suffix=SUFFIX バックアップ接尾子を SUFFIX にする\n"
1288--" -t, --target-directory=DIRECTORY リンクを作成するディレクトリを DIRECTORY "
1289--"に\n"
1290--" する\n"
1291--" -T, --no-target-directory LINK_NAME を通常ファイルとして扱う\n"
1292-+" -S, --suffix=SUFFIX バックアップ接尾辞を SUFFIX にする\n"
1293-+" -t, --target-directory=DIRECTORY DIRECTORY にリンクを作成する\n"
1294-+" -T, --no-target-directory 常に LINK_NAME を通常ファイルとして扱う\n"
1295- " -v, --verbose リンクを作成した時にファイル名を表示する\n"
1296-
1297- #: src/ln.c:428
1298--#, fuzzy
1299- msgid ""
1300- " none, off never make backups (even if --backup is given)\n"
1301- " numbered, t make numbered backups\n"
1302-@@ -5394,21 +5324,18 @@ msgid ""
1303- msgstr ""
1304- " none, off バックアップを作成しない (--backup を付けた時でも)\n"
1305- " numbered, t 番号付きバックアップを作成する\n"
1306--" existing, nil 番号付きバックアップがあれば番号付き、\n"
1307--" そうでなければ、simple で作成する\n"
1308-+" existing, nil 番号付きバックアップがあれば番号付き、なければ simple で作成する\n"
1309- " simple, never 常に簡易バックアップを作成\n"
1310-
1311- #: src/ln.c:435
1312--#, fuzzy, c-format
1313-+#, c-format
1314- msgid ""
1315- "Using -s ignores -L and -P. Otherwise, the last option specified controls\n"
1316- "behavior when a TARGET is a symbolic link, defaulting to %s.\n"
1317- msgstr ""
1318--"-s を使用した時は -L および -P は無視されます。それ以外の場合、元ファイルがシ"
1319--"ンボリック\n"
1320--"リンクの場合は最後に指定したオプションで動作が制御されます。デフォルトは %s "
1321--"です。\n"
1322--"\n"
1323-+"-s を使用した時は -L および -P は無視されます。それ以外の場合、TAREGT が\n"
1324-+"シンボリックリンクの場合は最後に指定したオプションが効果を持ちます。\n"
1325-+"デフォルトは %s です。\n"
1326-
1327- #: src/ln.c:554
1328- #, c-format
1329-@@ -5417,14 +5344,14 @@ msgstr ""
1330- "--target-directory および --no-target-directory は組み合わせて使用できません"
1331-
1332- #: src/ln.c:588
1333--#, fuzzy, c-format
1334-+#, c-format
1335- msgid "cannot do --relative without --symbolic"
1336--msgstr "シンボリックリンク %s を作成できません"
1337-+msgstr "--symbolic なしでは --relative は使用できません"
1338-
1339- #. This is a proper name. See the gettext manual, section Names.
1340- #: src/logname.c:30
1341- msgid "FIXME: unknown"
1342--msgstr "FIXME: unknown"
1343-+msgstr "FIXME: 不詳"
1344-
1345- #: src/logname.c:39 src/sync.c:40
1346- #, c-format
1347-@@ -5491,13 +5418,12 @@ msgid "invalid time style format %s"
1348- msgstr "無効な時刻書式です: %s"
1349-
1350- #: src/ls.c:2057
1351--#, fuzzy
1352- msgid "Valid arguments are:\n"
1353--msgstr "有効な引数:"
1354-+msgstr "有効な引数:\n"
1355-
1356- #: src/ls.c:2061
1357- msgid " - +FORMAT (e.g., +%H:%M) for a 'date'-style format\n"
1358--msgstr ""
1359-+msgstr " - +FORMAT (例: +%H:%M) ('date' と同じ形式)\n"
1360-
1361- #: src/ls.c:2096
1362- #, c-format
1363-@@ -5571,7 +5497,6 @@ msgstr ""
1364- "を表示する\n"
1365-
1366- #: src/ls.c:4741
1367--#, fuzzy
1368- msgid ""
1369- " --block-size=SIZE scale sizes by SIZE before printing them. E."
1370- "g.,\n"
1371-@@ -5584,21 +5509,16 @@ msgid ""
1372- " with -l: show ctime and sort by name\n"
1373- " otherwise: sort by ctime, newest first\n"
1374- msgstr ""
1375--" --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: `--block-size=M' "
1376--"は\n"
1377--" 表示する時に 1,048,576 バイトの倍数としてサイ"
1378--"ズを\n"
1379-+" --block-size=SIZE SIZE の倍数として表示する。例: '--block-size=M' は\n"
1380-+" 表示する時に 1,048,576 バイトを単位としてサイズを\n"
1381- " 表示する。SIZE の形式は以下を参照\n"
1382- " -B, --ignore-backups ~ で終了する要素を一覧表示しない\n"
1383--" -c -lt と使用した場合: ctime (ファイル状態情報を変"
1384--"更した時間)\n"
1385-+" -c -lt と使用した場合: ctime (ファイル状態情報を変更した時間)\n"
1386- " で並べ替えて表示する\n"
1387--" -l と使用した場合: 名前で並べ替えて ctime を表"
1388--"示する\n"
1389--" それ以外: ctime で新しい順に並べ替える\n"
1390-+" -l と使用した場合: 名前で並べ替えて ctime を表示する\n"
1391-+" それ以外の場合: ctime で新しい順に並べ替える\n"
1392-
1393- #: src/ls.c:4751
1394--#, fuzzy
1395- msgid ""
1396- " -C list entries by columns\n"
1397- " --color[=WHEN] colorize the output. WHEN defaults to "
1398-@@ -5610,17 +5530,13 @@ msgid ""
1399- " -D, --dired generate output designed for Emacs' dired mode\n"
1400- msgstr ""
1401- " -C 要素を列ごとに並べる\n"
1402--" --color[=WHEN] カラー出力をする。 WHEN のデフォルト値は "
1403--"`always'、\n"
1404--" `never' または `auto'。詳細は下部を参照\n"
1405--" -d, --directory ディレクトリの中身の代わりにディレクトリ自身を一"
1406--"覧表示する。\n"
1407--" このときにはシンボリックリンクを辿らない\n"
1408--" -D, --dired Emacs の dired モード用に設計された出力を生成す"
1409--"る\n"
1410-+" --color[=WHEN] カラー出力をする。 WHEN のデフォルト値は 'always'、\n"
1411-+" 'never' または 'auto'。詳細は下記を参照\n"
1412-+" -d, --directory ディレクトリの内容ではなくディレクトリ自身を一覧表示する。\n"
1413-+" また、シンボリックリンクも辿らない\n"
1414-+" -D, --dired Emacs の dired モード用の出力を生成する\n"
1415-
1416- #: src/ls.c:4759
1417--#, fuzzy
1418- msgid ""
1419- " -f do not sort, enable -aU, disable -ls --color\n"
1420- " -F, --classify append indicator (one of */=>@|) to entries\n"
1421-@@ -5629,15 +5545,11 @@ msgid ""
1422- " single-column -1, verbose -l, vertical -C\n"
1423- " --full-time like -l --time-style=full-iso\n"
1424- msgstr ""
1425--" -f ソートしない。 -aU が有効、 -ls --color が無効に"
1426--"なる\n"
1427--" -F, --classify 要素に識別子 (*/=>@| のうちの一つ) を加えて出力"
1428--"する\n"
1429--" --file-type 上と同様だが `*' を加えない\n"
1430--" --format=WORD across は -x、 commas は -m、 horizontal は -"
1431--"x、 long は -l、\n"
1432--" single-column は -1、 verbose は -l、 "
1433--"vertical は -C\n"
1434-+" -f ソートしない。 -aU が有効になり、 -ls --color が無効になる\n"
1435-+" -F, --classify タイプ識別子 (*/=>@| のうちの一つ) を付けて出力する\n"
1436-+" --file-type 上と同様だが '*' を付与しない\n"
1437-+" --format=WORD WORD が across は -x, commas は -m, horizontal は -x, long は -l,\n"
1438-+" single-column は -1, verbose は -l, vertical は -C と同じ\n"
1439- " --full-time -l --time-style=full-iso と同様\n"
1440-
1441- #: src/ls.c:4767
1442-@@ -5696,7 +5608,6 @@ msgstr ""
1443- " (-a または -A で上書きされる)\n"
1444-
1445- #: src/ls.c:4792
1446--#, fuzzy
1447- msgid ""
1448- " --indicator-style=WORD append indicator with style WORD to entry "
1449- "names:\n"
1450-@@ -5707,13 +5618,12 @@ msgid ""
1451- "PATTERN\n"
1452- " -k, --kibibytes use 1024-byte blocks\n"
1453- msgstr ""
1454--" --indicator-style=WORD 要素の名前に WORD 形式の識別子を加える:\n"
1455-+" --indicator-style=WORD 要素の名前に WORD で指定した形式の識別子を加える:\n"
1456- " none (デフォルト)、 slash (-p)、\n"
1457- " file-type (--file-type)、 classify (-F)\n"
1458- " -i, --inode 各ファイルの i ノード番号を表示する\n"
1459--" -I, --ignore=PATTERN シェル形式の PATTERN に一致する要素は表示しな"
1460--"い\n"
1461--" -k --block-size=1K と同様\n"
1462-+" -I, --ignore=PATTERN シェル形式の PATTERN に一致する要素は表示しない\n"
1463-+" -k ブロックサイズとして 1024 バイトを使用する\n"
1464-
1465- #: src/ls.c:4802
1466- msgid ""
1467-@@ -5749,7 +5659,6 @@ msgstr ""
1468- " ディレクトリに対して識別子 / を加えて表示する\n"
1469-
1470- #: src/ls.c:4818
1471--#, fuzzy
1472- msgid ""
1473- " -q, --hide-control-chars print ? instead of non graphic characters\n"
1474- " --show-control-chars show non graphic characters as-is (default\n"
1475-@@ -5761,13 +5670,11 @@ msgid ""
1476- "escape\n"
1477- msgstr ""
1478- " -q, --hide-control-chars 表示不可能な文字を ? に置き換える\n"
1479--" --show-control-chars 表示不可能な文字をそのまま表示 (プログラムが\n"
1480--" `ls' でなかったり出力が端末でない場合の初期状"
1481--"態)\n"
1482--" -Q, --quote-name ファイル名をダブルクォート(\")で囲む\n"
1483--" --quoting-style=WORD 項目名のクォートに WORD 文字を使う:\n"
1484--" literal, locale, shell, shell-always, c, "
1485--"escape\n"
1486-+" --show-control-chars 表示不可能な文字をそのまま表示 (プログラムが 'ls' で\n"
1487-+" なかったり出力が端末でない場合はこれがデフォルト)\n"
1488-+" -Q, --quote-name ファイル名をダブルクォート (\") で囲む\n"
1489-+" --quoting-style=WORD 項目名のクォートを WORD で指定された形式で行う:\n"
