プロジェクトについて

Tera Term is Tera Term Pro 2.3 succession version and is being officially recognized by the original author. Tera Term is open source free software terminal emulator supporting UTF-8 protocol. Now TTSSH supports SSH2 protocol (Original version supports SSH1).

最新文件发布

Tera Term (4.105)2019-12-07 16:10
Tera Term RC (4.105 RC)2019-11-23 13:15
Tera Term old archive (4.68)2010-12-07 00:00

最新のプロジェクトアクティビティ

2020-04-04

最近の更新 (Recent Changes)

2020-04-02
2020-03-25
2019-12-07
2019-10-16
2019-10-11
2019-09-15

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

まえがき

Tera Termをご利用いただきありがとうございます。

Tera Term(テラターム)は、1994年から1998年にかけて寺西高(てらにし たかし)氏により作成された、Windows用ターミナルエミュレータです。Tera Termはシリアルとtelnet接続をサポートし、リモートホストや組み込み機器の端末操作を行うためのソフトウェアです。マクロ機能も搭載されており、当時はパソコン通信の自動操縦を行うためにしばしば利用されていました。

Tera Termはフリーソフトとして公開され、1997年には窓の杜の「オンラインソフトウェア大賞97」に入賞しています。Tera Termはプラグイン対応をしているため、たくさんのTera Term用プラグインが公開されています。その中で、Robert O'Callahan氏によるTTSSH(An SSH Extension to Tera Term)は有名であり、TTSSHをTera Termに組み込むことで、SSH1プロトコルによるSSH接続が可能となっていました(現在、Robert氏のホームページは消滅)。

Tera Termの最終バージョンは 2.3 で、対応OSはWindows95/NTです。初期のWindowsでは珍しく、Tera TermもTTSSHもソースコードのすべてが公開されています。ただし、Tera Termのソースコードを変更したバイナリを配布するには作者の許可が必要であり、昨今でいうところのオープンソースソフトウェアではありません。
本文書では、寺西高氏によるTera Termのことを「オリジナルTera Term」や「Tera Term Pro 2.3」と呼称しています。

Tera Termは長らく日本におけるターミナルエミュレータの代名詞として、ユーザに親しまれてきましたが、1998年に開発が終了しているために、最新のWindowsへの対応や新しいプロトコルへのサポートがなされていませんでした。ソースコードは公開されているため、ユーザの手によりIPv6版や半透明版などの派生バージョンが登場しました。しかし、原作者へ連絡が付かない状態であったために、これらの派生バージョンはパッチ形式で配布されていました。なにより、完全なバイナリを配布するには原作者である寺西高氏の許可を取る必要があるために、Tera Termの開発を第三者が引き継ぐことが難しい状況となっていました。

2004年9月に寺西高氏に連絡が取れ、同年11月にSourceForge.jpへプロジェクトを立ち上げ、Tera Termのオープンソース化を実現しました。Tera Termがオープンソース・ソフトウェアであるとするために、BSDライセンスの下に"TeraTerm Project"が発足しました。このプロジェクトはTera Term後継版として開発が進められており、「Tera Term」と呼ばれています。
Tera Termのコミュニティは日本だけではなく、海外(カナダ)にも存在し、日本発の世界へ向けたオープンソース・ソフトウェアとして活動が続けられています。

今後ともよろしくお願いいたします。

Japan - Tokyo, August 2007
TeraTerm Project Team