How to use XFLR5













 ■XFLR5の操作方法について
〔2次元翼の空力解析について〕
①UIUC Airfoil Coordinnates DatabuseからX,Y座標が保存された翼型のdatファイルをダウンロードし,ApplicationのFoil Direct Designに貼り付ける.
②次に翼型の2次元計算を行う.ApplicationのXFoil Direct Analysisをクリックする.
③レイノルズ数を指定するために,PolarsのDefine Analysis/Polarをクリックする.
④Aerodynamic dateのReynoldsに指定するレイノルズ数を入力し,OKボタンをクリックする.
⑤翼の迎え角を指定するために,右端のAnalysis中のstartに最初の迎え角を,endに最後の迎え角を何度刻み(Δ)に指定し,Analyzeをクリックすれば自動計算が行われる.
〔3次元翼及びグライダーの設計・空力解析について〕
①まず,キャノピーの設計を行う.矢印のところをクリックする.囲まれた(A)は原点(Point:点)からの距離を示すコマンドである.y(m)はキャノピーの幅で,z(m)は高さを示すものである.囲まれた(B)は,(A)のそれぞれの点数を1つの面としたFrame1で,形状を示すコマンドである.x(m)は原点からの前・後方に移動する距離で,z(m)は高さを示すものである.
②以上の作業が終了したら,右クリック→Current BodyのRenameを選択し,名前を指定して保存する.
③矢印の部分を選択する.
④Wing/PlaneのDefine a Planeをクリックする.Main Wingは主翼で,Elevatorは水平尾翼,Finは垂直尾翼,Bodyはキャノピーになる.主翼,水平・垂直尾翼については,Defineをクリックし,翼の諸設定を行う.
⑤図中の①は翼の長さの幅,②は翼弦長,③は翼の長さ方向の距離,④は上半角,⑤は指定翼型,⑥はx,y方向の格子の数(⑦は格子数で,ソフトの制約上の問題で合計1000点未満にする)を入力する.
⑥PolarsのDefine a Polar Analysisをクリックし,図中の①はグライダーの飛行速度,②は全重量,③は重心位置,④は3次元計算を行うために,3D Panelsにチェックを入れる,⑤はViscous(飛行速度が速い場合は,粘性は考慮しない.)で,Tilt Geometryおよび⑥のWing Planformにチェックを入れる.
⑦最後に右端のAnalizeをクリックすると自動計算が行われる.