1490-+" literal, locale, shell, shell-always, c, escape\n"
1491-
1492- #: src/ls.c:4827
1493- msgid ""
1494-@@ -5804,7 +5711,6 @@ msgstr ""
1495- " 指定した時間が使用される\n"
1496-
1497- #: src/ls.c:4842
1498--#, fuzzy
1499- msgid ""
1500- " --time-style=STYLE with -l, show times using style STYLE:\n"
1501- " full-iso, long-iso, iso, locale, +FORMAT.\n"
1502-@@ -5815,17 +5721,13 @@ msgid ""
1503- " if STYLE is prefixed with 'posix-', STYLE\n"
1504- " takes effect only outside the POSIX locale\n"
1505- msgstr ""
1506--" --time-style=STYLE -l と併せて使用し、次の STYLE 形式で時間を表示す"
1507--"る:\n"
1508-+" --time-style=STYLE -l と併せて使用し、次の STYLE 形式で時間を表示する:\n"
1509- " full-iso, long-iso, iso, locale, +FORMAT。\n"
1510--" FORMAT は `date' と同様に解釈される。FORMAT が\n"
1511--" FORMAT1<newline>FORMAT2 となっている場合、"
1512--"FORMAT1 はファイル\n"
1513--" から離れた側に表示され、 FORMAT2 はファイル側に"
1514--"表示される。\n"
1515--" STYLE の接頭辞に `posix-' をつけた場合、 STYLE "
1516--"は POSIX ロケール\n"
1517--" では無い場合にのみ効果がある\n"
1518-+" FORMAT は 'date' と同様に解釈される。FORMAT が\n"
1519-+" FORMAT1<newline>FORMAT2 となっている場合、FORMAT1 はファイル\n"
1520-+" から離れた側に表示され、 FORMAT2 はファイル側に表示される。\n"
1521-+" STYLE の接頭辞として 'posix-' をつけた場合、 POSIX ロケール\n"
1522-+" ではない場合にのみ STYLE が効果を持つ\n"
1523-
1524- #: src/ls.c:4851
1525- msgid ""
1526-@@ -5979,7 +5881,7 @@ msgstr ""
1527- "で終了する\n"
1528-
1529- #: src/md5sum.c:203
1530--#, fuzzy, c-format
1531-+#, c-format
1532- msgid ""
1533- "\n"
1534- "The sums are computed as described in %s. When checking, the input\n"
1535-@@ -5988,11 +5890,10 @@ msgid ""
1536- "space for text), and name for each FILE.\n"
1537- msgstr ""
1538- "\n"
1539--"チェックサムは %s に記されている通りに計算されます。照合の際に入力\n"
1540--"するファイルはこのプログラムによって出力された形式でなければなりません。\n"
1541--"特にオプションを指定しないで実行した場合には、それぞれのファイル毎に\n"
1542--"チェックサム、入力モードの印(バイナリには `*', テキストには ` ')、 \n"
1543--"およびファイル名を表示します。\n"
1544-+"チェックサムは %s に記載されている通りに計算されます。照合の際に、\n"
1545-+"入力はこのプログラムによって出力された形式でなければなりません。\n"
1546-+"デフォルトの動作では、各行は、チェックサム、入力モードを示す文字 (バイナリの場合は '*'、\n"
1547-+"テキストの場合はスペース)、ファイル名で構成されます。\n"
1548-
1549- #: src/md5sum.c:502
1550- #, c-format
1551-@@ -6237,17 +6138,15 @@ msgid "Usage: %s [OPTION]... [TEMPLATE]\n"
1552- msgstr "使用法: %s [OPTION]... [TEMPLATE]\n"
1553-
1554- #: src/mktemp.c:69
1555--#, fuzzy
1556- msgid ""
1557- "Create a temporary file or directory, safely, and print its name.\n"
1558- "TEMPLATE must contain at least 3 consecutive 'X's in last component.\n"
1559- "If TEMPLATE is not specified, use tmp.XXXXXXXXXX, and --tmpdir is implied.\n"
1560- msgstr ""
1561--"一時ファイルまたはディレクトリを安全に作成し、その名前を表示します。TEMPLATE "
1562--"文字列\n"
1563--"は最後に連続した `X' を最低 3 個は含まなければいけません。 TEMPLATE が指定さ"
1564--"れない\n"
1565--"場合、tmp.XXXXXXXXXX が使用され、 --tmpdir は暗黙的な値となります。\n"
1566-+"一時ファイルまたは一時ディレクトリを安全に作成し、その名前を表示します。\n"
1567-+"TEMPLATE 文字列は最後に連続した 'X' を最低 3 個は含まなければいけません。\n"
1568-+"TEMPLATE が指定されない場合、tmp.XXXXXXXXXX が使用され、\n"
1569-+"--tmpdir が暗黙のうちに指定されます。\n"
1570-
1571- #: src/mktemp.c:74
1572- msgid ""
1573-@@ -6288,19 +6187,12 @@ msgid ""
1574- " Unlike with -t, TEMPLATE may contain slashes, but\n"
1575- " mktemp creates only the final component\n"
1576- msgstr ""
1577--" --tmpdir[=DIR] TEMPLATE を DIR に対する相対パスとして扱う。DIR が指"
1578--"定\n"
1579--" されていない場合、$TMPDIR が設定されていれば使用され"
1580--"る。\n"
1581--" それ以外は /tmp が使用される。このオプションを使用す"
1582--"る\n"
1583--" 場合、 TEMPLATE は絶対パスであってはならない。 -t と"
1584--"異\n"
1585--" なり、 TEMPLATE にはスラッシュ (/) を含んでも良い。し"
1586--"か\n"
1587--" し、mktemp は末端の要素のみ作成し、途中のディレクトリ"
1588--"を\n"
1589--" 作成しない。\n"
1590-+" --tmpdir[=DIR] TEMPLATE を DIR に対する相対パスとして扱う。DIR が指定\n"
1591-+" されていない場合、設定されていれば $TMPDIR が使用され、\n"
1592-+" 設定されていなければ /tmp が使用される。\n"
1593-+" このオプションを使用する場合、 TEMPLATE は絶対パスであってはならない。\n"
1594-+" -t と異なり、 TEMPLATE にはスラッシュ (/) を含めることができるが、\n"
1595-+" mktemp は最後の要素のみ作成し、途中のディレクトリは作成しない。\n"
1596-
1597- #: src/mktemp.c:95
1598- msgid ""
1599-@@ -6475,7 +6367,7 @@ msgid ""
1600- "\n"
1601- msgstr ""
1602- "指定したそれぞれのファイルに行番号を付け足して標準出力に書き込みます。\n"
1603--"ファイルを指定しないか `-' を指定した場合には標準入力から読み込みます。\n"
1604-+"ファイルを指定しないか、ファイルに - を指定した場合には標準入力から読み込みます。\n"
1605- "\n"
1606-
1607- #: src/nl.c:194
1608-@@ -6526,8 +6418,8 @@ msgstr ""
1609- "\n"
1610- "オプションの指定が無ければ、プログラムは -v1 -i1 -l1 -sTAB -w6 -nrn -hn \n"
1611- "-bt -fn として動作します。 CC 値は 論理ページの区切り記号を指定するための\n"
1612--"2 つの文字です。2つめの文字が指定されない場合には暗黙に : が指定されます。\n"
1613--"`\\\\' を 指定したければ, `\\\\' を使うようにしてください。\n"
1614-+"2 つの文字です。2 つめの文字が指定されない場合には暗黙に : が指定されます。\n"
1615-+"'\\' を 指定したければ, '\\\\' を使うようにしてください。\n"
1616- "STYLE は以下のうちの 1 つを指定します。\n"
1617-
1618- #: src/nl.c:219
1619-@@ -6628,7 +6520,7 @@ msgstr ""
1620- "\n"
1621-
1622- #: src/nohup.c:65
1623--#, fuzzy, c-format
1624-+#, c-format
1625- msgid ""
1626- "\n"
1627- "If standard input is a terminal, redirect it from /dev/null.\n"
1628-@@ -6639,12 +6531,10 @@ msgid ""
1629- msgstr ""
1630- "\n"
1631- "標準入力が端末の場合、 /dev/null からリダイレクトされます。\n"
1632--"標準出力が端末の場合、可能なら `nohup.out' に出力が追加されます。不可能な場合"
1633--"は\n"
1634--"`$HOME/nohup.out' に出力が追加されます。\n"
1635--"標準エラー出力が端末の場合、標準出力にリダイレクトされます。出力を FILE に保"
1636--"存\n"
1637--"したい場合は `%s COMMAND > FILE' を使用してください。\n"
1638-+"標準出力が端末の場合、出力は、可能であれば 'nohup.out' に、\n"
1639-+"そうでなければ '$HOME/nohup.out' に追加されます。\n"
1640-+"標準エラー出力が端末の場合、標準出力にリダイレクトされます。\n"
1641-+"出力を FILE に保存したい場合は '%s COMMAND > FILE' を使用してください。\n"
1642-
1643- #: src/nohup.c:127
1644- #, c-format
1645-@@ -6765,7 +6655,6 @@ msgstr ""
1646- " -j, --skip-bytes=BYTES ファイルの先頭より BYTES 分スキップする\n"
1647-
1648- #: src/od.c:314
1649--#, fuzzy
1650- msgid ""
1651- " -N, --read-bytes=BYTES limit dump to BYTES input bytes\n"
1652- " -S BYTES, --strings[=BYTES] output strings of at least BYTES graphic "
1653-@@ -6775,13 +6664,12 @@ msgid ""
1654- " -w[BYTES], --width[=BYTES] output BYTES bytes per output line\n"
1655- " --traditional accept arguments in traditional form\n"
1656- msgstr ""
1657--" -N, --read-bytes=BYTES ダンプするファイルの大きさを BYTES に制限する\n"
1658--" -S, --strings[=BYTES] 表示可能な BYTES 以上の長さを持つ文字列を出力す"
1659--"る\n"
1660-+" -N, --read-bytes=BYTES ダンプする範囲を入力の先頭 BYTES バイト分に限定する\n"
1661-+" -S BYTES, --strings[=BYTES] BYTES 個以上の印字可能な文字から成る文字列を出力する\n"
1662- " -t, --format=TYPE 出力フォーマットを指定する\n"
1663--" -v, --output-duplicates `*' マークで出力行を省略するのをやめる\n"
1664--" -w, --width[=BYTES] 一行あたりの出力バイト数を BYTES バイトにする\n"
1665--" --traditional 古い POSIX の形式の引数を受け付ける\n"
1666-+" -v, --output-duplicates * マークによる出力行の省略をやめる\n"
1667-+" -w[BYTES], --width[=BYTES] 一行あたりの出力バイト数を BYTES バイトにする\n"
1668-+" --traditional 古くからの形式の引数を受け付ける\n"
1669-
1670- #: src/od.c:324
1671- msgid ""
1672-@@ -6936,9 +6824,9 @@ msgstr ""
1673- "このシステムでは %lu バイト浮動小数点型を扱えません"
1674-
1675- #: src/od.c:822
1676--#, fuzzy, c-format
1677-+#, c-format
1678- msgid "invalid character '%c' in type string %s"
1679--msgstr "型指定文字列 %2$s に無効な文字 `%1$c' が含まれています"
1680-+msgstr "型指定文字列 %2$s に無効な文字 '%1$c' が含まれています"
1681-
1682- #: src/od.c:1048
1683- #, c-format
1684-@@ -6946,11 +6834,11 @@ msgid "cannot skip past end of combined input"
1685- msgstr "入力の終端を越えて読みとばす事はできません"
1686-
1687- #: src/od.c:1604
1688--#, fuzzy, c-format
1689-+#, c-format
1690- msgid "invalid output address radix '%c'; it must be one character from [doxn]"
1691- msgstr ""
1692--"無効な出力アドレスの基数 `%c' が指定されました\n"
1693--" -- doxn のいずれかを指定してください"
