Frequently used words (click to add to your profile)

javaandroidc++linuxc#objective-ccocoa誰得qtrubypythongamewindowsbathyscaphephpguic翻訳omegattwitterframeworktestbtronarduinovb.net計画中(planning stage)directxpreviewerゲームエンジンdom

PJSC wikiメニュー

最近の作業部屋活動履歴

2020-06-01
  • 22:42: [SVN] Commit revision 95
    [Ver 1.02] 2020.06.01 - Basic Distributorで2気筒シーケンシャルまたはセミシーケンシャルを指定する...
2020-05-16
  • 23:58: [SVN] Commit revision 94
    AFRセンサーキャリブレーションを実行すると、VEテーブルが上書きされてしまう問題の修正
2020-05-14
2020-04-07
2020-04-06
  • 17:25: [SVN] Commit revision 88
    Speeduino Feb.2020 version. Date: April 6th 2020 Details: See https://github.com/noisymime/speedu...
2020-03-26

最近のWikiの更新 (Recent Changes)

2019-09-10
2019-08-30

Wikiガイド(Guide)

サイドバー (Side Bar)

About Chamber Wiki

*Caution!! This page is under construction.

Check Wiki Guide (English) to refer syntax and functions.

PJSC

概要

 PJSC(Pump Jet Solenoid Controller)はArduinoを使用したバイク用燃料噴射コントローラーです。このプロジェクトは、オープンソースECUプロジェクト『Speeduino』( https://speeduino.com/wiki/index.php/Speeduino )をベースにしています。

 ハードウェア、ソフトウェアはSpeeduinoをベースにポンプジェットを制御する為の機能を追加し、点火制御の機能と汎用出力の一部を省いたSpeeduinoのサブセット版となります。
 最大4チャンネルのインジェクタードライバーはインジェクター制御とポンプジェットソレノイドの制御を切り替えて使用する事が可能で、燃調制御に特化したDIY ECUです。

仕様

コントローラー: Meduino Mega2560 R3(Arduino Mega2560 R3互換ボード)
電源電圧 :9-16V
入力:
ピックアップ信号 x2
TPS(Throttle Position Sensor)
MAP(Manifold Air Pressure)
BALO(Balometric)
CLT(Coolant Temperature)
IAT(Intake Air Temperature)
O2センサー
排気バルブポジションセンサー
出力:
インジェクター/ポンプジェット出力(電流飽和ドライバー 最大5A)x4
汎用出力(最大1A)x2 以下の機能から選択
燃料ポンプ制御
ISCV(Idle Speed Control Valve)2線式PWM
ブーストコントロール
冷却ファンコントロール
タコ信号
燃調制御方式:
α-N
スピードデンシティ
燃調マップ分解能: 16 x 16
通信:
RS-232Cシリアルバス x1
USBクライアント x1
オプション:
Bluetoothシリアル変換モジュール(PCとの通信をBluetoothに変換)

 PJSCプロジェクトはオープンソースプロジェクトですが、Speeduinoの非公式ユーザープロジェクトという位置付けとなります。PJSCに関する質問、リクエスト等はプロジェクトオーナーであるMAHARUへ問い合わせて下さい。

 Speeduinoプロジェクトの公認ではありませんので、PJSCに関する質問、リクエストをSpeeduinoフォーラムには投稿しないよう御注意願います。

ライセンス

 PJSCの原型となったSpeeduinoはGNU GPLに準拠したオープンソースプロジェクトであり、PJSCもGNU GPLライセンスを継承します。PJSCのソースコード、ハードウェア設計ドキュメント(回路図、基板設計図、パーツリスト)は再配布、改変を伴う再利用を自由に行う事が出来、個人使用、商用利用問わず用途を制限しません。PJSCのソースコード、HW設計図を再利用して開発したプログラム、ハードウェアもまたGNU GPLライセンスを継承し、再配布に当たってはGNU GPLドキュメントを併せて配布しなければなりません。

 GNU GPLの詳細については、別途ライセンスドキュメントを参照して下さい。

Release Files

Filename大小时间下载总数
PJSC v1.01.zip9.32 M2019-08-06 09:09:4466
PJSC v1.0.zip6.2 M2018-06-19 21:50:1015

Recent Commits

Rev.时间作者Message RSS
952020-06-01 22:42:28maharu[Ver 1.02] 2020.06.01 - Basic Distributorで2気筒シーケン...
942020-05-16 23:58:31maharuAFRセンサーキャリブレーションを実行すると、VEテーブルが上...
932020-05-14 23:48:41maharuマニュアル修正: - 部品配置図の抵抗R23,R25とR24,R26の位置...
922020-05-14 10:30:13maharu
912020-05-14 10:28:29maharu
902020-05-14 10:25:43maharuBug fix 001 for KATANA decoder.
892020-04-07 11:48:39maharuNSR250Rおよび、Suzuki カタナ用トリガーデコーダー追加
882020-04-06 17:25:11maharuSpeeduino Feb.2020 version. Date: April 6th 2020 Details:...
872020-03-26 17:14:37maharu
862020-03-26 16:56:28maharuBrache out from trunk ver1.01 level.

Latest updated Tickets

No tickets