1694-+"無効な出力アドレスの基数 '%c' が指定されました\n"
1695-+"[doxn] のいずれかを指定してください"
1696-
1697- #: src/od.c:1730
1698- #, c-format
1699-@@ -6989,7 +6877,7 @@ msgid ""
1700- "\n"
1701- msgstr ""
1702- "FILE の各行から, 一致する行をタブ文字で区切り, 順に標準出力に書き込みます.\n"
1703--"FILE が指定されない, あるいは `-' を指定した場合には標準入力を読み込みます.\n"
1704-+"FILE が指定されない, あるいは '-' を指定した場合には標準入力を読み込みます.\n"
1705- "\n"
1706-
1707- #: src/paste.c:448
1708-@@ -7022,9 +6910,9 @@ msgstr ""
1709- " (-p -P と等価)\n"
1710-
1711- #: src/pathchk.c:170
1712--#, fuzzy, c-format
1713-+#, c-format
1714- msgid "leading '-' in a component of file name %s"
1715--msgstr "ファイル名 %s の要素の先頭に `-' があります"
1716-+msgstr "ファイル名 %s の要素の先頭に '-' があります"
1717-
1718- #: src/pathchk.c:196
1719- #, c-format
1720-@@ -7166,14 +7054,14 @@ msgstr ""
1721- "略\n"
1722-
1723- #: src/pinky.c:520
1724--#, fuzzy, c-format
1725-+#, c-format
1726- msgid ""
1727- "\n"
1728- "A lightweight 'finger' program; print user information.\n"
1729- "The utmp file will be %s.\n"
1730- msgstr ""
1731- "\n"
1732--"軽量 `finger' プログラムです。ユーザ情報を表示します。\n"
1733-+"軽量 'finger' プログラムです。ユーザ情報を表示します。\n"
1734- "utmp ファイルは %s が使用されます。\n"
1735-
1736- #: src/pinky.c:604
1737-@@ -7194,9 +7082,9 @@ msgid "Roland Huebner"
1738- msgstr "Roland Huebner"
1739-
1740- #: src/pr.c:912
1741--#, fuzzy, c-format
1742-+#, c-format
1743- msgid "'--pages=FIRST_PAGE[:LAST_PAGE]' missing argument"
1744--msgstr "`--pages=FIRST_PAGE[:LAST_PAGE]' 引数がありません"
1745-+msgstr "'--pages=FIRST_PAGE[:LAST_PAGE]' 引数がありません"
1746-
1747- #: src/pr.c:914
1748- #, c-format
1749-@@ -7204,29 +7092,29 @@ msgid "invalid page range %s"
1750- msgstr "無効なページ範囲です %s"
1751-
1752- #: src/pr.c:979
1753--#, fuzzy, c-format
1754-+#, c-format
1755- msgid "'-l PAGE_LENGTH' invalid number of lines: %s"
1756--msgstr "`-l PAGE_LENGTH' 無効な行数です: %s"
1757-+msgstr "'-l PAGE_LENGTH' 無効な行数です: %s"
1758-
1759- #: src/pr.c:1003
1760--#, fuzzy, c-format
1761-+#, c-format
1762- msgid "'-N NUMBER' invalid starting line number: %s"
1763--msgstr "`-N NUMBER' 無効な開始行番号です: %s"
1764-+msgstr "'-N NUMBER' 無効な開始行番号です: %s"
1765-
1766- #: src/pr.c:1015
1767--#, fuzzy, c-format
1768-+#, c-format
1769- msgid "'-o MARGIN' invalid line offset: %s"
1770--msgstr "`-o MARGIN' 無効な行オフセットです: %s"
1771-+msgstr "'-o MARGIN' 無効な行オフセットです: %s"
1772-
1773- #: src/pr.c:1056
1774--#, fuzzy, c-format
1775-+#, c-format
1776- msgid "'-w PAGE_WIDTH' invalid number of characters: %s"
1777--msgstr "`-w PAGE_WIDTH' 無効な文字数です: %s"
1778-+msgstr "'-w PAGE_WIDTH' 無効な文字数です: %s"
1779-
1780- #: src/pr.c:1070
1781--#, fuzzy, c-format
1782-+#, c-format
1783- msgid "'-W PAGE_WIDTH' invalid number of characters: %s"
1784--msgstr "`-W PAGE_WIDTH' 無効な文字数です: %s"
1785-+msgstr "'-W PAGE_WIDTH' 無効な文字数です: %s"
1786-
1787- #: src/pr.c:1100
1788- #, c-format
1789-@@ -7239,9 +7127,9 @@ msgid "cannot specify both printing across and printing in parallel"
1790- msgstr "段組の横方向印刷(-a)と並列印刷を同時指定できません."
1791-
1792- #: src/pr.c:1200
1793--#, fuzzy, c-format
1794-+#, c-format
1795- msgid "'-%c' extra characters or invalid number in the argument: %s"
1796--msgstr "`-%c' 余分な文字が付いているか引数の数字が無効です: %s"
1797-+msgstr "'-%c' 余分な文字が付いているか引数の数字が無効です: %s"
1798-
1799- #: src/pr.c:1304
1800- #, c-format
1801-@@ -7418,7 +7306,6 @@ msgstr ""
1802- " めが無効となる\n"
1803-
1804- #: src/pr.c:2844
1805--#, fuzzy
1806- msgid ""
1807- " -S[STRING], --sep-string[=STRING]\n"
1808- " separate columns by STRING,\n"
1809-@@ -7427,10 +7314,9 @@ msgid ""
1810- "options\n"
1811- " -t, --omit-header omit page headers and trailers\n"
1812- msgstr ""
1813--" -SSTRING, --sep-string[=STRING]\n"
1814-+" -S[STRING], --sep-string[=STRING]\n"
1815- " STRING によって列を区切る\n"
1816--" -S なしで -J を指定した場合: デフォルトの区切り文字 "
1817--"<TAB>\n"
1818-+" -S なしで -J を指定した場合: デフォルトの区切り文字 <TAB>\n"
1819- " それ以外の場合: 区切り文字 <space> (-S\" \" と同じ)\n"
1820- " 列オプションには影響を及ぼさない\n"
1821- " -t, --omit-header ページのヘッダーとフッターを表示しない\n"
1822-@@ -7549,7 +7435,6 @@ msgstr ""
1823- " \\UHHHHHHHH 十六進数で表現した Unicode スカラー値 HHHHHHHH (8 文字)\n"
1824-
1825- #: src/printf.c:123
1826--#, fuzzy
1827- msgid ""
1828- " %% a single %\n"
1829- " %b ARGUMENT as a string with '\\' escapes interpreted,\n"
1830-@@ -7558,12 +7443,12 @@ msgid ""
1831- "and all C format specifications ending with one of diouxXfeEgGcs, with\n"
1832- "ARGUMENTs converted to proper type first. Variable widths are handled.\n"
1833- msgstr ""
1834--" %% 単一の文字 %\n"
1835--" %b ARGUMENT は `\\' によるエスケープが解釈される文字列です。\n"
1836--" ただし八進数は例外で \\0 または \\0NNN の書式になります。\n"
1837-+" %% 単一の % 文字\n"
1838-+" %b ARGUMENT は '\\' エスケープが解釈される文字列です。\n"
1839-+" ただし 8 進数は例外で \\0 または \\0NNN の書式になります。\n"
1840- "\n"
1841--"また diouxXfeEgGcs のいずれかで終了する全ての C 書式指定により\n"
1842--"ARGUMENT は最初に適切な型に変換されます。可変幅も使用できます。\n"
1843-+"および、diouxXfeEgGcs のいずれかで終わる C 書式指定全て\n"
1844-+"(ARGUMENT は最初に適切な型に変換されます)。可変幅も使用できます。\n"
1845-
1846- #: src/printf.c:148
1847- #, c-format
1848-@@ -7637,18 +7522,16 @@ msgstr ""
1849- "\n"
1850-
1851- #: src/ptx.c:1828
1852--#, fuzzy
1853- msgid ""
1854- " -A, --auto-reference output automatically generated references\n"
1855- " -G, --traditional behave more like System V 'ptx'\n"
1856- " -F, --flag-truncation=STRING use STRING for flagging line truncations\n"
1857- msgstr ""
1858- " -A, --auto-reference 自動生成した参照文を出力する\n"
1859--" -G, --traditional System V の `ptx' により近い動作を行う\n"
1860-+" -G, --traditional System V の 'ptx' に近い動作を行う\n"
1861- " -F, --flag-truncation=STRING 行の切り詰めの目印に STRING を使用する\n"
1862-
1863- #: src/ptx.c:1833
1864--#, fuzzy
1865- msgid ""
1866- " -M, --macro-name=STRING macro name to use instead of 'xx'\n"
1867- " -O, --format=roff generate output as roff directives\n"
1868-@@ -7656,7 +7539,7 @@ msgid ""
1869- " -S, --sentence-regexp=REGEXP for end of lines or end of sentences\n"
1870- " -T, --format=tex generate output as TeX directives\n"
1871- msgstr ""
1872--" -M, --macro-name=STRING `xx' の代わりに使うマクロ名を指定\n"
1873-+" -M, --macro-name=STRING 'xx' の代わりに使うマクロ名を指定\n"
1874- " -O, --format=roff roff 命令で出力を生成\n"
1875- " -R, --right-side-refs 参照文を右に. ただし -w の勘定には入らない\n"
1876- " -S, --sentence-regexp=REGEXP 行末または文末を表現する正規表現を指定\n"
1877-@@ -7690,13 +7573,13 @@ msgstr ""
1878- " -w, --width=NUMBER 列の出力幅を指定. 参照文を除いて数える\n"
1879-
1880- #: src/ptx.c:1855
1881--#, fuzzy
1882- msgid ""
1883- "\n"
1884- "With no FILE or if FILE is -, read Standard Input. '-F /' by default.\n"
1885- msgstr ""
1886- "\n"
1887- "FILE を指定しない、または FILE が - の場合は標準入力から読み込まれます。\n"
1888-+"デフォルトでは '-F /' が指定されます。\n"
1889-
1890- #: src/ptx.c:1949
1891- #, c-format
1892-@@ -7812,6 +7695,9 @@ msgid ""
1893- "all but the last component must exist\n"
1894- "\n"
1895- msgstr ""
1896-+"展開された絶対パスを表示します。\n"
1897-+"最後以外のパスの構成要素は存在していなければいけません。\n"
1898-+"\n"
1899-
1900- #: src/realpath.c:77
1901- msgid ""
1902-@@ -7826,10 +7712,20 @@ msgid ""
1903- " -z, --zero separate output with NUL rather than newline\n"
1904- "\n"
1905- msgstr ""
1906-+" -e, --canonicalize-existing パスの構成要素が全て存在していなければならない\n"
1907-+" -m, --canonicalize-missing パスの構成要素が存在している必要はない\n"
1908-+" -L, --logical シンボリックリンクの前にある '..' 要素を展開する\n"
1909-+" -P, --physical 遭遇したシンボリックリンクを展開する (デフォルト)\n"
1910-+" -q, --quiet ほとんどのエラーメッセージの出力を抑制する\n"
1911-+" --relative-to=FILE FILE から見た相対パスを表示する\n"
1912-+" --relative-base=FILE FILE 配下でない場合は絶対パスを表示する\n"
1913-+" -s, --strip, --no-symlinks シンボリックリンクを展開しない\n"
1914-+" -z, --zero 出力を改行でなく NUL で区切る\n"
1915-+"\n"
1916-
1917- #: src/relpath.c:130
1918- msgid "generating relative path"
1919--msgstr ""
1920-+msgstr "相対パスの生成時"
1921-
1922- #: src/remove.c:286
1923- #, c-format
1924-@@ -7885,12 +7781,11 @@ msgstr ""
1925- "%s に報告してください"
1926-
1927- #: src/rm.c:118
1928--#, fuzzy, c-format
1929-+#, c-format
1930- msgid "Try '%s ./%s' to remove the file %s.\n"
1931--msgstr "ファイル %3$s を削除するためには `%1$s ./%2$s' を行ってください。\n"
1932-+msgstr "ファイル %3$s を削除するためには '%1$s ./%2$s' を行ってください。\n"
1933-
1934- #: src/rm.c:135
1935--#, fuzzy
1936- msgid ""
1937- "Remove (unlink) the FILE(s).\n"
1938- "\n"
1939-@@ -7900,8 +7795,8 @@ msgid ""
1940- msgstr ""
1941- "FILE を削除 (unlink) します。\n"
1942- "\n"
1943--" -f, --force 存在しないファイルを無視する。確認を行わない\n"
1944--" -i 削除を行うときに確認を行う\n"
1945-+" -f, --force 存在しないファイルを無視する。確認も行わない\n"
1946-+" -i 削除の前に確認を行う\n"
1947-
1948- #: src/rm.c:141
1949- msgid ""
1950-@@ -7935,15 +7830,14 @@ msgstr ""
1951- " キップする\n"
1952-
1953- #: src/rm.c:153
1954--#, fuzzy
1955- msgid ""
1956- " --no-preserve-root do not treat '/' specially\n"
1957- " --preserve-root do not remove '/' (default)\n"
1958- " -r, -R, --recursive remove directories and their contents recursively\n"
1959- " -v, --verbose explain what is being done\n"
1960- msgstr ""
1961--" --no-preserve-root `/' を特別なものとして扱わない\n"
1962--" --preserve-root `/' を削除しない (デフォルト)\n"
1963-+" --no-preserve-root '/' を特別なものとして扱わない\n"
1964-+" --preserve-root '/' を削除しない (デフォルト)\n"
1965- " -r, -R, --recursive ディレクトリとその中身を再帰的に削除する\n"
1966- " -v, --verbose 何を行っているかを表示する\n"
1967-
1968-@@ -7961,7 +7855,7 @@ msgstr ""
1969- "い。\n"
1970-
1971- #: src/rm.c:166
1972--#, fuzzy, c-format
1973-+#, c-format
1974- msgid ""
1975- "\n"
1976- "To remove a file whose name starts with a '-', for example '-foo',\n"
1977-@@ -7971,8 +7865,8 @@ msgid ""
1978- " %s ./-foo\n"
1979- msgstr ""
1980- "\n"
1981--"`-' で始まる名前のファイルを削除するには、例えば `-foo' というファイルなら\n"
1982--"こういうコマンドを使いましょう\n"
1983-+"'-' で始まる名前のファイルを削除するには、例えば '-foo' というファイルなら\n"
1984-+"こういうコマンドを使いましょう:\n"
1985- " %s -- -foo\n"
1986- "\n"
1987- " %s ./-foo\n"
1988-@@ -8025,15 +7919,14 @@ msgstr ""
1989- " だけを無視する\n"
1990-
1991- #: src/rmdir.c:172
1992--#, fuzzy
1993- msgid ""
1994- " -p, --parents remove DIRECTORY and its ancestors; e.g., 'rmdir -p a/b/c' "
1995- "is\n"
1996- " similar to 'rmdir a/b/c a/b a'\n"
1997- " -v, --verbose output a diagnostic for every directory processed\n"
1998- msgstr ""
1999--" -p, --parents DIRECTORY とその親ディレクトリを削除する。例として \n"
2000--" `rmdir -p a/b/c' は `rmdir a/b/c a/b a' と同様になる\n"
2001-+" -p, --parents DIRECTORY とその親ディレクトリを削除する。例えば \n"
2002-+" 'rmdir -p a/b/c' は 'rmdir a/b/c a/b a' と同様になる\n"
2003- " -v, --verbose ディレクトリを処理するごとに診断メッセージを表示する\n"
2004-
2005- #: src/rmdir.c:242
2006-@@ -8181,24 +8074,21 @@ msgid ""
2007- "INCREMENT is usually negative if FIRST is greater than LAST.\n"
2008- msgstr ""
2009- "\n"
2010--"FIRST か INCREMENT を省略した場合、デフォルトとして 1 が設定されます。よっ"
2011--"て\n"
2012-+"FIRST か INCREMENT を省略した場合、デフォルトとして 1 が設定されます。よって\n"
2013- "INCREMENT を省略した場合は LAST が FIRST より小さい場合でもデフォルトが 1に\n"
2014- "なります。FIRST、 INCREMENT および LAST は浮動小数の値として解釈されます。\n"
2015- "FIRST が LAST より小さい場合、通常 INCREMENT を正にします。また、\n"
2016--"FIRST が LAST より大きい場合、通常 INCREMENT を府にします。\n"
2017-+"FIRST が LAST より大きい場合、通常 INCREMENT を負にします。\n"
2018-
2019- #: src/seq.c:90
2020--#, fuzzy
2021- msgid ""
2022- "FORMAT must be suitable for printing one argument of type 'double';\n"
2023- "it defaults to %.PRECf if FIRST, INCREMENT, and LAST are all fixed point\n"
2024- "decimal numbers with maximum precision PREC, and to %g otherwise.\n"
2025- msgstr ""
2026--"FORMAT は `double' を引数として表示するのに適したものでなければいけません。\n"
2027--"FIRST、INCREMENT および LAST の全てが固定十進小数で 、最大精度が PREC の場"
2028--"合、\n"
2029--"デフォルトは %.PRECf になります。それ以外は %g になります。\n"
2030-+"FORMAT は 'double' 型の引数 1 個を表示するのに適したものでなければいけません。\n"
2031-+"FIRST、INCREMENT および LAST の全てが固定十進小数で 、最大精度が PREC の場合、\n"
2032-+"デフォルトの FORMAT は %.PRECf になります。それ以外の場合は %g になります。\n"
2033-
2034- #: src/seq.c:136
2035- #, c-format
2036-@@ -8622,7 +8512,7 @@ msgid "cannot combine -e and -i options"
2037- msgstr "-e と -i オプションを同時に使用することはできません"
2038-
2039- #: src/sleep.c:44
2040--#, fuzzy, c-format
2041-+#, c-format
2042- msgid ""
2043- "Usage: %s NUMBER[SUFFIX]...\n"
2044- " or: %s OPTION\n"
2045-@@ -8636,11 +8526,10 @@ msgid ""
2046- msgstr ""
2047- "使用法: %s NUMBER[SUFFIX]...\n"
2048- "または: %s OPTION\n"
2049--"NUMBER 秒間停止します。 SUFFIX には `s' 秒 (デフォルト)、 `m' 分、 `h' 時、\n"
2050--"`d' 日を指定します。多くの実装と異なり NUMBER には整数だけでなく、任意の浮"
2051--"動\n"
2052--"小数を指定できます。2個以上の引数を与えた場合、指定した値の合計ぶんの時間\n"
2053--"停止します。\n"
2054-+"NUMBER 秒間停止します。 SUFFIX には、秒を表す 's' (デフォルト)、分を表す 'm'、\n"
2055-+"時を表す 'h'、日を表す 'd' 日を指定します。\n"
2056-+"多くの実装と異なり NUMBER には整数だけでなく、任意の浮動小数点数を指定できます。\n"
2057-+"2 個以上の引数を指定した場合、指定した値の合計の時間だけ停止します。\n"
2058- "\n"
2059-
2060- #: src/sleep.c:135 src/timeout.c:295
2061-@@ -8683,7 +8572,6 @@ msgstr ""
2062- " -f, --ignore-case 大文字・小文字を区別しない\n"
2063-
2064- #: src/sort.c:414
2065--#, fuzzy
2066- msgid ""
2067- " -g, --general-numeric-sort compare according to general numerical value\n"
2068- " -i, --ignore-nonprinting consider only printable characters\n"
2069-@@ -8691,7 +8579,7 @@ msgid ""
2070- msgstr ""
2071- " -g, --general-numeric-sort 一般的な数値として比較を行う\n"
2072- " -i, --ignore-nonprinting 表示可能な文字のみ比較を行う\n"
2073--" -M, --month-sort 月名でソートする (不明) < `JAN' < ... < `DEC'\n"
2074-+" -M, --month-sort 月名でソートする。(不明) < 'JAN' < ... < 'DEC' の順\n"
2075-
2076- #: src/sort.c:419
2077- msgid ""
2078-@@ -8785,17 +8673,12 @@ msgstr ""
2079- " イル名を標準入力から読み込む\n"
2080-
2081- #: src/sort.c:458
2082--#, fuzzy
2083- msgid ""
2084- " -k, --key=KEYDEF sort via a key; KEYDEF gives location and type\n"
2085- " -m, --merge merge already sorted files; do not sort\n"
2086- msgstr ""
2087--" -k, --key=POS1[,POS2] ソートのキーの開始を POS1 (デフォルトは 1)、終了"
2088--"を POS2 (デ\n"
2089--" フォルトは行末) に設定する。 POS の構文は下記を参"
2090--"照\n"
2091--" -m, --merge ソートされたファイルを併合する。ソート自体は行わ"
2092--"ない\n"
2093-+" -k, --key=KEYDEF 指定されたキーでソートする。KEYDEF では場所と並び替え種別を指定する\n"
2094-+" -m, --merge ソートされたファイルを併合する。ソート自体は行わない\n"
2095-
2096- #: src/sort.c:462
2097- msgid ""
2098-@@ -8840,7 +8723,6 @@ msgstr ""
2099- " -z, --zero-terminated 文字列の最後に改行でなく NULL 文字を付加する\n"
2100-
2101- #: src/sort.c:482
2102--#, fuzzy
2103- msgid ""
2104- "\n"
2105- "KEYDEF is F[.C][OPTS][,F[.C][OPTS]] for start and stop position, where F is "
2106-@@ -8859,19 +8741,15 @@ msgid ""
2107- "SIZE may be followed by the following multiplicative suffixes:\n"
2108- msgstr ""
2109- "\n"
2110--"POS は F[.C][OPTS] の書式で指定します。F はフィールド番号です。 C はフィール"
2111--"ド内\n"
2112--"の文字位置です。両方とも開始番号は 1 です。-t と -b の両方とも指定が無い場"
2113--"合、\n"
2114--"フィールド内の文字数が、前にある空白の開始から数えられます。 OPT は一つ以上"
2115--"の 1\n"
2116--"バイトで表したの並び替えオプションです。これは、指定したキーに対して大域オプ"
2117--"ショ\n"
2118--"ンをより優先されます。キーが指定されない場合、行全体がキーとして使用されま"
2119--"す。\n"
2120--"\n"
2121--"SIZE の後には以下の倍数などを指定する接尾辞を続けることが出来ます:\n"
2122-+"KEYDEF は F[.C][OPTS][,F[.C][OPTS]] の書式で、開始位置と停止位置を指定します。\n"
2123-+"F はフィールド番号で、 C はフィールド内の文字位置です。両方とも開始番号は 1 です。\n"
2124-+"停止位置はデフォルトでは行末です。-t と -b の両方とも指定がない場合、\n"
2125-+"フィールド内の文字は、前にある空白の開始から数えられます。\n"
2126-+"OPTS には、1 文字の並び替えオプション [bdfgiMhnRrV] を一つ以上指定します。\n"
2127-+"OPTS で指定されたキーの並び替えオプションは、グローバルな並び替えオプション\n"
2128-+"より優先されます。キーが指定されない場合、行全体がキーとして使用されます。\n"
2129- "\n"
2130-+"SIZE には以下の倍数などを指定する接尾辞を続けることが出来ます:\n"
2131-
2132- #: src/sort.c:495
2133- msgid ""
2134-@@ -8999,9 +8877,9 @@ msgid "^ no match for key\n"
2135- msgstr "キーに対して ^ が一致しません\n"
2136-
2137- #: src/sort.c:2376
2138--#, fuzzy, c-format
2139-+#, c-format
2140- msgid "obsolescent key %s used; consider %s instead"
2141--msgstr "非推奨なキー `%s' が使用されています。代わりに `%s' を使用してください"
2142-+msgstr "非推奨なキー %s が使用されています。代わりに %s を使用してください"
2143-
2144- #: src/sort.c:2382
2145- #, c-format
2146-@@ -9009,11 +8887,9 @@ msgid "key %lu has zero width and will be ignored"
2147- msgstr "キー %lu の幅は 0 のため無視されます"
2148-
2149- #: src/sort.c:2393
2150--#, fuzzy, c-format
2151-+#, c-format
2152- msgid "leading blanks are significant in key %lu; consider also specifying 'b'"
2153--msgstr ""
2154--"キー %lu において先頭の空白類文字は意味を持ちます。`b' も指定することを検討し"
2155--"てください"
2156-+msgstr "キー %lu において先頭の空白類文字は意味を持ちます。'b' も指定することを検討してください"
2157-
2158- #: src/sort.c:2406
2159- #, c-format
2160-@@ -9021,15 +8897,15 @@ msgid "key %lu is numeric and spans multiple fields"
2161- msgstr "キー %lu が数値のため複数のフィールドに展開されます"
2162-
2163- #: src/sort.c:2438
2164--#, fuzzy, c-format
2165-+#, c-format
2166- msgid "option '-%s' is ignored"
2167- msgid_plural "options '-%s' are ignored"
2168--msgstr[0] "オプション `-%s' は無視されます"
2169-+msgstr[0] "オプション '-%s' は無視されます"
2170-
2171- #: src/sort.c:2444
2172--#, fuzzy, c-format
2173-+#, c-format
2174- msgid "option '-r' only applies to last-resort comparison"
2175--msgstr "オプション `-r' は最後の比較のみに適用されます"
2176-+msgstr "オプション '-r' は最後の比較のみに適用されます"
2177-
2178- #: src/sort.c:2718 src/sort.c:2727
2179- msgid "write failed"
2180-@@ -9050,9 +8926,9 @@ msgid "%s: invalid field specification %s"
2181- msgstr "%s: 無効なフィールド指定です: %s"
2182-
2183- #: src/sort.c:3939
2184--#, fuzzy, c-format
2185-+#, c-format
2186- msgid "options '-%s' are incompatible"
2187--msgstr "オプション `-%s' は両立しません"
2188-+msgstr "オプション '-%s' は両立しません"
2189-
2190- #: src/sort.c:3990
2191- #, c-format
2192-@@ -9060,14 +8936,12 @@ msgid "%s: invalid count at start of %s"
2193- msgstr "%s: %s の開始番号が無効です"
2194-
2195- #: src/sort.c:4247
2196--#, fuzzy
2197- msgid "invalid number after '-'"
2198--msgstr "`-' の後の数字が正しくありません"
2199-+msgstr "'-' の後の数字が無効です"
2200-
2201- #: src/sort.c:4250 src/sort.c:4336 src/sort.c:4364
2202--#, fuzzy
2203- msgid "invalid number after '.'"
2204--msgstr "`.' の後の数字が正しくありません"
2205-+msgstr "'.' の後の数字が無効です"
2206-
2207- #: src/sort.c:4263 src/sort.c:4369
2208- msgid "stray character in field spec"
2209-@@ -9091,9 +8965,8 @@ msgid "character offset is zero"
2210- msgstr "文字のオフセットがゼロです"
2211-
2212- #: src/sort.c:4355
2213--#, fuzzy
2214- msgid "invalid number after ','"
2215--msgstr "`,' の後の数字が正しくありません"
2216-+msgstr "',' の後の数字が無効です"
2217-
2218- #: src/sort.c:4405
2219- #, c-format
2220-@@ -9141,7 +9014,6 @@ msgid "Usage: %s [OPTION]... [INPUT [PREFIX]]\n"
2221- msgstr "使用法: %s [OPTION]... [INPUT [PREFIX]]\n"
2222-
2223- #: src/split.c:205
2224--#, fuzzy
2225- msgid ""
2226- "Output fixed-size pieces of INPUT to PREFIXaa, PREFIXab, ...; default\n"
2227- "size is 1000 lines, and default PREFIX is 'x'. With no INPUT, or when "
2228-@@ -9150,11 +9022,11 @@ msgid ""
2229- "\n"
2230- msgstr ""
2231- "INPUT を PREFIXaa, PREFIXab, ... という固定サイズのファイルに分割します。\n"
2232--"デフォルトの大きさは 1000 行です。デフォルトの PREFIX は `x' です。 INPUT\n"
2233--"が指定されないか、INPUT に - を指定した場合は標準入力から読み込まれます。\n"
2234-+"デフォルトの大きさは 1000 行です。デフォルトの PREFIX は 'x' です。 INPUT\n"
2235-+"が指定されないか、INPUT に - を指定した場合は、標準入力から読み込まれます。\n"
2236-
2237- #: src/split.c:214
2238--#, fuzzy, c-format
2239-+#, c-format
2240- msgid ""
2241- " -a, --suffix-length=N generate suffixes of length N (default %d)\n"
2242- " --additional-suffix=SUFFIX append an additional SUFFIX to file "
2243-@@ -9172,18 +9044,16 @@ msgid ""
2244- " -u, --unbuffered immediately copy input to output with '-n r/...'\n"
2245- msgstr ""
2246- " -a, --suffix-length=N 接尾辞の長さを N にする (デフォルト: %d)\n"
2247--" -b, --bytes=SIZE 出力ファイルの大きさを SIZE バイトごとにする\n"
2248--" -C, --line-bytes=SIZE 出力ファイルに含まれる行の最大サイズを SIZE にす"
2249--"る\n"
2250--" -d, --numeric-suffixes 接尾辞を英字ではなく数字にする\n"
2251--" -e, --elide-empty-files `-n' を使用した時に空ファイルを作成しない\n"
2252--" --filter=COMMAND シェルコマンド COMMAND にファイル名を $FILE として"
2253--"出力する\n"
2254--" -l, --lines=NUMBER 出力ファイルをに含まれる行数を NUMBER 行ごとにす"
2255--"る\n"
2256-+" --additional-suffix=SUFFIX ファイル名に SUFFIX を追加で付加する\n"
2257-+" -b, --bytes=SIZE 出力ファイル毎の大きさを SIZE バイトにする\n"
2258-+" -C, --line-bytes=SIZE 出力ファイルに含まれる行の最大サイズを SIZE にする\n"
2259-+" -d, --numeric-suffixes[=FROM] 接尾辞を英字ではなく数字にする。\n"
2260-+" FROM は開始番号を変更する (デフォルトは 0)\n"
2261-+" -e, --elide-empty-files '-n' を使用した時に空ファイルを作成しない\n"
2262-+" --filter=COMMAND シェルコマンド COMMAND にファイル名を $FILE として出力する\n"
2263-+" -l, --lines=NUMBER 出力ファイル毎の行数を NUMBER 行にする\n"
2264- " -n, --number=CHUNKS 塊 (CHUNKS) 出力ファイルを作成する。下記を参照\n"
2265--" -u, --unbuffered `-n r/...' を使用した時にすぐに入力を出力にコピーす"
2266--"る\n"
2267-+" -u, --unbuffered '-n r/...' を使用した時に、すぐに入力を出力にコピーする\n"
2268-
2269- #: src/split.c:227
2270- msgid ""
2271-@@ -9194,7 +9064,6 @@ msgstr ""
2272- " 表示する\n"
2273-
2274- #: src/split.c:234
2275--#, fuzzy
2276- msgid ""
2277- "\n"
2278- "CHUNKS may be:\n"
2279-@@ -9206,12 +9075,12 @@ msgid ""
2280- "r/K/N likewise but only output Kth of N to stdout\n"
2281- msgstr ""
2282- "\n"
2283--"塊 (CHUNKS) は次の通りです:\n"
2284--"N 入力サイズに応じて N 個のファイルに分割する\n"
2285-+"塊 (CHUNKS) には以下を指定できます:\n"
2286-+"N 入力サイズに基づいて N 個のファイルに分割する\n"
2287- "K/N N 個中 K 番目を標準出力に出力する\n"
2288- "l/N 行内の分割はしないで N 個のファイルに分割する\n"
2289- "l/K/N 行内の分割はしないで N 個中 K 番目を標準出力に出力する\n"
2290--"r/N `l' と同様だがラウンドロビン分割をする\n"
2291-+"r/N 'l' と同様だがラウンドロビン分割をする\n"
2292- "r/K/N 上記と同様だが N 個中 K 番目を標準出力に出力する\n"
2293-
2294- #: src/split.c:352
2295-@@ -9325,9 +9194,9 @@ msgid "line count option -%s%c... is too large"
2296- msgstr "行数を指定するオプション -%s%c が大きすぎます"
2297-
2298- #: src/split.c:1235
2299--#, fuzzy, c-format
2300-+#, c-format
2301- msgid "%s: invalid start value for numerical suffix"
2302--msgstr "開始行番号が正しくありません: %s"
2303-+msgstr "%s: 数値の接尾辞の開始値が正しくありません"
2304-
2305- #: src/split.c:1263
2306- #, c-format
2307-@@ -9342,7 +9211,7 @@ msgstr "--filter は標準出力に出力された塊を処理しません"
2308- #: src/split.c:1321
2309- #, c-format
2310- msgid "numerical suffix start value is too large for the suffix length"
2311--msgstr ""
2312-+msgstr "数字の接尾辞の開始値が接尾辞の長さに対して長過ぎます"
2313-
2314- #: src/split.c:1348
2315- #, c-format
2316-@@ -9360,9 +9229,9 @@ msgid "failed to canonicalize %s"
2317- msgstr "%s の正規化に失敗しました"
2318-
2319- #: src/stat.c:1044
2320--#, fuzzy, c-format
2321-+#, c-format
2322- msgid "warning: unrecognized escape '\\%c'"
2323--msgstr "警告: 認識できないエスケープです: `\\%c'"
2324-+msgstr "警告: 認識できないエスケープです: '\\%c'"
2325-
2326- #: src/stat.c:1099
2327- #, c-format
2328-@@ -9486,7 +9355,6 @@ msgstr ""
2329- " -t, --terse 簡潔な形式で情報を表示する\n"
2330-
2331- #: src/stat.c:1342
2332--#, fuzzy
2333- msgid ""
2334- "\n"
2335- "The valid format sequences for files (without --file-system):\n"
2336-@@ -9498,16 +9366,15 @@ msgid ""
2337- " %C SELinux security context string\n"
2338- msgstr ""
2339- "\n"
2340--"ファイルに対する (--file-system 無し) 有効な FORMAT は以下の通りです:\n"
2341-+"ファイルに対して有効なフォーマット列 (--file-system なしの場合) は以下の通りです:\n"
2342- "\n"
2343--" %a アクセス権の八進数表記\n"
2344-+" %a アクセス権の 8 進数表記\n"
2345- " %A アクセス権の人間が読める形式での表記\n"
2346--" %b 配置されたブロック数 (%B 参照)\n"
2347--" %B %b によって報告された各ブロックのバイト数\n"
2348-+" %b 割り当てられたブロック数 (%B 参照)\n"
2349-+" %B %b によって報告された各ブロックの大きさ (バイト単位)\n"
2350- " %C SELinux のセキュリティコンテキスト文字列\n"
2351-
2352- #: src/stat.c:1351
2353--#, fuzzy
2354- msgid ""
2355- " %d device number in decimal\n"
2356- " %D device number in hex\n"
2357-@@ -9516,15 +9383,14 @@ msgid ""
2358- " %g group ID of owner\n"
2359- " %G group name of owner\n"
2360- msgstr ""
2361--" %d デバイス番号の十進数表記\n"
2362--" %D デバイス番号の十六進数表記\n"
2363--" %f Raw モードの十六進数表記\n"
2364-+" %d デバイス番号の 10 進数表記\n"
2365-+" %D デバイス番号の 16 進数表記\n"
2366-+" %f raw モードの 16 進数表記\n"
2367- " %F ファイルの種類\n"
2368- " %g 所有者のグループ ID\n"
2369- " %G 所有者のグループ名\n"
2370-
2371- #: src/stat.c:1359
2372--#, fuzzy
2373- msgid ""
2374- " %h number of hard links\n"
2375- " %i inode number\n"
2376-@@ -9540,14 +9406,13 @@ msgstr ""
2377- " %i i ノード番号\n"
2378- " %m マウントポイント\n"
2379- " %n ファイル名\n"
2380--" %N ファイル名。シンボリックリンクの場合は参照先ファイル名\n"
2381--" %o I/O ブロックサイズ\n"
2382--" %s 合計サイズ。バイト数で表記\n"
2383--" %t メジャーデバイス番号の十六進数表記\n"
2384--" %T マイナーデバイス番号の十六進数表記\n"
2385-+" %N クォートされたファイル名。シンボリックリンクの場合は参照先ファイル名\n"
2386-+" %o 最適な I/O 転送サイズサイズのヒント情報\n"
2387-+" %s 合計サイズ (バイト単位)\n"
2388-+" %t メジャーデバイス番号 (16 進数表記)\n"
2389-+" %T マイナーデバイス番号 (16 進数表記)\n"
2390-
2391- #: src/stat.c:1370
2392--#, fuzzy
2393- msgid ""
2394- " %u user ID of owner\n"
2395- " %U user name of owner\n"
2396-@@ -9574,7 +9439,6 @@ msgstr ""
2397- "\n"
2398-
2399- #: src/stat.c:1384
2400--#, fuzzy
2401- msgid ""
2402- "Valid format sequences for file systems:\n"
2403- "\n"
2404-@@ -9584,7 +9448,7 @@ msgid ""
2405- " %d free file nodes in file system\n"
2406- " %f free blocks in file system\n"
2407- msgstr ""
2408--"ファイルシステムに対する有効な書式文字列:\n"
2409-+"ファイルシステムに対して有効な書式文字列:\n"
2410- "\n"
2411- " %a 特権ユーザ以外が利用可能な空きブロック数\n"
2412- " %b ファイルシステムの合計データブロック数\n"
2413-@@ -9593,7 +9457,6 @@ msgstr ""
2414- " %f ファイルシステムの空きブロック数\n"
2415-
2416- #: src/stat.c:1393
2417--#, fuzzy
2418- msgid ""
2419- " %i file system ID in hex\n"
2420- " %l maximum length of filenames\n"
2421-@@ -9603,13 +9466,13 @@ msgid ""
2422- " %t file system type in hex\n"
2423- " %T file system type in human readable form\n"
2424- msgstr ""
2425--" %i ファイルシステム ID の十六進数表記\n"
2426-+" %i ファイルシステム ID (16 進数表記)\n"
2427- " %l ファイル名の最大長\n"
2428- " %n ファイル名\n"
2429--" %s ブロックサイズ (転送を拘束するために使用する)\n"
2430--" %S 基本ブロックサイズ (ブロック数を数えるために使用する)\n"
2431--" %t タイプの十六進数表記\n"
2432--" %T タイプの人間が読みやすい表記\n"
2433-+" %s ブロックサイズ (高速転送用に使用する)\n"
2434-+" %S 基本ブロックサイズ (ブロック数を数える際に使用する)\n"
2435-+" %t ファイルシステム種別 (16 進数表記)\n"
2436-+" %T ファイルシステム種別 (人間が読みやすい表記)\n"
2437-
2438- #: src/stdbuf.c:90
2439- #, c-format
2440-@@ -9635,25 +9498,20 @@ msgstr ""
2441- " -e, --error=MODE 標準エラー出力のバッファ動作を変更する\n"
2442-
2443- #: src/stdbuf.c:105
2444--#, fuzzy
2445- msgid ""
2446- "\n"
2447- "If MODE is 'L' the corresponding stream will be line buffered.\n"
2448- "This option is invalid with standard input.\n"
2449- msgstr ""
2450- "\n"
2451--"MODE に `L' を指定した場合、行単位でバッファされます。このオプションは\n"
2452--"標準入力に対しては無効です。\n"
2453-+"MODE が 'L' の場合、対応するストリームは行単位でバッファリングされます。\n"
2454-+"このオプションは標準入力に対しては無効です。\n"
2455-
2456- #: src/stdbuf.c:108
2457--#, fuzzy
2458- msgid ""
2459- "\n"
2460- "If MODE is '0' the corresponding stream will be unbuffered.\n"
2461--msgstr ""
2462--"\n"
2463--"MODE に `0' を指定すると、対応したストリームでバッファ動作が無効になりま"
2464--"す。\n"
2465-+msgstr "\nMODE が '0' の場合、対応するストリームはバッファリングされなくなります。\n"
2466-
2467- #: src/stdbuf.c:111
2468- msgid ""
2469-@@ -9673,7 +9531,6 @@ msgstr ""
2470- "\n"
2471-
2472- #: src/stdbuf.c:117
2473--#, fuzzy
2474- msgid ""
2475- "\n"
2476- "NOTE: If COMMAND adjusts the buffering of its standard streams ('tee' does\n"
2477-@@ -9683,11 +9540,10 @@ msgid ""
2478- "and are thus unaffected by 'stdbuf' settings.\n"
2479- msgstr ""
2480- "\n"
2481--"注意: COMMAND が標準ストリームのバッファ動作を変更する場合 (代表例: "
2482--"`tee')、\n"
2483--"`stdbuf' によって変更された設定が上書きされます。またいくつかのフィルタ\n"
2484--"(`dd', `cat' 等) は入出力にストリームを使用しないため、 `stdbuf' 設定の影響\n"
2485--"を受けません。\n"
2486-+"注意: COMMAND が標準ストリームのバッファリングを調整する場合 (例えば 'tee')、\n"
2487-+"'stdbuf' が変更した設定は上書きされます。また、いくつかのフィルタ\n"
2488-+"('dd' や 'cat' 等) は入出力にストリームを使用しないため、\n"
2489-+"'stdbuf' 設定の影響を受けません。\n"
2490-
2491- #: src/stdbuf.c:227
2492- #, c-format
2493-@@ -9851,7 +9707,6 @@ msgstr ""
2494- " csN 文字の大きさを N ビットに設定, N の範囲は [5..8]\n"
2495-
2496- #: src/stty.c:581
2497--#, fuzzy
2498- msgid ""
2499- " [-]cstopb use two stop bits per character (one with '-')\n"
2500- " [-]hup send a hangup signal when the last process closes the tty\n"
2501-@@ -9860,12 +9715,11 @@ msgid ""
2502- "input\n"
2503- " [-]parodd set odd parity (even with '-')\n"
2504- msgstr ""
2505--" [-]cstopb 1文字あたり 2ストップビットを使用 (1 の場合は `-' を付け"
2506--"る)\n"
2507-+" [-]cstopb 1 文字あたり 2 ストップビットを使用 ('-' 付きの場合は 1)\n"
2508- " [-]hup 最後のプロセスが tty を閉じたらハングアップシグナルを送る\n"
2509- " [-]hupcl [-]hup と同じ\n"
2510--" [-]parenb パリティビットを出力し, 入力にパリティビットがあるとする\n"
2511--" [-]parodd 奇パリティを設定 (偶は `-')\n"
2512-+" [-]parenb 出力でパリティビットを生成し, 入力ではパリティビットがあると期待する\n"
2513-+" [-]parodd 奇数パリティに設定する ('-'付きの場合は偶数パリティ)\n"
2514-
2515- #: src/stty.c:588
2516- msgid ""
2517-@@ -9980,7 +9834,6 @@ msgstr ""
2518- " * -crtkill echoctl と echok の設定にしたがって全ての行を削除\n"
2519-
2520- #: src/stty.c:645
2521--#, fuzzy
2522- msgid ""
2523- " * [-]ctlecho echo control characters in hat notation ('^c')\n"
2524- " [-]echo echo input characters\n"
2525-@@ -9988,14 +9841,13 @@ msgid ""
2526- " [-]echoe same as [-]crterase\n"
2527- " [-]echok echo a newline after a kill character\n"
2528- msgstr ""
2529--" * [-]ctlecho ハット記号 (`^c') で制御文字をエコー\n"
2530-+" * [-]ctlecho ハット記法 ('^c') で制御文字をエコー\n"
2531- " [-]echo 入力文字をエコー\n"
2532- " * [-]echoctl [-]ctlecho と同じ\n"
2533- " [-]echoe [-]crterase と同じ\n"
2534--" [-]echok 削除文字の後で改行をエコー\n"
2535-+" [-]echok 削除文字の後に改行をエコー\n"
2536-
2537- #: src/stty.c:652
2538--#, fuzzy
2539- msgid ""
2540- " * [-]echoke same as [-]crtkill\n"
2541- " [-]echonl echo newline even if not echoing other characters\n"
2542-@@ -10004,13 +9856,12 @@ msgid ""
2543- " [-]iexten enable non-POSIX special characters\n"
2544- msgstr ""
2545- " * [-]echoke [-]crtkill と同じ\n"
2546--" [-]echonl 他の文字をエコーしなくても改行をエコー\n"
2547--" * [-]echoprt `\\' と '/' の間で, 削除された文字を逆順にエコー\n"
2548--" [-]icanon erase, kill, werase および rprnt 特殊文字を使用可能に\n"
2549-+" [-]echonl 他の文字をエコーしない場合でも改行をエコー\n"
2550-+" * [-]echoprt '\\' と '/' の間で、削除された文字を逆順にエコー\n"
2551-+" [-]icanon 特殊文字 erase, kill, werase, rprnt を使用可能に\n"
2552- " [-]iexten 非 POSIX 特殊文字を使用可能に\n"
2553-
2554- #: src/stty.c:659
2555--#, fuzzy
2556- msgid ""
2557- " [-]isig enable interrupt, quit, and suspend special characters\n"
2558- " [-]noflsh disable flushing after interrupt and quit special "
2559-@@ -10021,11 +9872,10 @@ msgid ""
2560- msgstr ""
2561- " [-]isig 割り込み (interrupt), 終了 (quit) および中断 (suspend)\n"
2562- " 特殊文字を使用可能に\n"
2563--" [-]noflsh 割り込み (interrupt) と終了 (quit) 特殊文字の後の出力を無効"
2564--"に\n"
2565-+" [-]noflsh 割り込み (interrupt) と終了 (quit) 特殊文字の後の出力フラッシュを無効に\n"
2566- " * [-]prterase [-]echoprt と同じ\n"
2567--" * [-]tostop 端末に書き込もうとするバックグラウンドジョブを停止\n"
2568--" * [-]xcase icanon と共に使い, 大文字に対して `\\' でエスケープ\n"
2569-+" * [-]tostop 端末に書き込みを試みたバックグラウンドジョブを停止\n"
2570-+" * [-]xcase icanon とともに使用し、大文字に対して '\\' でエスケープ\n"
2571-
2572- #: src/stty.c:666
2573- msgid ""
2574-@@ -10334,6 +10184,11 @@ msgid ""
2575- "are K, M, G, T, P, E, Z, Y (powers of 1024) or KB, MB, ... (powers of "
2576- "1000).\n"
2577- msgstr ""
2578-+"\n"
2579-+"SIZE は整数で、追加で単位を指定できます\n"
2580-+"(例えば、10M は 10*1024*1024 です)。\n"
2581-+"単位には K, M, G, T, P, E, Z, Y (1024 の累乗) や\n"
2582-+"KB, MB, ... (1000 の累乗) が使用できます。\n"
2583-
2584- #: src/system.h:550
2585- #, c-format
2586-@@ -10344,12 +10199,9 @@ msgid ""
2587- "Otherwise, units default to 1024 bytes (or 512 if POSIXLY_CORRECT is set).\n"
2588- msgstr ""
2589- "\n"
2590--"--block-size で指定した SIZE, %s_BLOCK_SIZE, BLOCK_SIZE およびBLOCKSIZE 環境"
2591--"変数\n"
2592--"のうち、最初に指定されているサイズ単位で値が表示されます。それ以外の場合、デ"
2593--"フォ\n"
2594--"ルトの単位は 1024 バイトになります (POSIXLY_CORRECT が設定されている場合 512 "
2595--"バ\n"
2596-+"--block-size で指定した SIZE, %s_BLOCK_SIZE, BLOCK_SIZE およびBLOCKSIZE 環境変数\n"
2597-+"のうち、最初に指定されているサイズ単位で値が表示されます。それ以外の場合、デフォ\n"
2598-+"ルトの単位は 1024 バイトになります (POSIXLY_CORRECT が設定されている場合 512 バ\n"
2599- "イト)。\n"
2600-
2601- #: src/system.h:560
2602-@@ -10380,9 +10232,9 @@ msgstr ""
2603- "い。\n"
2604-
2605- #: src/system.h:585
2606--#, fuzzy, c-format
2607-+#, c-format
2608- msgid "Try '%s --help' for more information.\n"
2609--msgstr "詳しくは `%s --help' を実行して下さい。\n"
2610-+msgstr "詳しくは '%s --help' を実行して下さい。\n"
2611-
2612- #: src/system.h:609
2613- #, c-format
2614-@@ -10435,19 +10287,19 @@ msgid "record too large"
2615- msgstr "レコードが大きすぎます"
2616-
2617- #: src/tac.c:451
2618--#, fuzzy, c-format
2619-+#, c-format
2620- msgid "failed to create temporary file in %s"
2621--msgstr "一時ファイルを %s 内に作成できません"
2622-+msgstr "一時ファイルを %s に作成できません"
2623-
2624- #: src/tac.c:459
2625--#, fuzzy, c-format
2626-+#, c-format
2627- msgid "failed to open %s for writing"
2628--msgstr "%s: 書き込み用に開くことに失敗しました"
2629-+msgstr "書き込み用に %s を開くことができませんでした"
2630-
2631- #: src/tac.c:476
2632--#, fuzzy, c-format
2633-+#, c-format
2634- msgid "failed to rewind stream for %s"
2635--msgstr "%s のタイムスタンプの保護に失敗しました"
2636-+msgstr "%s でストリームの巻き戻しに失敗しました"
2637-
2638- #: src/tac.c:512 src/tac.c:519
2639- #, c-format
2640-@@ -10455,9 +10307,9 @@ msgid "%s: write error"
2641- msgstr "%s: 書き込みエラー"
2642-
2643- #: src/tac.c:572
2644--#, fuzzy, c-format
2645-+#, c-format
2646- msgid "failed to open %s for reading"
2647--msgstr "%s を 読み込み用に開くことが出来ません"
2648-+msgstr "読み込み用に %s を開くことができませんでした"
2649-
2650- #: src/tac.c:630
2651- #, c-format
2652-@@ -10569,7 +10421,6 @@ msgstr ""
2653- " -v, --verbose ファイル名を表すヘッダを常に出力する\n"
2654-
2655- #: src/tail.c:311
2656--#, fuzzy
2657- msgid ""
2658- "\n"
2659- "If the first character of K (the number of bytes or lines) is a '+',\n"
2660-@@ -10580,12 +10431,12 @@ msgid ""
2661- "\n"
2662- msgstr ""
2663- "\n"
2664--"K (バイト数または行数) の最初の文字が `+' であった場合、各ファイルの先頭\n"
2665--"から数えて K 番目の項目から表示を開始します。そうでなければ、ファイルの\n"
2666--"最後の K 個の項目を表示します。K には倍数を表す以下の接尾辞を付加しても\n"
2667--"構いません: \n"
2668-+"K (バイト数または行数) の最初の文字が '+' であった場合、\n"
2669-+"各ファイルの先頭から K 番目以降を表示します。\n"
2670-+"そうでない場合、ファイルの最後の K 個の項目を表示します。\n"
2671-+"K には倍数を表す以下の接尾辞を付けることができます:\n"
2672- "b 512, kB 1000, K 1024, MB 1000*1000, M 1024*1024, GB 1000*1000*1000,\n"
2673--"G 1024*1024*1024, その他 T, P, E, Z, Y など。\n"
2674-+"G 1024*1024*1024 で、T, P, E, Z, Y についても同様です。\n"
2675- "\n"
2676-
2677- #: src/tail.c:320
2678-@@ -10626,11 +10477,13 @@ msgid "cannot determine location of %s. reverting to polling"
2679- msgstr "%s の位置が決定できません。ポーリングに戻ります"
2680-
2681- #: src/tail.c:907
2682--#, fuzzy, c-format
2683-+#, c-format
2684- msgid ""
2685- "unrecognized file system type 0x%08lx for %s. please report this to %s. "
2686- "reverting to polling"
2687--msgstr "%s の位置が決定できません。ポーリングに戻ります"
2688-+msgstr ""
2689-+"%2$s が認識できないファイルシステム種別 0x%1$08lx です。\n"
2690-+"%3$s に報告して下さい。ポーリングを使います"
2691-
2692- #: src/tail.c:964
2693- #, c-format
2694-@@ -11023,9 +10876,8 @@ msgid "Matthew Bradburn"
2695- msgstr "Matthew Bradburn"
2696-
2697- #: src/test.c:858
2698--#, fuzzy
2699- msgid "missing ']'"
2700--msgstr "`]' がありません"
2701-+msgstr "']' がありません"
2702-
2703- #: src/test.c:872
2704- #, c-format
2705-@@ -11062,7 +10914,6 @@ msgstr ""
2706- "長いオプションに必須の引数は短いオプションにも必須です。\n"
2707-
2708- #: src/timeout.c:213
2709--#, fuzzy
2710- msgid ""
2711- " --foreground\n"
2712- " When not running timeout directly from a shell prompt,\n"
2713-@@ -11078,24 +10929,18 @@ msgid ""
2714- " See 'kill -l' for a list of signals\n"
2715- msgstr ""
2716- " --foreground\n"
2717--" timeout をシェルプロンプトから直接実行していない時、"
2718--"COMMAND\n"
2719--" が TTY からの入力を読み取り、TTY シグナルを受け取ることを"
2720--"許\n"
2721--" 可する。このモードでは COMMAND の子プロセスはタイムアウト"
2722--"し\n"
2723--" ない。\n"
2724-+" timeout がシェルプロンプトから直接実行されていない場合、COMMAND\n"
2725-+" が TTY から読み込みを行い、TTY シグナルを受信できるようにする。\n"
2726-+" このモードでは COMMAND の子プロセスはタイムアウトしない。\n"
2727- " -k, --kill-after=DURATION\n"
2728--" 最初にシグナルを送ってから DURATION を経過しても "
2729--"COMMAND \n"
2730--" が動作している場合は KILL シグナルを送る\n"
2731-+" 最初にシグナルを送ってから DURATION を経過しても COMMAND \n"
2732-+" がまだ動作している場合は KILL シグナルを送る。\n"
2733- " -s, --signal=SIGNAL\n"
2734--" タイムアウト時に送るシグナルを指定する。 SIGNAL\n"
2735--" は`HUP' のような名前か番号を使用する。シグナル\n"
2736--" 一覧については `kill -l` を参照\n"
2737-+" タイムアウト時に送るシグナルを指定する。SIGNAL には\n"
2738-+" 'HUP' のようなシグナル名かシングル番号を使用する。\n"
2739-+" シグナル一覧については 'kill -l' を参照\n"
2740-
2741- #: src/timeout.c:229
2742--#, fuzzy
2743- msgid ""
2744- "\n"
2745- "DURATION is a floating point number with an optional suffix:\n"
2746-@@ -11103,11 +10948,10 @@ msgid ""
2747- "days.\n"
2748- msgstr ""
2749- "\n"
2750--"DURATION は浮動小数で指定し、次の接尾辞を追加できます:\n"
2751--"`s' は秒 (デフォルト)、 `m' は分、`h' は時、`d' は日。\n"
2752-+"DURATION は浮動小数点数で指定し、追加で次の接尾辞を指定できます:\n"
2753-+"秒を表す 's' (デフォルト)、分を表す 'm'、時間を表す 'h'、日を表す 'd'。\n"
2754-
2755- #: src/timeout.c:234
2756--#, fuzzy
2757- msgid ""
2758- "\n"
2759- "If the command times out, then exit with status 124. Otherwise, exit\n"
2760-@@ -11118,11 +10962,15 @@ msgid ""
2761- "KILL (9) signal is sent, the exit status is 128+9 rather than 124.\n"
2762- msgstr ""
2763- "\n"
2764--"コマンドがタイムアウトした場合、終了ステータスは 124 になります。それ以外\n"
2765--"の終了ステータスは COMMAND の終了ステータスになります。シグナルが指定され\n"
2766--"ていない場合、タイムアウト時には TERM シグナルが送られます。TERM シグナル\n"
2767--"は、プロセスでブロックか捕捉されない限りプロセスを終了させます。TERM で終\n"
2768--"了できないプロセスを終了させるためには KILL (9) シグナルが必要です。\n"
2769-+"コマンドがタイムアウトした場合、終了ステータスは 124 になります。\n"
2770-+"それ以外の場合、COMMAND の終了ステータスが終了ステータスになります。\n"
2771-+"シグナルが指定されていない場合、タイムアウト時には TERM シグナルが送られます。\n"
2772-+"この TERM シグナルにより、TERM シグナルをブロックもしくは捕捉していない\n"
2773-+"プロセスは、すべて終了されます。TERM で終了できないプロセスを終了させる\n"
2774-+"ためには KILL (9) シグナルを使う必要です\n"
2775-+"(KILL シグナルは捕捉することができません)。\n"
2776-+"KILL (9) シングルが送信された場合は、終了ステータスは 124 ではなく\n"
2777-+"128+9 にないます。\n"
2778-
2779- #: src/timeout.c:419
2780- #, c-format
2781-@@ -11234,12 +11082,10 @@ msgid "cannot specify times from more than one source"
2782- msgstr "時刻を2カ所以上から取得するようには指定できません"
2783-
2784- #: src/touch.c:413
2785--#, fuzzy, c-format
2786-+#, c-format
2787- msgid ""
2788- "warning: 'touch %s' is obsolete; use 'touch -t %04ld%02d%02d%02d%02d.%02d'"
2789--msgstr ""
2790--"警告: `touch %s' は非推奨です。 `touch -t %04ld%02d%02d%02d%02d.%02d' を使用"
2791--"してください"
2792-+msgstr "警告: 'touch %s' は非推奨です。 'touch -t %04ld%02d%02d%02d%02d.%02d' を使用してください"
2793-
2794- #: src/tr.c:286
2795- #, c-format
2796-@@ -11384,9 +11230,9 @@ msgstr ""
2797- "ません"
2798-
2799- #: src/tr.c:673
2800--#, fuzzy, c-format
2801-+#, c-format
2802- msgid "range-endpoints of '%s-%s' are in reverse collating sequence order"
2803--msgstr "範囲指定 `%s-%s' の端点が逆順に指定されています"
2804-+msgstr "範囲指定 '%s-%s' の端点が逆順に指定されています"
2805-
2806- #: src/tr.c:829
2807- #, c-format
2808-@@ -11394,14 +11240,14 @@ msgid "invalid repeat count %s in [c*n] construct"
2809- msgstr "[c*n] の構成内にある繰り返し回数 %s は無効です"
2810-
2811- #: src/tr.c:910
2812--#, fuzzy, c-format
2813-+#, c-format
2814- msgid "missing character class name '[::]'"
2815--msgstr "文字クラス名がありません `[::]'"
2816-+msgstr "文字クラス名がありません '[::]'"
2817-
2818- #: src/tr.c:913
2819--#, fuzzy, c-format
2820-+#, c-format
2821- msgid "missing equivalence class character '[==]'"
2822--msgstr "等価クラスの文字がありません `[==]'"
2823-+msgstr "等価クラスの文字がありません '[==]'"
2824-
2825- #: src/tr.c:928
2826- #, c-format
2827-@@ -11448,11 +11294,11 @@ msgid "[=c=] expressions may not appear in string2 when translating"
2828- msgstr "置換の時には、2個目の文字列中で [=c=] 形式の表現はできません"
2829-
2830- #: src/tr.c:1505
2831--#, fuzzy, c-format
2832-+#, c-format
2833- msgid ""
2834- "when translating, the only character classes that may appear in\n"
2835- "string2 are 'upper' and 'lower'"
2836--msgstr "置換の時、2個目の文字列中で利用できる文字 `upper' と `lower' だけです"
2837-+msgstr "置換の時、2個目の文字列中で利用できる文字は 'upper' と 'lower' だけです"
2838-
2839- #: src/tr.c:1520
2840- #, c-format
2841-@@ -11549,7 +11395,6 @@ msgstr ""
2842- " -s, --size=SIZE ファイルサイズを SIZE に設定・調整する\n"
2843-
2844- #: src/truncate.c:122
2845--#, fuzzy
2846- msgid ""
2847- "\n"
2848- "SIZE may also be prefixed by one of the following modifying characters:\n"
2849-@@ -11557,9 +11402,10 @@ msgid ""
2850- "'/' round down to multiple of, '%' round up to multiple of.\n"
2851- msgstr ""
2852- "\n"
2853--"SIZE には次の接頭辞をつけることができます:\n"
2854--"`+' 拡大する、 `-' 切り詰める、 `<' 最大、`>' 最小、\n"
2855--"`/' 倍数まで切り捨てる, `%' 倍数まで切り上げる。\n"
2856-+"SIZE には次の接頭辞として次の文字を指定することができます:\n"
2857-+"'+' 指定値だけ拡張する、'-' 指定値だけ切り詰める、\n"
2858-+"'<' 最大値、'>' 最小値、\n"
2859-+"'/' 指定値の倍数まで切り下げる, '%' 指定値の倍数まで切り上げる。\n"
2860-
2861- #: src/truncate.c:150
2862- #, c-format
2863-@@ -11757,10 +11603,10 @@ msgid ""
2864- "With no options, matching lines are merged to the first occurrence.\n"
2865- "\n"
2866- msgstr ""
2867--"INPUT (または標準入力) で連続して同じ行があれば フィルタをして OUTPUT\n"
2868--"(または標準出力) に書き込みます。\n"
2869-+"INPUT (または標準入力) から行を読み込み、\n"
2870-+"連続する同じ行を取り除いて、OUTPUT (または標準出力) に出力します。\n"
2871- "\n"
2872--"オプションが指定されない場合、同じ行は一つにまとめられます。\n"
2873-+"オプションが指定されない場合、連続する同じ行は最初に見つけた行にまとめられます。\n"
2874- "\n"
2875-
2876- #: src/uniq.c:148
2877-@@ -11768,7 +11614,7 @@ msgid ""
2878- " -c, --count prefix lines by the number of occurrences\n"
2879- " -d, --repeated only print duplicate lines\n"
2880- msgstr ""
2881--" -c, --count 行の前に発生回数を出力する\n"
2882-+" -c, --count 行の前に出現回数を出力する\n"
2883- " -d, --repeated 重複した行のみ出力する\n"
2884-
2885- #: src/uniq.c:152
2886-@@ -11782,18 +11628,18 @@ msgid ""
2887- " -u, --unique only print unique lines\n"
2888- " -z, --zero-terminated end lines with 0 byte, not newline\n"
2889- msgstr ""
2890--" -D, --all-repeated[=delimit-method] 全ての重複した行を出力する\n"
2891--" delimit-method={none(default),prepend,separate}\n"
2892--" 空白行で区切る\n"
2893-+" -D, --all-repeated[=delimit-method] 重複する行を全て出力する\n"
2894-+" delimit-method (区切り方法) には none (デフォルト),\n"
2895-+" prepend, separate のいずれかを指定する。区切りは空白行で行わる\n"
2896- " -f, --skip-fields=N 最初の N 個のフィールドを比較しない\n"
2897--" -i, --ignore-case 比較で大文字と小文字の違いを無視する\n"
2898--" -s, --skip-chars=N 最初の N 文字は比較しない\n"
2899-+" -i, --ignore-case 比較時に大文字と小文字の違いを無視する\n"
2900-+" -s, --skip-chars=N 最初の N 文字を比較しない\n"
2901- " -u, --unique 重複していない行のみ出力する\n"
2902--" -z, --zero-terminated 行の終わりを (改行ではなく) 0 とする\n"
2903-+" -z, --zero-terminated 行の末尾に改行ではなく値 0 のバイトを付与する\n"
2904-
2905- #: src/uniq.c:162
2906- msgid " -w, --check-chars=N compare no more than N characters in lines\n"
2907--msgstr " -w, --check-chars=N 行の中で N 文字以上を比較しない\n"
2908-+msgstr " -w, --check-chars=N 行の比較を最初の N 文字で行う\n"
2909-
2910- #: src/uniq.c:167
2911- msgid ""
2912-@@ -11802,12 +11648,11 @@ msgid ""
2913- "characters. Fields are skipped before chars.\n"
2914- msgstr ""
2915- "\n"
2916--"フィールドとは空白類文字 (通常はスペースとタブ) がまとまってあり、その後に非"
2917--"空白類文字\n"
2918--"があるものです。文字の前のフィールドはスキップされます。\n"
2919-+"フィールドとは空白 (通常はスペース、タブ、その両方) が一つ以上連続し、\n"
2920-+"その後に空白以外の文字が続いているものです。\n"
2921-+"文字の前のフィールドはスキップされます。\n"
2922-
2923- #: src/uniq.c:172
2924--#, fuzzy
2925- msgid ""
2926- "\n"
2927- "Note: 'uniq' does not detect repeated lines unless they are adjacent.\n"
2928-@@ -11815,10 +11660,10 @@ msgid ""
2929- "Also, comparisons honor the rules specified by 'LC_COLLATE'.\n"
2930- msgstr ""
2931- "\n"
2932--"備考: 'uniq' は隣接してない限り重複した行を検出しません。最初に\n"
2933--"入力をソートしてください。`uniq' を使用せず `sort -u' を使用すること\n"
2934--"もできます。また、比較の優先順位は `LC_COLLATE' で指定された規則に\n"
2935--"基づきます。\n"
2936-+"備考: 'uniq' は隣接してない限り重複した行を検出しません。\n"
2937-+"最初に入力をソートしてください。または 'uniq' を使用せず\n"
2938-+"'sort -u' を使用することもできます。\n"
2939-+"また、比較の優先順位は 'LC_COLLATE' で指定された規則に基づきます。\n"
2940-
2941- #: src/uniq.c:359
2942- #, c-format
2943-@@ -11916,9 +11761,7 @@ msgstr ""
2944- msgid ""
2945- " Processes in\n"
2946- "an uninterruptible sleep state also contribute to the load average.\n"
2947--msgstr ""
2948--"平均\n"
2949--"負荷率には割り込み不可能な sleep 状態にあるプロセス数も影響します。\n"
2950-+msgstr "割り込み不可のスリープ状態にあるプロセス数も平均負荷率に数えられます。\n"
2951-
2952- #: src/uptime.c:210
2953- #, c-format
2954-@@ -12115,16 +11958,17 @@ msgstr ""
2955- " --writable -T と同じ\n"
2956-
2957- #: src/who.c:682
2958--#, fuzzy, c-format
2959-+#, c-format
2960- msgid ""
2961- "\n"
2962- "If FILE is not specified, use %s. %s as FILE is common.\n"
2963- "If ARG1 ARG2 given, -m presumed: 'am i' or 'mom likes' are usual.\n"
2964- msgstr ""
2965- "\n"
2966--"ファイルが指定されない場合は, %s を使用.\n"
2967--"ファイルとして %s が指定されると, これまでの累積データを表示.\n"
2968--"引数1 引数2 が指定されると, -m が仮定: 通常は `am i' または `mom likes'.\n"
2969-+"ファイルが指定されない場合は, %s を使用する。\n"
2970-+"ファイルとして %s を使うのが一般的である。\n"
2971-+"ARG1 ARG2 が指定されると, -m が仮定されます。\n"
2972-+"通常は ARG1 ARG2 に 'am i' または 'mom likes' を指定するのが普通です。\n"
2973-
2974- #: src/whoami.c:45
2975- msgid ""
2976-@@ -12150,13 +11994,10 @@ msgstr ""
2977- "または: %s OPTION\n"
2978-
2979- #: src/yes.c:47
2980--#, fuzzy
2981- msgid ""
2982- "Repeatedly output a line with all specified STRING(s), or 'y'.\n"
2983- "\n"
2984--msgstr ""
2985--"指定された全ての STRING または `y' からなる行を繰り返し出力します。\n"
2986--"\n"
2987-+msgstr "指定された全ての STRING または 'y' からなる行を繰り返し出力します。\n\n"
2988-
2989- #~ msgid ""
2990- #~ "Usage: %s NAME\n"
Show on old repository browser